就活の面接は軸の有無が左右する?就活の軸の決め方

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の軸、という言葉を聞いたことはありますか。就活を行う上で大切なのは、自分がどのような企業に入って、どのような仕事をしたいか、ということを明確化しておくことです。それは志望動機にも繋がり、自身が働くモチベーションにも関わってきます。

面接で、「弊社を志望した動機はなんですか?」と聞かれた際、この就活の軸がぶれていると、どうしても不利になってしまいます。職業選択の根幹にある就活の軸ですが、どのように決めれば良いのでしょうか。

今回は、なんとなくで決めてはいけない就活の軸の考え方について、ご紹介します。

就活の軸とは

就活の軸を定めていく上で、改めてその意味を考えていきます。就活が遅れている、入りたい企業がイマイチ明確化しない、という人はこの部分をしっかりと見直してみるようにしてください。

冒頭にも書いた志望動機もそうですが、就活の軸が関連する質問というのは、面接の中で必ずされることになります。それは、働き方であったり、将来像についてだったりと様々です。直接軸に関連するものでなくとも、軸を定めていたことで答えられたもの、反対に就活の軸が曖昧だったからこそ答えられなかったもの、というのが絶対に出てきてしまいます。

また、軸の有無は自分の自信にも繋がっています。自分はこういう仕事をしたい、こういう風に働きたいという軸がしっかりと定まっている学生は、企業選択にも迷いがありませんし、面接での質問に対する回答も自信を感じさせます。

過去を振り返って就活の軸を決める

次に、就活の軸をどのように決めていくか、ということですが、過去と関連付けて定めていくのが一般的です。

企業に志望するには理由が必要で、その理由はどの企業にも当てはまるようなものではいけません。採用する企業はコストをかけて新入社員を雇用するわけですから、なるべくならば社風とマッチする学生を採用したいと思うのが当たり前です。

過去を振り返って、自分の得意や経験、興味を改めて考えてみてください。得意を活かした資格などを持っていれば尚のこと良いです。それらの「得意」や「好き」が、志望する企業とどう関連付けられるか、そして自分が希望する働き方とどう繋がるのかを分析してみてください。

そうすることで、就活の軸が明確化し、働きたいと思える企業像が浮かんできます。

好印象を与えることのできる軸

次に、実際に存在する就活の軸の例を紹介していきます。ここに書かれているものが全てではありませんが、一例として知っておいてください。

  • 取得した資格を活かしたい
  • 世の中に貢献したい
  • 困っている人を助けたい
  • 将来自分の会社をもちたい
  • 世界で働きたい
  • 語学を活かした仕事をしたい
  • 尊敬できる人間の元で働きたい
  • 自分の力で企業を成長させたい

上記のような軸は非常にはっきりとしており、就活に臨む学生からしても、採用担当者からしても、当人がどういう人間なのかを把握しやすいです。軸の中には、面接の中で口に出さない方が良いものも当然存在するので、そういったものは胸の内にしまっておきましょう。

終わりに

就活の軸を設定する際には、複数定めてください。軸が一つだと当てはまる企業が多くなってしまい、本当に働きたい企業を探すのが大変になってしまいます。

反対に軸が多すぎると、当てはまる企業が一つも見つからなくなってしまうからです。就活の軸を通して企業研究、絞り込みをして、自分の軸に反応する企業をリストアップするイメージです。

就活をしていると不安になる時も当然あります。そんな時でも、就活の軸があると、自身の方向性が明確になります。就活に活路が見いだせない時は、あなた独自の軸を探してみてはどうでしょうか?

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ