説明会での質疑応答!「勤務地」を質問するのはNG?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

会社説明会は企業の理念や仕事内容だけではなく、労働条件についてもチェックできる機会です。

また、質疑応答の時間が確保されている場合は積極的に利用して気になるポイントをクリアしましょう。ただし、堂々条件にまつわる質問をするのをためらう就活生は多いでしょう。

一方で「勤務地」のようにどうしても知っておきたい条件はあります。

ここでは、説明会での質問で社員に「勤務地」を聞くことについての是非を解説していきます。

質疑応答では「労働条件」を質問しない

説明会の質疑応答では、「仕事内容」や「経営方針」についての質問が歓迎されます。また、説明会の内容について興味を持ったポイントを補足してもらうのも喜ばれるでしょう。こうした質問からは就活生の「やる気」と「関心」がうかがえます。

社員は「本気でこの会社に入りたいと思ってくれているのだな」と好意的に考えてくれます。しかし、「勤務地」「給料」といった労働条件に関する質問は往々にしてよく思われません。たとえ丁寧な回答が返ってきたとしても内心では不愉快になっている社員もいます。

労働条件が目当てで志望してくる社員は、企業の方針を共有できているのかが見えません。また、もしも企業の労働条件が変わっても真面目に働いてくれるかが疑問です。

そもそも「勤務地」は質問すべき内容か?

説明会の質疑応答では「どうしても質問しなくてはいけない」ことだけを聞きましょう。

たとえば、「勤務地」は説明会でないとわからない質問とは呼べません。確認の方法はいくらでもあるからです。

説明会のためにわざわざ時間を割いてくれている役員や人事担当者の口から聞くに相応しいテーマではないでしょう。質疑応答では登壇者に合わせて質問をするのが賢明です。

たとえば、経営者が登壇してくれているなら「会社を創立した理由」や「若者へのアドバイス」などを聞いたほうが実りある内容といえます。また、その場にいる他の参加者からも共感してもらえる質問になるでしょう。

説明会では場をわきまえて発言するのも出席者のマナーの一つです。

質問する以外にも確認の方法はある

説明会で質問をする以外にも「勤務地」や「勤務地の選考方法」を知る手段はあります。

たとえば、会社のホームページをしっかりと調べれば支店や工場の分布はすぐに確認できます。「今はどこの支店に人員を割いているのか」もホームページ内でわかるでしょう。

会社の募集要項を見ても勤務地はチェックできます。給料や休日のシステムと並んで「勤務地」も高確率で記載されています。さらに注釈で「勤務地は希望を聞いたうえで決定」などの文章も付け加えられている場合があります。

企業の書き方によって「希望した場所で働ける」のか「希望の要望に自分が合わせるのか」は判別できます。大切な質疑応答の時間を割かなくても「勤務地」は予想できるのです。

勤務地で志望先を決めてしまうデメリット

どこで働くのかは確かに就活生にとって大切な問題です。しかし、「勤務地」が説明会で質問しなくてはいけないほど決定的な要因になるのか、今一度振り返ってみましょう。会社の経営理念に共感できているなら、どこであろうとやりがいを持って働けます。

また、転属に関する費用も会社が負担してくれるケースは多く、金銭的なダメージもそれほど多くありません。何よりも、「勤務地にこだわるデメリット」は把握しておきたいところです。

その他の条件が合っているのに勤務地が気になって憧れの企業を志望しないのは本末転倒です。面接でも勤務地に固執しすぎると不採用になるリスクが高まります。勤務地への過剰なこだわりは捨て去ったほうがいいでしょう。

説明会のマナーを学んでおこう

説明会にはマナーがあり、就活性の振る舞いや発言は社員から厳しく見られています。

不適切な質問で低評価を受けないように気をつけましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!