就活体験談。説明会での態度が選考にもたらした影響

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の面接では、沢山の質問をされることになります。しかし一方で、学生が企業側に質問をする機会も設けられています。面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることもありますが、それ以上に学生が企業側に質問をしやすいのが、企業説明会です。説明会では企業で行なっている実際の業務内容や会社の雰囲気といったものを知ることができます。その上で自分の知りたいことを聞けるので、学生側が企業のことを知る良い機会です。そしてこの説明会で、企業の担当者が感心するような鋭い質問や行動をすることができると、一目置かれます。今回体験談を語ってくれたT・Yさんも、説明会での態度が関係して、選考に大きな影響をもたらすこととなりました。

 

説明会での態度に注意

私は企業にエントリーする上で、説明会にも大変重きを置いていました。多くの人は、説明会で悪目立ちしないようにしよう、とは思います。ですが、説明会で何かしらの結果を残そうとは考えないものです。仮にそこまで考えが至ったとしても、今度は具体的な方法が浮かばなかったり、説明会の雰囲気に飲まれたりして、結局結果を残せず終わってしまいます。あるいは、質問をすることができても、特段鋭さのない平凡な問いをして、平凡に返されて終わりです。だからこそ、私は余計に説明会に対して力を入れていました。多くの人が平凡に終わってしまうからこそ、そこで印象を残せれば、きっとその先の面接などの選考でも多少響いてくるのではないかと思ったからです。

 

企業研究が最大のポイント

実際に説明会で、どのように自分のことを相手に知ってもらうか、顔を覚えてもらうかということを考えたとき、先ず何よりも重要なのは企業研究だと思いました。「仕事のやりがいはなんですか?」「社員同士の仲は良いですか?」「仕事は楽しいですか?」これらの質問は説明会で耳にすることの多い質問で、言ってしまえば普遍的なものです。どんな企業でも使える質問ですから、どんな企業の担当者の心にも響かないのです。そんなことを聞いても仕方ないですし、相手も聞かれ飽きて、用意していた質問を返すだけです。そうならないために、私は企業研究を徹底的に行いました。企業情報を調べるのは当たり前で、その業界や企業に関するニュースを最低でも3年遡りました。その上で疑問に感じたこと、企業の考えを聞きたいと思ったことをリストアップしました。結果、その企業のためのもので、その企業の担当者でも簡単には答えられないような質問を作り上げることに成功しました。

 

人事が面接時に覚えていてくれた

着実に説明会で結果を残した上で、面接にも万全の態勢で臨みました。説明会で聞いた質問とは別の質問も用意し、要所要所で印象に残る存在になろうとしました。ですが面接当日、私が思っている以上に、私の存在は先方の記憶に残っていることを知りました。面接を担当してくれた人事の方が「あのとき〇〇について質問していた学生だよね?」「あの質問は鋭かった」といったようなお言葉を頂戴することができました。内心ガッツポーズをしていましたし、泥臭い部分に焦点を当て、地道に努力した行動が報われたような気がしました。当然面接の雰囲気は良かったですし、その企業からは内定をいただけました。就活では、面接だけではなく、説明会にも力を入れなければいけない。これは私が就活を経験して、本当に強く実感したことです。

 

終わりに

どうしても就活では面接に目が行きがちですが、今回の体験談からも分かるように、説明会での行動が企業に与える力というのも侮ることができません。面接の対策は完璧だという人や、面接以外の部分にも万全に備えておきたいという人は、是非説明会対策にも力を入れてみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「説明会情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ