業界別就活面接対策。食品業界の面接特徴は?

三大欲求の一つに名を連ねる食欲ですが、そんな食に直結する業界、食品業界への社会からの関心は非常に高いです。

需要が途切れることはなく、安定している業種なので、安心して勤めることができます。

また、日々新しい味や製品を探求することのできる、奥深い世界でもあります。

代表的なところで言えば、冷凍食品などの進化は目覚ましく、毎年のように画期的で、目新しい商品が増えています。

そんな食品業界に志望する際、面接ではどういったことを意識すれば良いのでしょうか。

事前に準備ができるように、今回は食品業界に就職する上で考えておきたい項目をご紹介します。

今回ご紹介することを意識しながら面接に臨むことで、内定の確立を大きく上げることができるでしょう。

なぜ食品業界で働きたいのかを考える

食品業界で勤務したいと考えた時、その理由について検討するのは大変重要なことです。

この手の質問は食品業界以外でも頻繁に聞かれることでもあるのですが、その理由を十分に考えていない人は、思った以上に多いのです。

自分自身と向き合う形になる質問に関して答えられない人の多くは、大抵自己分析が不足しています。

どうして食品業界で働きたいのかと考えて、理由が浮かばなかったり、他の業界でも問題ないような理由だったり、抽象的なものだったりした場合は、改めて自分と向き合うようにしてください。

例えば、幼い頃に自分が口にした料理の味に感銘を受けてその業界を志したなど、具体的なエピソードを交えて話すことができれば、動機に説得力を持たせることができます。

自分がその企業で役立てることは?

次に考えることは、仮に食品業界で勤務することが決まったとして、自分はどのようにその業界、企業に対して貢献できるかを考えてみてください。

食品の中でも営業に携わりたいのか、販売なのか、製造なのか、研究なのかによって、貢献できることも大きく変わるでしょうし、思いも全く別のものになるでしょう。

この思いに別の見方を加えると、志望動機や、将来のビジョンという部分に繋がっていきます。

実際には、まだ働いていない学生ということを加味すると、この部分をイメージするのには苦労を強いられるでしょう。

しかしそこを考え抜いた末に、自分でも気付かなかった、どうやってその企業に貢献していこう、といった重要な部分が見えてくるのです。

時事問題に関する質問にも対応できるように

食品は繊細なテーマなので、時事問題に関する質問をされることもあります。

毎年食品に関するニュースは必ず幾つか取りざたされており、異物の混入や食中毒被害など、内容は様々です。

そういった部分にもアンテナを張り、様々な質問に対する答え方を用意しておくようにしましょう。

「自社製品に、ニュースで取り上げられるような問題が発覚した場合にはどのように考えますか?」といった問いをされることがあるかもしれません。

その場凌ぎの答えを口にするだけではなく、一度本気で想像して、真剣に検討してみることをオススメします。

好きな食品をオススメしてくださいと言われたら

食品を扱う企業の中には「好きな食品をオススメしてください」という質問テーマを投げかけてくる面接官もいます。

当然このようなことを言われたら、面接先企業の商品を紹介するのが好ましいですし、必ず事前にヒット商品、主力商品を調べ上げておくようにしましょう。

オススメする際には、パッケージや味、CMなど総合的な部分を見て、その商品に対する愛を伝えるように意識してください。

このテーマの中では、営業に対する適性や企業に対する愛、理解度といった部分を見られています。

その商品を販売している企業の担当者に紹介するわけですから、当然緊張してしまうとは思いますが、気にすることはありません。

自分自身の言葉で、しっかりと商品への思いを伝えるようにしてください。

終わりに

人々の生活を支える食という分野に携わることは、大変意義のあることです。

先進国の中でも高い水準に位置している日本の食品業界の入社難易度は決して低くはありませんが、内定を掴むことができるよう、後悔のない就活を行いましょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ