証券会社ってどんな会社?実際にはどんなことをしているのか?

今回は、金融業界の中でも証券会社について紹介します。

どのような業界?

証券会社とは、投資家が株式や債券を売買するときの窓口になる会社のことです。証券会社は各社各様ですが、求める能力や人材に大きな違いはありません。それ以上に、部門によって求める人材や能力が変わるのが証券会社の特徴です。

職種は主に、「リテール」、「投資銀行」、「セールス」、「トレーダー」の4種があります。

リテール

リテール業務とは、本支店で個人の投資家や法人に対して株式・債券の販売営業を行います。厳しいノルマがあることが多いため、プレッシャーに強いこと、目標を達成するために努力できることが求められます。

投資銀行

投資銀行業務は、企業に対してエクイティ引き受けや債権引き受けなどのアドバイス行います。

具体的には、企業が他企業買収や資金調達を行う際のM&Aアドバイザリー、株式・債権の引受業務を行います。企業に対する資料作りなど仕事量が多いため、精神的・肉体的にタフであることが求められます。

また、同時に買収に関する事柄を扱うため高い論理的思考力も必要です。

※エクイティ:株式などによって調達された返済義務のない資金のこと

セールス

セールス業務は、既に世に流通している株や債券を投資家に販売する営業です。対象となる投資家は機関投資家であることが多いです。

機関投資家が投資するような金融商品は大きな差がつきにくいため、セールスの営業力がカギとなります。顧客に好印象を持ってもらうことが重要です。

トレーダー

トレーダー業務とは、株式や債券の売買の取引仲介役を担います。常に株式や債券の動向を把握し、いつ売るべきか、いつ買うべきかなどの情報を投資家に提供します。

また、自ら取引を行い企業に収益をもたらすこともします。金融に対する専門知識はもちろん、経済動向を読む能力、迅速な情報処理能力、決断力など多様な能力が求められます。

有名企業は?

国内に証券会社は260社(2016年末時点)あります。メガバンク系列の「SMBC日興証券」、「三菱UFJモルガン・スタンレー株式会社」、「みずほ証券株式会社」と独立系の「野村證券」、「大和証券」の5社が大手企業となっています。

なかでも圧倒的な存在感を示しているのが、野村證券です。2016年3月期の営業収益は、証券全体の半数を占めています。

以上の5社の他に現在勢いのある証券会社は、ネット証券会社です。特に、「株式会社SBI証券」は大手5社に次ぐ資産金を持っています。ネット証券会社は窓口に赴き取引をする必要もなく、自宅で簡単に始められるうえ、手数料も安価です。そのため、近年はこのネット証券会社が個人投資家の増加に貢献しています。

今後の動向

以上で述べたように、今個人投資家に人気なのが、ネット証券です。手数料が安く、手続きも簡単であるため、インターネットを利用して投資を行う人が急増しています。そのため、今後このネット証券の高い成長が見込まれます。

ただし、大手5社でもIT技術を導入する動きがではじめています。具体的には、投資初心者向けのロボットアドバイザー商品の開発を進めています。

ロボットアドバイザーとは、コンピュータプログラムが各個人に適した投資信託を診断し、資産運用のアドバイスを受けられるシステムです。その他にも金融業界全体でFinTechの導入が進んでいることもあり、今後はますますITやネットを組み合わせたやり方が進んでいくことになりそうです。

最後に

いかがでしたか。証券会社は職種によって求められるスキルが異なります。また、専門用語も多いため、業界研究は欠かせません。

業界研究と同時に職種研究も行い、志望動機を固めていきましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ