インターンシップは夏が多い。サマーインターンの利点とオススメ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

実際の現場で企業の仕事を体験することができるインターンシップに、興味を抱いている学生は多いと思います。インターンシップは主に夏と冬に行われており、特に夏は多くの企業がインターン生を募集しています。夏のインターンシップはサマーインターンシップとも呼ばれていますが、なぜ夏にインターンシップが多いのでしょうか。そして夏のインターンシップに参加したい場合、募集はいつから始まるのか、いつ頃募集は締め切られてしまうのでしょうか。その辺りのことをまとめてみたので、夏のインターンシップに参加を検討している学生は、是非参考にしてみてください。

 

インターンシップが夏に多い理由

最初に、多くの企業がサマーインターンに力を入れている理由の説明をしていきます。この理由はとても単純で、企業側は学生の夏休み期間とインターンの時期を合わせているのです。学生の場合、冬休みに比べて夏休みが長いので企業側はそれを利用しています。大学生の夏休みは、およそ8月〜9月までの2ヶ月間。企業側としてもある程度日程を自由に組めるという魅力があり、学生側も参加のハードルが下がるので、必然的にサマーインターンは活発になっていくのです。

 

夏のインターンシップに参加するメリット

夏冬問わず、インターンシップに参加するメリットは沢山あります。具体的な業務内容を知ることができ、実際に企業の中で実務に触れることができるというのは、とても有意義です。その企業の一員として仕事に参加できるので、お金のためにやっているアルバイトと比較して、やりがいも大きいでしょう。会社説明会やセミナーで話していた内容と、良くも悪くも違う部分を発見することもできるので、企業研究・業界研究としての収穫も十二分にあります。また、仕事に対する責任感や、問題について能動的に考えたり、行動したりする力がつくので社会人になる自覚を養うこともできます。インターンシップに参加することで、そうした感情を育みながら将来の目標やビジョンを明確化することができます。夏のインターンシップは開催期間が長く、平均5日間程度の期間が設けられています。その時間を通して、より企業や業界に対する理解を深められるようにしましょう。

 

募集はいつから?締め切は?

サマーインターンは、5月〜7月の間に募集しています。企業や開催期間、募集している人数によって当然異なり、早いところでは5月に募集を開始します。遅くとも7月の頭(開催の一ヶ月前)に募集を開始して、締め切は開始日の2週間から1ヶ月前までというのが一般的です。開催時期が8月前半の場合、7月の前半から中旬頃までに締め切られると考えておきましょう。人気企業はすぐに人員が埋まるので、早めに募集が打ち切られることもあります。反対に、人員にまだ余裕があれば募集期間が延長されることもあるので、気になる企業がある場合には早めに動くように心がけましょう。

 

おすすめのサマーインターン

大手の人気企業では、内容の充実したサマーインターンが開催されています。銀行では三井住友銀行や三菱UFJ信託銀行などが、幅広い業務に携わらせてもらえます。テレビ局ではフジテレビが有名です。インターン生の希望に合わせたプログラムを行うのが魅力で、番組制作やアナウンサー体験など、部門に分かれて様々な体験ができます。人材ではリクルートがオススメです。人材業界の基礎知識や、企業ならではの事業計画を学ぶことができます。様々なコースがあるので、自分の気になる分野を集中的に学ぶことができるでしょう。

 

おわりに

人気企業の場合、インターンシップにも選考がある場合があります。ほとんどは書類選考や簡易的な面接ですが、それらが本選考に影響することもあるので、全体を通して事前準備には力を入れましょう。インターンが学生のモチベーションや方向性に与える影響は、とても大きなものです。気になる業界や企業がインターン生を募集していた場合は、積極的に参加してみましょう。

就活に有利なインターンの選び方って?
わたしたちに何でも聞いてください!

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ