就活体験談。就活メイク講座に出て知った、化粧の可能性

就活体験談。就活メイク講座に出て知った、化粧の可能性

就職活動をする上で重要なことは色々ありますが、その中の一つに見た目、というものがあります。

髪型や表情、服装など、外的な要素が相手に与える影響は大きなものだからです。

そして、注意する点や、工夫の仕方は男女によっても違ってきます。

女性の場合、特に気を使わなければいけないのは、化粧ではないでしょうか?就活の場合、厚化粧はNGですし、相手に好感を与えるためには、程よい具合のナチュラルメイクを研究しなければいけません。

今回体験談を語ってくれたF・Lさんは、元々化粧に自信がなく、就活メイク講座に参加したそうです。

そこで彼女は、就活生のメイク方法を知ること以上の発見をすることになります。

元々化粧はしてこないで生きてきた

普通は大学生にもなれば、化粧の仕方くらい覚えるものだと思います。

私の周りの子はそうでしたし、もっと言えば、皆高校生くらいから化粧の仕方を学んでいました。

母親やお姉さん、友達に聞いたり、今なら雑誌やインターネットでも調べたりできます。

女の子なら可愛く見られたいですし、化粧をしない子の方が目立つくらいです。

でも私は、あまり化粧というものをしないで育ってきました。

化粧をすることがあっても、年に数える程でした。

結婚式とか、特別な集まりの時だけでしたから、下手すると全く化粧をしないで終わった年もあります。

過去にはコンビニ、大学時代は家庭教師のアルバイトをしていましたけど、そこでも化粧をしたことはありません。

店長や生徒に「化粧しないの?」と聞かれることはありましたけど、強制されることはありませんでしたし、それで何とかなってきました。

何より、私には化粧をしない理由があったので、それで今までは済んだのだと思います。

化粧をすると荒れる肌質

私が化粧をしない理由は、肌質です。

元々肌が敏感な方だったんですけど、化粧をすると息苦しくなるような感じがして、どうしても合いませんでした。

複数種類の化粧を試しましたけど、どれも痒くなったり肌が荒れたり、どうも身体に合いません。

だけど社会人になって、社内だけではなく社外の人とも会うことがあれば、やはり化粧をしていないのは目立ちます。

化粧もマナーと言われていますし。

それこそ若いうちはいいですけど、歳を重ねたらすっぴんがきつくなってきますしね。

何より、就活面接の印象も左右されると思ったので、先ずは面接の間だけでも我慢できるようなメイク方法を教わろうと思い、自分で調べた就活メイク講座に申し込みをしました。

メイク講座で学んだ化粧の知識に衝撃を受ける

正直、メイク講座というもの自体にはそこまで期待していなかったので、驚きました。

メイクで自分の顔がこんなに変わるんだ、ということもそうですが、痒くならない、皮膚が息苦しくならないメイクの仕方を教わることができたのが、何よりの収穫でした。

化粧の原料や、つける位置、量といったことを分かりやすく教えてもらうことができたので、メイク自体も楽しくなったんです。

肌が弱いということを相談したら、オススメの化粧品を教えていただくこともできましたしね。

そのお陰かは分からないですけど、説明会や面接で笑顔を褒められることも増えました。

友人にも気付いてもらえて一緒に化粧選びをする機会も増えたのですが、それまでよりも女性でいることが楽しくなったような気がします。

化粧が苦手だという人は、就活というのを一つの節目に、メイクを覚えてみるのも良いと思いますよ。

終わりに

女性にとって化粧というのは、大きな武器になります。

社会人として働いてからも、その人の印象を大きく左右することになるので、化粧の上達というのは嗜みとしても、処世術としても覚えておきたいですね。

F・Lさんのように、化粧に対して苦手意識を抱いているという学生は決して少なくありません。

また、社会に出てからも化粧に不安を抱えている、という人もいます。

そういう人は、一人で悩まずに、こういったメイク講座や、デパートの化粧品売り場などでプロに相談してみるのも一つの手かもしれません。

それまで八方ふさがりのように思えていたことでも、他者の助言や視線を取り入れると、違った答えが見えてくるでしょう。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ