就活の面接対策法を徹底紹介!自己PR編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動の面接となると、様々な不安を抱えている人が多いとおもいます。

面接の中で聞かれる内容の一つに、自己PRというものがあります。面接の目的をストレートに言ってしまうのであれば、“相手に気に入られること”、なのですが、自己PRはその上で最重要なものと言っても過言ではありません。

自分が相手にどう見られるのか、その印象を左右することになる自己PRですが、面接の場面で完璧にアピールすることができたら理想的ですよね。

今回は、面接の際、効率的に自己PRをするための考え方と話し方をご紹介します。

自分がその会社で役立てることをアピールする

最初に最も重要なポイントを言ってしまうと、掲題の件が最も企業が知りたいと思うことなのです。

面接に訪れる学生の中から、自分たちの会社で役立ちそうな人材、成長を助けてくれそうな存在を人事の人間は見極めようとしています。そのことを理解した上で、自分がどうやって企業に貢献するかを考えることが、理想的な自己PRを作り上げる第一歩なのです。

例えば、有益なスキルや、合格者の少ない希少な資格を保有していたとします。それ自体は当然素晴らしいことなのですが、もしも志望する企業や、業種がその資格やスキルを役立てられない環境だったら、いくら希少でも有用でも、相手の心には響きません。

自分の持っている特別な何か、得意な何かが、企業や業務に役立つことを証明できて初めてそれは意味を持つのです。

しかし誰しもそういうものを持っている、というわけではありません。そういう時は、熱意を活かすのです。自分の熱意ややる気が企業の成長を促す、という風に心を込めて話しましょう。資格やスキルというのは、後からでも習得することはできますが、企業に貢献したいという気持ちは簡単に育むことはできないので、それ自体が尊いことなのです。

貢献できる根拠を述べる

上記の内容を細かくする内容になりますが、貢献できる根拠を示すことはとても大切です。

企業が行っている事業に対して、自身のスキルや資格、得意が作用することで成長が見込める、ということを説明するわけです。しかし、実際には勤労を経験していないわけですから、将来のことを具体的に語ることはできません。

そんな時は、自身の過去の経験を根拠として示すのです。アルバイトや部活、サークルなどの課題や、重要な局面を、自分の活躍や貢献があったからこそ乗り越えた話などはインパクトが強く、説得力もあります。リーダーシップを発揮した話や、挫折や努力の話と掛け合わせてもわかりやすいです。

資格というのは、単純に持っているだけでは意味がありません。それを自分のものにして、活かすことができて初めて意味を持つのです。同じように、得意なことを得意と言っているだけではダメですし、相手から信用を勝ち取ることはできません。

面接官の目線に立った時、あなたなら自分を採用するか、一度じっくり考えてみましょう。

自信を持って話す

自己PRで大切なのは、自信を持って話すことです。話の内容がどれだけ優れていても、話している本人の元気がなければ説得力に欠けます。自分の良い部分を人に紹介するわけですから、いかに明るく話すか、いかに自分を魅力的に見せるか、という部分が鍵になってくるのです。

そのためには、ただ話す内容を決めるだけではなく、表情や声の大きさ、姿勢にも注意を向けましょう。面接には沢山の練習が必要です。友人や家族と面接の練習をして、「声が小さい」「表情が暗い」などと言われたら要注意です。

本番で失敗しないためにも、ハキハキと、自分からエネルギーが満ち溢れるイメージで臨んでみてください。

終わりに

ここまで紹介したポイントに留意しながら面接を受ければ、良い結果が得られる可能性は大きく上がります。自分が一番輝ける場所、活躍できる企業を見極めて面接に挑戦してください。また、事前の準備を怠ってもいけません。

エントリーシートに書かれている内容と面接の内容を擦り合わせも、しっかりと行いましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ