成長したい人間はどうしたらいい?成長して就活に臨むためには!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

ESをラクの作成!

就活を進めたり、大学で生活したりする中で成長を志す学生は少なくありません。面接先の企業の担当者と話したり、必要書類を書いたりする中で、自分自身の現状に物足りなさや、未熟さを感じる人が多いのかもしれません。可能ならば、就活という一つのイベントを通して成長もできれば良いですが、成長というのはそんなに簡単ではありません。

では、人間として成長したいと願った時、人はどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。就活とは少し違ったテーマになってしまいますが、今回は人の成長というところに重点を置いて書いていきます。

成長という言葉の意味を考える

成長方法について考える上で、「成長」という言葉の意味を考えることは非常に大切です。「成長痛」という言葉もありますが、本来人が成長するということは大変な苦痛を伴う場合が多いです。つまり、簡単に成長したい、と語るだけでは成長できないということです。

社会に出てからは、それを嫌という程痛感することになりますが、先ずは前提として、自分が目指す成長の形をイメージしてみましょう。そして成長する姿をイメージする上では、成長という言葉がいかに曖昧で抽象的なものであるか、ということを理解する必要があります。

その問題をクリアするためには、次のことを意識してください。

具体的な成長のビジョンを組み立てる

成長するということは、本来の姿からは変わるということを意味します。では一体どのように変わるのかと言われると、その部分をイメージしていない人は意外に多いものです。

「とにかく今よりも成長していたい」

「数年後に振り返った時、成長したと実感したい」

一見真剣に考えたり、成長を願ったりしているように見えますが、深層心理では自身への向き合いが足りません。自身の課題や長所、短所を理解し、しっかりと改善と成長を願っている人は、もっと具体的な言葉を口にするものです。

具体的なビジョンが見えないのであれば、自己分析を行う

漠然と成長は願っているけれど、その具体的なビジョンは見えてこない、という人は、自分自身に対する理解が足りないのかもしれません。自分を知るのに有効なのは、自己分析です。

就活の初期段階で行うことになる自己分析ですが、自分の好きなことや嫌いなこと、得意なことや苦手なことなど、自分について様々知ることができるので、その後の業界選択、企業選択にも大いに役立ちます。そして自己分析を通して知った自分の長所や短所を軸に、成長のイメージをするのは、とてもシンプルですが有効な方法です。

自己分析のやり方には有名なものが4つほどありますが、どれか一つを試すのではなく、複数の方法を試みるようにしてください。そうすることで、より正確な自己分析を行うことができます。

他己分析も有効

自己分析の他には、他己分析というものもあります。自分ではなく、友人や家族に自分のことを分析してもらう方法で、自分自身も意識していなかった人間性や好き嫌いという部分にも気付くことのできる方法です。

それまで、「私はこういう人間である」と決めつけていた自分像を裏切ることもあるので、場合によってはショックを受けることもあります。しかし、成長を試みるのであれば、自己分析同様、他己分析も良い方法ですので、是非実践してみることをオススメします。

終わりに

ここまで成長についてお話ししてきましたが、就活の面接などでは、できる限り「私は貴社で成長したいと考えております」といったような発言は控えるようにしましょう。一見有効なPRにも思えますが、同じようなことを口にしている学生が非常に多く、本文中でも書いたように、成長というのはとても曖昧な表現で、それを嫌う担当者も少なくありません。

面接で成長について触れるのであれば、何処まで掘り下げられても答えられるくらいに、成長のビジョンをしっかりと形作っておきましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

ESをラクの作成!