エントリーって何のためにするの?エントリーの目的とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活が本格的にはじまると、まず行うべきことは「エントリー」です。エントリーの目的や種類をしっかりと理解していますか?エントリーについて間違った理解をしていると、就活のスタート段階でつまづいてしまいます。今回は、そんなエントリーについて、詳しく説明していきます。

エントリーとは?

そもそも、エントリーとはどのような行為のことなのでしょうか?

エントリーとは、企業に個人情報を提供することで、選考に参加したい意思があることを表明するものです。選考に必ず参加するという表明ではありません。エントリーを行うことで企業から採用情報が送られてきたり、説明会に参加することができ、それらの情報を踏まえたうえで選考に参加するか否かを判断することができます。

このように、個人情報を登録し、企業から採用の情報を受けとることをエントリーと呼びます。つまり、エントリーは「関心の意思表示」です。

 

エントリーの種類

エントリーには、プレエントリーと本エントリーの2種類があります。しかし、最近は大手の就活サイトでもプレエントリーのことを「エントリー」といっていたりするので、困惑してしまう就活生も多くいます。

ESやWebテストを受ける前の段階、つまり「個人情報を登録する」ものは基本的にはプレエントリーです。そこから次のステップ、ESを提出したりする場合は「選考に参加する」本エントリーになります。

基本的な流れとしては、エントリー(プレエントリ)→本エントリーです。ESを提出することによって本エントリーに自動で切り替わる場合が多いです。ただし、企業によっては2つを使い分けている場合もあるため、志望企業の過去の選考フローなどは確認しておきましょう。

※本ページではエントリー=プレエントリーとして記述しています。


 

何のためにエントリーを行うの?

エントリーを行う目的は、主に2つあります。一つ目は「企業から採用に関する情報を受け取るため」。二つ目は「本選考に参加するため」です。

企業から採用に関する情報を受け取るため

多くの企業が採用HPで説明会やセミナーの情報を公開しています。しかし、これに参加するためにはエントリーを行う必要のある場合が多いです。また、エントリーしなくてはESを提出できません。そのためにエントリーを行うのです。

本選考に参加するため

エントリーしなくては、そもそもESを提出する権利すら与えられません。エントリー自体は、「必ず選考に参加する」ことを示すものではありません。「参加するかもしれない」という意思を示すものです。そのため、気になる企業は全てエントリーすることをおすすめします。先述したような「本エントリー」にいきなりなることはあまりないので、とりあえず、エントリーを行ってみましょう。

 

いつからはじまるの?

2019年卒の場合、3月以降にしかエントリーは行えないという経団連の定めたルールがあります。しかし、実際には経団連に従わない企業もあれば、インターンシップにエントリーしたときに登録したものがそのまま本選考のエントリーに切り変わるというシステムを導入している企業もあります。そのため、実際に「いつから始まる」とは断言できませんが、基本的には情報解禁と共に、はじまります。2019年卒の場合、多くの企業は3月からエントリーが行えるようになります。

 

最後に

いかがでしたか。エントリーをする目的をわかっていただけたでしょうか。エントリーをしないと、選考に参加することすらできません。そのため、少しでも気になる企業は必ずエントリーを行いましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「説明会情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ