就活面接の自己PR、努力家はアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

働く上で、物事に対して努力するという姿勢はとても重要になります。学生が就活の面接で努力家をアピールしたい場合、徹底して努力できるという点を推したいですよね。

実際面接の場面で担当者に対して自身が努力家であることをPRする学生は少なくありません。ある種ありふれたPR内容でもある、努力家という特徴だからこそ、胸を張ってPRするためには様々な工夫が必要になってきます。

今回は、面接で努力家をPRする際のポイントを項目別にご紹介します。また、例文も掲載しているので、自分がエントリーシートで努力家について触れる際や、面接用の台本を作成する際の参考にしてみてください。

効果的にアピールするには順序立てて話す

最初に重要なのは、努力家であることを伝える際に順序立てて話すということです。悪戯に着地点も決めないまま「私は努力家です」と主張したところで、面接官があなたに関心を寄せてくれる可能性はとても低いでしょう。

先ずは、どういった状況で努力が必要になったのか、そして努力した内容を伝え、最後にその結果、という風に起承転結があると、話を聞いている人間としても、学生が努力をした姿、学生が努力家であることがイメージしやすくなります。

自己分析をしたり、過去の大学生活やそれ以前を振り返ったりすることで、自分自身が努力家であることをPRするのに適切なエピソードを探してみてください。エピソードを語る際には、主観的になり過ぎないことも大切です。客観的で、ある種俯瞰的な立場から自分を観察したフェアな目線で伝えると、一層努力家であることが目立つようになります。

努力の結果得たものを話す

努力をしたことだけで終わらず、その結果自分が得られたものや、感じられた成長についても話すようにしましょう。そこに絡めて努力以外の要素もPRすることができれば尚良いです。

例えば、忍耐力や継続力、集中力といったものがそれですが、努力という曖昧なものと対にある、なるべく具体的な要素をピックアップしましょう。

企業に対して有益な能力であることをPRする

努力家であることは確かに素晴らしいことなのですが、それが企業に貢献できるものであると伝えなければ、あなたの存在は魅力的に映りません。そのために重要なのは、自分が発揮する努力のベクトルは、企業の成長にも役立つということを、必ず伝えることです。

最後まで諦めない力が、問題解決力につながる、実行力がある、向上心があるなど、他の要素と同時に話す場合も一緒です。企業のどんな場面でその力が役立つのか、なるべく具体的に話せるようにしておきましょう。その際には感情論ではなく、なるべく論理性を意識してみてください。

努力家を関連づけた自己PR例文

私がアピールできる最大の特徴は、自分が誰よりも努力することができるということです。

経済的な事情により、当初私は大学にはいけないかもしれないと、家族の間で行われた話し合いの中で言われました。

仕方のないことだと思う反面、学ぶことが好きだった私は大学を諦めきれずにいました。

その後がむしゃらに勉強をし続けていたら、推薦で大学への合格を勝ち取ってしまい、難色を示す親に「自分で学費はなんとかするから」と言って無理やり進学しました。

その後は奨学金を借りながら大学に通っていたのですが、2年連続で成績優秀者に選ばれたことを理由に、学費の一部を、大学側に免除してもらうことになりました。

結果的に今、私は卒業予定の学生として貴社の新卒採用面接に参加していますが、それは私が努力し、努力は結果や自信に繋がると信じ続けて継続してきたからだと思っております。

しかしこれは一つの通過点に過ぎないとも思っているので、この先大学を卒業し、貴社に入社した後も、これまで以上に努力をし、ひたむきに進んでいきたいと考えております。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ