業界別就活面接対策。コンサルティング業界の面接特徴は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

世の中には様々な職種があります。 その中で最近人気を博しているのがコンサルティング業界です。

企業に対するコンサルや、メディアに対するコンサルなど、コンサル対象は様々です。 何にしても、コンサルタントの知識を用いて、他社の売上向上、問題解決をするという、高度な技術が求められる職種なので、求められる人材のレベルも非常に高いです。

同時に、自身の仕事の結果を分かりやすく実感できる業界でもあるので、やりがいも感じられるでしょう。 若いうちから挑戦をさせてもらえる分野でもあるので、今後ますます注目が集まっていく業種とも言えます。

そんなコンサルティング業界に志望する際、面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。

よく聞かれる質問

それでは早速、コンサルティング業界で聞かれる質問にはどのようなものがあるのかということを、順を追って説明していきます。

どうしてそのファーム(コンサルティング企業)を選んだのか

人気の拡大しているコンサルティング業界の中で、その企業を志望した理由は必ず聞かれる質問です。

この問いに答えるためには、綿密な企業研究が求められます。 また、面接官はこの質問の中で、学生が情報をどれだけ正確に集めることができたか、ということも確かめています。

単純にその企業の分析をして分かった結果を述べるだけではなく、同じようにコンサルティングをしている同業他社の企業分析も並行して行い、その企業と面接を受けている企業との明確な違いを上手に述べられることが理想的です。

その上で、なぜその企業を志望したのかという動機をきちんと伝えられると面接官に好印象を与えることができます。

チームで成し遂げた経験

学生生活や日常生活の中で、集団で何かを成し遂げた経験の有無についても高確率で聞かれます。 面接官がこの質問をする目的は、学生のコミュニケーション能力や、他者との協調性、そして主体的に行動できるかといった部分を判断することにあります。 部活動やアルバイト、日常の中でも、仲間と協力して一つの目標に向かって行動した経験を用意しておくと良いでしょう。 実際にコンサルタントとして就職した後も、取引先の企業とコンサルタントが連携して、業務の改善や売上の向上という目的に向かって事業に取り組んでいく機会は多いので、この部分は非常に重要視されるポイントです。

自己紹介

他の企業同様、コンサルティング会社でも自己紹介を求められます。

自己紹介で大切なのは、簡潔に話すということと、自分のことをしっかりと理解しているということです。 その上で注目されるのは、限られた時間内で自分自身を売り出す能力があるかどうか、ということです。

企業をコンサルすることは、その企業の強みを知って伸ばしていくことに他なりません。 その上では、学生が自分自身の強みをしっかりと把握しているということは、当たり前に求められる能力なのです。 完成度の高い自己紹介をできるようにするためには、自己分析を疎かにしないことが重要です。

昨今では自己分析だけではなく、他己分析を用いて客観的なデータも取り入れた上で、自己紹介文を書きあげることが主流になっているので、複数の方法を試してから自身を紹介する台本を考えてみてください。

面接をするのもコンサルタント

コンサルタント業界に見られる特殊なこととして、面接をするのもコンサルタント、ということが挙げられます。 つまり、人事の人間のような、面接のプロではないことがあるのです。

そのため面接官が重視するのは、マニュアル的なことだけではなく、自分と学生との相性という部分などもあります。 もちろん全てのコンサル業界がそのようにしているわけではありませんが、そういった傾向は多くの企業に見られるため、一般企業の面接とは異なる印象を受けることがあるかもしれません。

インプットする力が重要

言うまでもなくコンサル業界の仕事は、他社をコンサルするということです。 そのため、情報を大量にインプットすることが求められます。 そしてその先には、取り入れた情報を正確にアウトプットする能力が求められます。

学生のうちから、授業などで学んだことをしっかりと頭に入れて、活用できるようにしておくと良いでしょう。 これは誰でもすぐにできるようになることではありません。

普段の生活の中から情報をインプットして、それを上手くアウトプットするという癖をつけることで、段々と確実に身についていくはずです。 その手腕を見せることができれば、内定を大きく近くに引き寄せることができます。

手始めに面接先企業をコンサルする、それくらいの意気込みで自信の腕前を披露できるよう挑戦してみてください。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場