就活の疑問。就活生は名刺を持つべき?

名刺と言えばビジネスマンの必須アイテムです。社会人にとって名刺は交流のきっかけになりますし、組織に所属していても自営で働いていても、持っていた方が良いアイテムです。一方で、就活生では名刺を持っている人をあまり見かけません。そこで今回は、そもそも就活生は名刺を作るべきなのか、そして名刺を持つことで受けることになるメリットやデメリット、名刺の作成方法といったことをご紹介していきます。

 

社会人はどうして名刺を持つの?

名刺について紹介していく上で、社会人がどうして名刺を持っているのかということを考えてみましょう。名刺というのはただ連絡先を交換するためだけのアイテムではありません。ビジネスを円滑にするため、営業で成功するためなど人によって様々な目的はありますが、総合して言えるのは、名刺とは「人と交流するためのきっかけを作るためのツール」ということです。同時に、名刺を通して自分をアピールするという目的も存在します。ですから大前提として、相手に渡すことで仕事や今後の関係にうまく繋がるようにならなければ意味がありませんし、それが名刺の本質です。当然自分が名刺を持つのであれば、綺麗なものや、印象的なものを持つのが良いですし、連絡先や名前を箇条書きにしただけでは、形式的な名刺交換をして、終わりです。後になって見返したくなる、そんな名刺を持つようにしましょう。

 

就活生が名刺を持つメリットとデメリット

次に、就活生の名刺について考えていきます。就活生が名刺を持つことには賛否両論あり、メリットとデメリットの両方が存在します。以下に、それらを箇条書きしていきます。

 

メリット

  • 印象に残りやすい
  • 名前を覚えてもらいやすい
  • 現代に多い難しい名前でもわかりやすい
  • インターンの際に持っていると便利
  • 就職活動でのコミュニケーション向上に繋がる
  • 相手の名刺ももらえる可能性がある

 

デメリット

  • SNSのアカウント名など、名刺に載せる情報によっては知られたくない情報を知られることになる
  • 背伸びしていると思われる
  • 企業によっては、就活生との名刺交換を禁止しているところも存在する
  • 人によって、学生から名刺をもらうことに不快感を覚える

 

このように就活生の名刺には良い部分と悪い部分があるので、名刺を持つべきかどうか、というのを一概に決めることはできません。これらを理解した上で、自分の志望する業界はどうか、名刺が必要かなどを考えて、自分で決めるようにしましょう。

 

名刺の作り方

続いて、名刺の作り方についてご紹介します。名刺の作り方はいくつかありますが、大きく分けると次の2つです。

 

インターネットで発注する

インターネットで名刺を作る業者を探し、頼むという方法は最も一般的です。デザインにもよりますが、比較的安く作ることもできる上、プロが仕上げてくれるので失敗することもありません。クオリティにも安定感があるので、名刺作りのノウハウがなかったり、自分で作りたいオリジナルのデザインなどが特になかったりする場合には、この方法が最もオススメです。

 

自分で作る

2つ目の方法は、自分で作成するというものです。少ない枚数を作るのであれば、安く済みますし、パソコンなどでデザインして、ある程度オリジナリティーのある名刺を作成することができます。印刷の際には、名刺用のシートを用意し、パソコンでデザインした名刺を印刷することになるので、パソコンとプリンターは必ず用意するようにしてください。名刺シートは、家電量販店、ホームセンター、文具店などで売っているので、枚数や紙質といったことを吟味した上で決めましょう。昨今ではワードで作れたり、専用のソフトなどもあったりするので、それらを使うとより簡単に作成できます。

 

おわりに

名刺は社会人にとっては必要不可欠なアイテムですが、就活生にとっては必ずしもそうではありません。名刺を持っている学生は少数ですが、それを逆手にとることもできます。メリットとデメリット、その両方を理解した上で、自分に必要であれば作成してみましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ