Fランでも理系は大丈夫?Fラン理系の就活状況と対策を徹底解明

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

Fランク大学、通称Fラン大学に通っている学生は就活のことに不安を抱えていると思います。

「Fランではどこも内定をくれない」

「Fランは就活に苦労する」

「Fランに入ったら就職浪人することになる」

リアルでもネットでもFランに関する様々な話を聞きます。その中でも文系ではなく、理系のFラン大学に通っている人は、文系とはまた少し違った意識だと思います。偏差値でも多少文系より高かったり、専門的な知識を多少でも有していたりと、アドバンテージがあるからです。

では、実際問題Fラン理系大学生の就活事情はどのようになっているのでしょうか。これから就活に臨む人も、数年後に控えている学生も、これをきっかけに就活のことを一度考えてみてください。

理系だとしても、Fランの就活事情は厳しい

結論から言ってしまうと、理系の大学、学部に通っている学生でもFランだと就活は厳しい、というのが現実です。

多くの学生が就活に苦戦し、内定を取れずにフリーターになったり、就活浪人をしたりするということも珍しくありません。しかし当然、全ての理系Fラン大学生がそうなるわけではありませんのでご安心ください。

本記事で紹介するポイントをおさえながら、効率的に就活を進めれば、内定を貰える確率がグンと上がります。

専門分野とマッチした業種にエントリーする

第一に重要なのは、大学の専門分野、理系であれば研究分野と就職志望先をマッチさせるということです。

Fラン大学であっても、理系ならば得意なこと、好きなことに関して研究するのが一般的です。その研究内容と関連する職種を希望するのであれば、全く関わりのない業界、業種を志望するよりも内定を獲得できる確率は大きく上がります。

今の段階では自分の志望する企業、業界が見つからないという学生は、先ず自分の研究分野を振り返って、そこから関連する業界を狙ってみてはどうでしょうか?

売り手市場の今は比較的チャンス

確かにFラン理系の大学生が就活で良い結果を勝ち取るのは簡単ではありません。しかし今は数年前に比べて、就活状況は改善傾向にあります。売り手市場で、雇用が積極的に行われていることがその要因です。

大学生がエントリーする企業の平均数も年々減少傾向にあり、限られた面接の中から内定を勝ち取る学生が増えてきているのです。勿論その流れは、Fラン理系の大学生も例外なく感じることができるはずです。

自分にマッチした企業、マッチした条件でエントリーすれば、波長の合う企業を見つけられる可能性は非常に高いといってもいいでしょう。

上手にPRするための準備は早いうちからしよう

就活を進める上で何よりも大事なのは、早いうちから準備をしておくということです。

就活の準備といっても幾つか存在しますが、代表的なものは、

  1. 自己分析
  2. 業界研究
  3. 企業研究

以上の3つです。

大学生の中には横着をして、自己分析も企業研究もしないで面接に臨むという人もいます。しかし当然それでは良い結果をもらうことは難しいですし、限られた時間内で相手に好印象を残すことは不可能です。事前に自己分析をして、自分の得意なこと、苦手なことを把握しましょう。

そして、そこから自分のやりたいことを探す、というのが正しい順番です。その次に業界研究や企業研究を行うわけですが、研究をすることの目的は、

  1. 自分にその企業が合っているのかを調べる
  2. 企業との面接で、相手に好印象を与えるために調べる

という2つであることを理解しなければいけません。

これらを理解した上で、入念に自分と企業を調べておけば、面接でも一定の結果を残せるはずです。

終わりに

内定を獲得できるかどうかというのを考えた時、確かに学歴や学部というのも大切になってきます。しかし最後の最後で重要になってくるのは、真面目に就活に取り組んだか、事前の準備を怠らなかったか、ということになります。

Fランでも高学歴でも、理系でも文系でもこのことは忘れないようにしましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ