就職活動の業界分析。旅行業界編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

学生時代の旅行や、家族での旅行などを経験して、国内外を問わず旅行というものに特別な想いを抱いている人は少なくありません。そしてそんな特別を仕事にしたいと思い、旅行業界への就職を希望する学生も、毎年後を絶ちません。

自分がかつて体験したような、記憶に残る旅。それを他の誰かにも経験して欲しい、そう思う人にとって、旅のお手伝いをしたりプランニングに携われたりすることができる旅行業界は、とてもやりがいのある仕事です。そんな人生にかけがえのない思い出を残す素敵なお仕事である旅行業界ですが、業界の動きや特徴はどのようになっているのでしょうか。

今回は、旅行業界を志望する学生必見の、旅行業界の基本的説明、有名企業の紹介、そして今後の動向予想などをしていきます。

どんな業界か

旅行業界を知るうえで、先ずは基本的な仕事内容の説明から行なっていきます。旅行業界では旅行者のために交通機関や宿泊施設の手配、他にもパッケージ旅行のプラン作成や販売などを行っています。所謂代理店などがこの業務を主に行うことになりますが、旅行会社に勤めたらデスクワーク、そして接客業の両方を体験することになります。

そもそも法律では、「旅行業」と「旅行業者代理業」の2つに分けられています。

旅行業

国内外の旅行を企画できる第一種、国内旅行のみ企画できる第二種、一定の条件下で国内旅行を企画できる第三種というものが旅行業の中で更に細かく区分けされています。

旅行業者代理業

旅行業者と代理契約を結び、ツアーなどの旅行商品を代理販売します。交通手段や宿泊施設の手配以外にも、プランを企画したりレジャー施設などと連携したりすることもあります。

上記のように、旅行業と旅行業者代理業では根本的な業務内容や裁量が全く違ってきます。どの旅行業界に就職するとしても、柔軟な対応ができる人間が業界には求められています。

単純にプランの販売をしたり、各種必要なものを手配したりするだけではなく、不測のトラブルに見舞われても冷静に対処することができる能力が求められています。旅行業界全体としては、日本人、外国人ともに旅行者が増加傾向にあるため、活気はかなりあると言えます。

旅行業界の有名企業

旅行業界で有名な企業は以下の通りになります。

  • 株式会社ジェイティービー
  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • KNT-CTホールディングス株式会社

旅行業界にはグループ会社を15社持つJTBを筆頭に、主要旅行業者が50社ほど存在します。最近では利益確保のために、傘下企業を取り込むなど業界の再編も進んでおり、変化がめまぐるしい業界でもあります。

上記の有名企業以外を志望する場合にも、自分が入社を希望している企業はどこかの大手企業の傘下でないかどうかという、グループ関係も入念に調べておきましょう。

今後の動向

旅行業界の今後の動向ですが、円安により訪日外国人客が増加することが予想されています。

既に国内の主要観光地には毎日何百、何千の外国人が訪れており、都心や関西の主要都市では外国人を目にしない日はありません。今後も増えると見込まれる訪日外国人のために必要になるのが、外国語版のホームページやパンフレット、外国語対応できるスタッフ、宗教などの制約に対応したレストランの案内などです。旅行業界を志望するのであれば最低限日常会話レベルの英語力は身につけておいた方が良いでしょう。

また、パンフレットやホームページ作成の上で、デザインなどの基礎的知識があれば尚歓迎されるかと思います。訪日外国人関連で言えば、オンライン旅行会社の進出やLCC(格安航空会社)が定着してから、インターネットによる航空や旅行の予約が普及しており、楽天トラベル、じゃらんnet、ヤフートラベルなど、インターネットと連携した顧客獲得が一層争われることが予想されます。

旅行内容についても、人数や状況、場所によって人々が求めるプランを作成するオーダーメイドプランは国内外を問わず人気を集めています。特殊なツアーを専門にして大手に対抗する中堅会社も多数台頭してきているなど、大手以外の動きにも注目したいところです。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント