私は『責任感』のある人間です。そんな人必見のアドバイスとは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自己PRを考えるとき、自分の何をアピールポイントとするのかを見極めなくてはいけません。なかでも多くの就活生がアピールするのは「責任感」です。たしかに、どの業界、企業においても責任感があることは必須であるため、重要なアピールポイントです。しかし、万人受けするぶん、他の就活生と「同じ」になりやすいのです。それでは内定をもらうのは難しいです。今回は、「責任感」をアピールポイントにするときのポイントについて紹介していきます。

 

責任感をアピールポイントとするには

「責任感」のある人材は、たしかにどの企業でも求められています。しかし、他の就活生と差別化することが難しいアピールポイントでもあります。そのため、「責任感」をアピールする場合、必ず自分の経験談を含めるようにしましょう。また、単に責任感だけをアピールすると、説得力に欠ける傾向があります。例えば、責任感という言葉を別の言葉で置き換えたり、ひと工夫を加えてみてください。あなたにしかできない自己PRをつくることができます。

これをアピールする人はどんな人?

「責任感」をアピールするのは、多くの人ができることです。ただ、やはり自分一人で何かをやった経験よりは、ある組織に属した時に責任感を発揮した人の方が「責任感」をアピールしやすいです。企業は組織です。そのため、個人ではなく、集団のなかで自分はどのような存在に成り得るのかを伝えることで、面接官に仕事をするあなたの姿をイメージしてもらいやすくなります。

どんな企業がこのアピールポイントを求めている?

「責任感」のある人は、多くの企業に求められる人材です。どの企業もあなたに任せられる仕事が必ずあります。そのため、業界にこだわらず、どの企業にも「責任感」のあることをアピールしていきましょう。

 

何がアピールできるのか?

「責任感」があるというのは、ただ仕事をやり遂げた、頑張った、ということではありません。例えば、「週5日のバイトを1日も遅刻欠勤せずに3年間つづけてきました」というのは、確かにすごいことですが、これだけでは責任感があるとは言えません。具体的にバイトでどのようなことを行ったのかまで言及しなくては、せっかくの強みが面接官には伝わりきらないのです。自分が頑張ったと思っていることでも、あなたのことを全く知らない人に伝えるには、もっと具体的に説明する必要があるのです。単に頑張ったことだけをアピールすると、面接官には逆に悪い印象を持たれてしまいます。アピールの仕方を工夫してみましょう。

 

例文

私の長所は、「やるべきことを判断して行動できること」です。自分でやるべきことを見つけ出し、責任感を持って役割を全うすることができます。

大学では1年生の頃から広告研究会に所属しています。学祭で広告会社と合同の企画を行うことになり、私は企業との渉外役を担いました。企業との連絡が主な仕事でしたが、サークルメンバーの考えも把握し、常に企業側に伝えることを心がけました。そのために、毎回の活動後にメンバーにLINEで現状に対して不安はないかを確認していました。あるメンバーから「宣伝用の広告のサイズがA4だと大きすぎる」という意見がありました。用紙サイズに関しては何の議論もなしに昨年と同様と決まってしまっていました。企業側に相談するといくつかの用紙サイズ候補を提示していただけたので、ミーティングでメンバーに意見を求めました。結果、A5サイズに決定し、コスト削減にもつなげることができました。メンバー全員の考えを聞くことで、より良い学祭にするとこができるのではないかと思ったため、このように行動していきました。この経験から、与えられた仕事を全うするためには何を行うべきかを判断して行動していくことの重要さを学ぶことができました。

最後に

いかがでしたか。「責任感」はたしかに聞こえの良いアピールポイントです。しかし、その分アピールする時に工夫をする必要があります。単に「私は責任感があります」と主張するのではなく、「責任感」という言葉をあなた自身を表す適語に置き換えてみてください。より面接官にあなたの人となりを伝えることができます。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ