【就活で全落ち・・どうする!?】原因を特定し、次に生かすポイントを紹介!

就活で早々に内定をもらい就職先を決める人もいれば、行きたい企業が全落ちしてしまい瀬戸際に立たされる人も少なくありません。

就活で全てヒットしなかったのはショックなことでもありますが、ショックからいかに立ち直り、自分を分析して、次に生かしていくかが重要。

無い内定でも落ち込んでいる暇はありません。

全落ちしたことがバネになって、最終的には自分の希望する会社への内定が決まる人もいます。

ここでは、就職・転職活動で全て落ちてしまったことの原因と、次に生かすためのアクションについて考えていきましょう。

【就活で全落ち・・どうする!?】頑張ってるのに内定0…何が原因?

頑張ってるのに内定0…何が原因?

2016年、2017年、2018年と日本の失業率は徐々に低下している傾向にあります。

就職氷河期など、以前と比べると現在は大手にも就職しやすい環境になってきています。

それにもかかわらず、内定0でなかなか就職できない人も少なくありません。

優秀な大学生でも落ちることはありますし、長期間無い内定ということもあります。

頑張っているのになぜ就活で全落ちしてしまうのでしょうか。

就活がうまくいかない原因を考えてみましょう。

以下の内容を外資・日系、民間・公務員を問わず参考にしてください。

就活軸がブレている

就活軸は、自分の就職したい企業を決める条件のようなもので、面接では実際に聞かれることもあります。

就活軸がブレている状態では、自分の目指しているところが見定められていないということ。

就職軸が定まっていないと企業面接でもぼろが出てしまい、どうしても魅力的な人材にうつらず、選考に落ちるのです。

複数の企業を受けることで企業への熱量が低下した

複数の企業に応募して採用試験、面接を受けるという流れを繰り返すと、いつの間にかその流れがルーティン化してしまいます。

複数の就活を経験することで、1社1社に対する熱量が低下するのはよくあること。

さらになかなか就職先が決まらないと、焦りからか「もうどこでもいいから受かればいい」という心理に陥る学生も少なくありません。

「この会社に入社したい!」という熱意が伝わってこないと、面接時に落とされることもあります。

就活がミーハー

「キラキラしている」「誰もがきいて分かる企業がいい」「国際的なかっこいい仕事を」そんな安易な理由からトップ企業や急成長で力をつけてきた企業に応募する人は少なくありません。

しかし、そうした大企業ほど、人材を見極めて採用しているものです。

安易な理由からの応募は見透かされてしまいますし、薄っぺらい理由では採用担当者の心には響かず、内定には繋がりません。

面接企業を絞りすぎ

自分の実力以上の大手企業ばかりに応募することも全落ちになる可能性がありますが、合わせて面接する企業を自分の希望や好みに合わないからと必要以上に絞りこみすぎるのも考えものです。

特に倍率の高い企業ではどうしても採用の確率が減ってしまうため、そもそも母体数が少ないと就職の成功率も上がらないというものです。

【就活で全落ち・・どうする!?】原因を見つけて、次のアクションへ!

原因がわかれば次のアクション!面接にどう生かす?

就活で全落ちしてしまった場合どうするべきなのでしょうか。

原因解明後のアクションをまとめました。

自己分析をし直す

就職軸がブレているなら、自己分析をし直すことをおすすめします。

自己分析は、自分の長所や短所、特徴などを通して自分を見つめ直すいい機会。

もしかすると就職軸のブレは、自分自身の適正のない業界を希望していることが原因かもしれません。

自分の好きなことだけにとらわれず、自分の能力を洗い出したうえで本当にマッチした職種や業界を考えてみましょう。

受けたい企業や業界を見直す

なかなか就職が決まらないなら、受ける企業や業界を一から見直すことも大切です。

自分がこれまで経験したこととは正反対の企業や業界に応募していませんか。

ネームバリューだけで、自分の適性とは異なる企業を選んではいないでしょうか。

就活の繰り返しや全滅を避けたいなら、一度適正に合った企業や業界をベースに考えていきましょう。

たとえ気の進まない業界であっても、仕事内容や職種が自分の希望に合ったものであることもあります。

企業研究の内容を確認する

応募する企業を知るために、しっかり企業研究をする人は多いと思います。

しかし、企業研究しただけで満足してはいないでしょうか。

企業研究は、そもそも自分の希望や適性とマッチする企業を探すためのもので、企業研究の後の絞りこみがなにより重要です。

企業理念や業績、業態、社風、年齢層、勤務条件などをしっかり洗い出していきましょう。

また、企業研究をしていくと、企業の求めている人物像やスキルも明らかになってきます。

応募しても受からない場合は企業の求める人材とかけ離れている可能性もあるので、これまで応募した企業はどうだったか合わせて確認すると良いです。

インターンや他の学生の話を参考にしても内々定に近づけます。

就活に特化した部分ではなく自身の態度も考える

就活自体に間違いがなくても、「大きな企業に入りたい」「給与に福利厚生など譲れない部分が多い」など自分自身の態度が全落ちを招いていることがあります。

今後の将来にも関わることなので慎重になりたい気持ちももちろんあると思いますが、就職のためにはもう少し柔軟に考えるようにしましょう。

たとえば、大企業にとらわれず中小企業も視野に入れる、職種は同じでも幅広い業種で考えるなど幅を広げると就活自体ももっと自由にできるようになります。

【就活で全落ち・・どうする!?】就活で全落ちする前に今やっておくべき対策とは?

就活で全落ちすることは今でこそ少なくなりましたが、就職氷河期では当たり前のように存在したのも事実です。

そのため今やっておくべき対策を行うことが重要で、それにはテスト対策は早めにする、エピソードを具体的に書けるようにしておくことや自己分析は就活開始後に始めることが必要不可欠です。

就活を徹底的に行ってもなかなか志望した企業から内定をもらうことができないケースが多いです。

近年はかつての就職氷河期よりもだいぶ状況が良くなり、諦めずに就活をし続ければ、内定を得やすくなっています。

ただ志望する企業によっては学生に人気があったり、世間に注目を浴びる上場企業であったり、長年継続し続けた老舗企業などであれば簡単に不採用になる傾向が見られます。

そして志望した企業からことごとく内定を受けることができない、全落ちすることもいまだによくあります。

テスト対策は早めから動く

就活を全落ちしないために、行うべき対策の一つとして、テスト対策があります。

就活ではさまざまな対策を行う必要があり、テストは一番最初の関門です。

そのため、テスト対策は早めに行うとよいでしょう。

企業が面接を重視するのは確かですが、できれば学力にも優れた学生を採用したいと思っています。

学力だけがすべてではないですが、問題解決能力が高い学生のほうが仕事の面でも活躍できると判断されるからです。

しいたがってテスト対策はしっかり行うことが必要で、早めに対策しておくことをおすすめします。

エピソードは具体的に書ける準備をする

応募をする際には必ず履歴書や職務経歴書などを提出することになりますが、その際、志望動機や自己アピールなどの項目に関して文章を書くことになります。

その文章を書くときに気を付けたいのは、より現実的で具体的な文章を書くことを心掛ける必要です。

具体的なエピソードでないと採用担当者には伝わりません。

自分は経験しているので、状況がわかりますが、担当者は経験していないためわからないです。

そのためしっかりとエピソードが伝わるように事前にしっかりと準備をしておきましょう。

自己分析は就活開始直後から行う

なお就活では、必ず自己分析を行うことが必要です。

自己分析は自分の長所・短所を始め、なぜその仕事で働きたいのか、その企業を志望したいのかを突き詰めることになります。

それは就活を始める直後にまず行わなくてはならない基本のことで、それで希望する業界・企業が決定することになるからです。

その業界・企業で働くためには、どういった自分にならなければならないのか、何のスキルを身に付ける必要があるのかというように逆算して結論が自ずと出るようになります。

自己分析はしっかりと行いましょう。

社会人と話すことに慣れておく

就活では多くの社会人と話す機会が多くあります。

その際にはしっかりとした対応をしないと失礼にあたる場合があるので気をつけなければなりません。

そのためにはまずは社会人との会話に慣れておくとよいでしょう。

社会人との会話に慣れておけば、話すときに緊張することなく失敗する可能性もなくなります。

【就活で全落ち・・どうする!?】就活で全落ちしないための3つの方法

就活での最悪の展開でもある全落ちをしないためには、次の3つの対策を実行するようにしましょう。

3つの対策を行うだけで、全落ちを回避できる可能性があります。

逆に今までのやり方を変えず、何も考えないまま「いつか内定はもらえるだろう」という甘い考えで就活を行うと、間違いなく全落ちしてしまう可能性があります。

全落ちを防ぐために、これまでの就活で内定がうまくもらうことができていないみなさん、今からでも遅くありません。

ぜひチェックするようにしてください。

自己分析を徹底する

全落ちを防ぐためには自己分析を徹底的にする必要があります。

就活で選考に落ちる原因として、自分のことを理解していない場合があります。

「自分の特性がわからない」「自分が何の仕事をしたいかよくわかっていない」「将来の夢がない」という場合、面接官にアピールをしても魅力的な人間だと伝えることが難しいので、徹底的に自分がどのような人間かを分析するように心がけましょう。

自己分析がしっかりしていれば、自分に適した業界や企業を見つけることができるので、まずは自己分析をしっかり行ってください。

自己分析の後に業界研究、企業研究をする

自己分析を終えた後に、企業研究をしっかり行うようにしましょう。

自己分析がしっかり行えていても、企業分析をきちんとしていなければ自分に合った企業を見つけることができません。

企業と自分の考えが一致して初めて就職活動で内定をもらうことができるので、必ず企業研究をしましょう。

知名度で企業を選ぶのではなく、自分という人間を最大限発揮できる場所を中心にエントリーをしていけば、企業の方針と自分の意向がぴったり合う企業を探し出すことができるでしょう。

ひとりで悩まず周りや就活のプロに相談する

自己分析や企業研究を徹底的にしていても、就活で全落ちしてしまう学生は確かに存在しています。

このような場合は、自分1人で周りに相談せずに就活をしているケースが多いので、周りの人や就活のプロに相談をしながら就活を進めていきましょう。

周りに相談することで悩みを解決することができます。

就活を順調に行っている同級生かキャリアセンターにアドバイスを求めるようにしましょう。

キャリアセンターは、面接やエントリーシートの添削などの実践的なアドバイスはもちろん、自分の強みなどを客観的な視点からアドバイスしてもらえることがあります。

また、先輩で相談できる人がいるのであれば、就職活動の失敗や成功体験を聞いて自分に使えるものがないか探してみることも、全落しないためには有効な手段です。

あまり考え込みすぎると就活がうまくいかなくなってしまうので、誰かに頼れば何とかなると考えて肩の力を抜いて取り組むようにしましょう。

【就活で全落ち・・どうする!?】まとめ

優秀な大卒の学生が就活で全落ちするのには理由があります。

その後の成功に導くには、全落ちした理由を知って、対策していくことが大切です。

全落ちしたからと諦めずに、就活で何が悪かったのかを考え、改善できるようにもう一度自身の就活全体を見直していきましょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ