就活にはわからないことがいっぱい!スッキリ解消して就活の第一歩を踏み出そう!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

大学卒業の前にやってくる就活。初めての経験に、何をやればよいのかわからないというひとが大多数だと思います。

「就活はどのようなスケジュールで進むの?」「自分のやりたい仕事の見つけ方は?」「自分の強みって何だろう」「就活のやり方って?」といった、就活生が持つ疑問にお答えします。就活の「わからない」を「わかった!」に変えて、就活をスムーズにスタートさせましょう。

就活っていつからいつまで?どんなスケジュール?

就活っていつからいつまで?どんなスケジュール?

まずおさえておきたいのは、就活のスケジュールです。多くの企業の採用活動が、いつからいつまで行われているのかを知らなければ、気づいたら志望する企業の採用活動が終わっていたということにもなりかねません。

就活がわからないからといって、漠然と過ごしていてはいけないということですね。

大手就活サイトがオープンし、企業と就活生がコンタクトをとれるようになるのは、3月1日ですが、インターンシップは前の年の夏から始まっています。決して必須ではなく、日本企業の場合は選考に進むのに必要というわけではありません。

しかし、インターンシップでその企業の仕事について深く学んだ学生と、その期間に将来のことを何も考えていなかった学生では、企業からの印象は大きく変わります。インターンシップは、その企業のことだけでなく、自分がどのように働きたいかということを考えるよい機会になります。積極的に参加したいですね。

そして、3月1日に大手の就活サイトがオープンしたら、志望企業へのエントリーが始まります。3月中にはエントリーをしておかないと、選考に進むために参加しなければならない会社説明会を見逃してしまったり、選考自体が終わってしまったりすることもあるので、早めに動きましょう。

3月以降は、企業へのエントリーや会社説明会への参加、筆記試験や面接などといった選考といったように、一気に忙しくなります。つまり、自己分析や業界研究など、企業とコンタクトをとらなくてもできることを3月1日から始めようとすると、うまくスケジュールを立てることができなくなってしまいます。

また、エントリーの段階で志望動機や自己PRを書くことも多いので、これらを明確化するための自己分析や業界研究を後回しにしていては、エントリーすら十分にできないということにもつながります。これらのことを避けるためにも、3月までに自己分析や業界研究を終わらせておく必要があるのです。

そもそもわからない・・自分のしたい仕事

そもそもわからない・・自分のしたい仕事

「就職はしたいけれど、そもそも自分のしたい仕事が何かわからない」という悩みは、多くの就活生が抱えています。日本にはさまざまな企業、多種多様な職種があるため選択肢が多く、かえって迷ってしまいますよね。

そこで、自分に合った仕事を見つけるためのヒントをご紹介します。自分に合った仕事を考えるときのパターンはいくつかありますので、多面的に考えてみてくださいね。

【趣味を活かす】

「自動車が好きだから自動車関連の仕事に就きたい」「ファッションが好きだからファッション誌の編集者になりたい」というように、趣味や好みを活かして仕事を考えてみるのも1つの方法です。

好きなことばかりできるわけではありませんが、趣味や好みに関する仕事であれば、情熱をもって仕事に取り組むことができそうですね。

【長所を活かす】

「人とのコミュニケーションが得意なので営業職に就きたい」「地道にコツコツ努力することができるので、モノづくりの仕事をしたい」など、長所を軸として仕事を選ぶのもよい方法です。

人には必ず長所があるので、自己分析してうまくPRできるようにしておきましょう。

【資格を活かす】

「教員免許を取得しているから教育に携わる仕事がしたい」「簿記をもっているので経理で働きたい」といったように、資格をベースに考えてもよいでしょう。

資格をとることができたということは、その分野で一定の才能があるということ。資格をもっていると選考を有利に進めることができる業界もありますので、十分に活用しましょう。

【やりたくない仕事を除く】

選択肢から「やりたくない仕事」を外していく方法もあります。いわゆる消去法ですね。消極的な方法に思えるかもしれませんが、「やりたくない仕事」のほうが「やりたい仕事」よりも思い浮かべやすいはず。業界や企業を絞り込むために、非常に有効な手段ですので、ぜひ試してみてください。

そもそもわからない・・自分の強み

そもそもわからない・・自分の強み

履歴書や面接で、必ずといってよいほど聞かれるのが「自分の強み」。「企業に伝えるべき強みがない」「これは自分の強みだと思うけれど、企業に伝えてよいのかわからない」という悩みを持っている人も少なくありません。

しかし、就活生の大半は普通の学生です。普通の学生には、強みがなくて当たり前です。「強みがない」といって、悲観的にならなくてもよいのです。

ここでポイントなのは、就活における「自分の強み」の意味は2つあるということ。

ほかの人よりも優れている点

1つ目は、「ほかの人よりも優れている点」という意味です。多くの就活生がこの意味でとらえているのではないでしょうか。しかし、先ほどお話しした通り、普通の学生には「ほかの人よりも優れている点」という意味の強みはほとんどないと考えてよいでしょう。

本当に重要なのは、「強み」の2つ目の意味。「自分が仕事で活かすことができる特徴」という意味の強みです。

例えば、アルバイトや部活動などで培った「チームワーク」、研究活動などを通して身についた「目標を達成する力」、忙しい大学生活をより一層充実させるための能力である「時間管理能力」といったことも、仕事をする上では重要な「強み」です。このように、自分で強みを作り、アピールすればOKなのです。

自分の欠点

2つ目は、自分が欠点です。欠点だと思っていることも、見方を変えれば強みになることもあります。

例えば、「単独行動が苦手」という人は、裏を返せば「ほかの人との付き合いがよく、協調して行動することができる」と言い換えることもできます。このように、「弱み」は「強み」に変えることができるのです。

どうしても自分の強みを見出すことができなかった場合、まわりの人に他己分析してもらいましょう。自分のことは自分が一番わかっているつもりでも、気づかない長所や短所があるものです。まわりの人から客観的に評価してもらうことで、新しい見方を得ることができるかもしれません。

他己分析をお願いする場合、アルバイト先の人やゼミ・研究室の人、家族など、異なるグループからバランスよく選ぶようにすると、ほかの人から見た「強み」がよりわかりやすくなります。

そもそもわからない・・やり方とは

そもそもわからない・・やり方とは

就活でやることがたくさんあるのはわかっていても、具体的に何をどのようにすればよいのかわからないという人も多いでしょう。就活のやり方や流れを簡単に確認し、どのように就活を進めていけばよいかチェックしましょう。

まず、自分に合った仕事を探すためにも、「自分を知ること」と「業界や企業を知ること」は避けて通ることができません。

自分が何をしたいのか、その業界や企業では何ができるのかを知っていなければ、企業を選んでエントリーすることができないからです。就活の第一歩として、「自己分析」と「業界研究・企業研究」をしてみましょう。

3月1日からは、エントリー解禁となります。自己分析や業界研究・企業研究でまとめた自己PRや志望動機をもとに、自分が興味をもった企業にどんどんエントリーしていきましょう。選考に進むためにはエントリーは必須。漏れのないようにしたいですね。

3月以降、徐々に選考がスタートしていきます。選考の内容は企業によって異なりますが、筆記試験や適性検査などのペーパーテストと複数回の面接を行なう企業が多いようです。

面接には、学生1人に対して面接官が1人以上で行なう「個人面接」、学生複数人に対して面接官が1人以上で行なう「集団面接」、あるテーマについて学生たちで議論するようすを面接官がチェックする「グループディスカッション」などがあります。

いずれの形態の面接にも対応できるように、大学や就活サイトのイベントなどで体験したり、志望企業以外の選考を練習で受けてみたりと、場数をふんでおきましょう。

まとめ

いかがでしたか?就活がわからないからといって、3月1日の就活解禁まで何もしないのはもったいないですし、やっておくべきことがあります。

就活が本格的に始まる前に、就活の「わからない」を「わかった!」に変えて、スムーズにスタートを切れるようにしておくと、就活自体も滞りなく進みます。

就活についての疑問を解消し、楽しんで就活生活を送れるようにしたいですね。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!