こんなに違う!?日本と海外の就活の違い

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

海外の就活はどんな感じなの?

現代の日本で行われている就活ですが、「海外ではどうなんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

実は海外の就活と日本の就活は大きな違いがあります。日本の就活の常識を覆すような海外の就活をご紹介していきます。

難しい話は置いといて、「こんな国があるのかぁ」と気軽に見ていただければ幸いです。

日本と海外の就活の違い

日本と海外の就活の大きな違いの1つは、「大学で学んだことを活かした仕事に就く」かどうかです。海外の大学生は「自分が大学で学んだことを活かせる仕事に就く」のに対し、日本の大学生は「自分がやりたい仕事に就く」のが一般的な傾向です。

どちらが良い悪いという話ではないですが、日本の学生の場合「なんのために大学へ行くの?」という話になりますよね。

それでは日本の就活をアメリカの就活を例にとって比べながら、興味深い特徴をご紹介していきます。

アメリカの就活事情

学歴重視のアメリカと人間重視の日本

先ほどご紹介した通り、アメリカの就活は「大学で学んだことが重要視される」傾向があります。当然大学の成績も重要視されることになるので、アメリカの学生は必死に勉強して優秀な成績を収めようとします。

日本では学歴で採用が左右されることはあまり多くないですよね?大学でどれだけ頑張ったかよりは、会社に入ってから活躍できそうな人を採用する企業が多い傾向にあると思います。だからこそ東大を出ても内定が決まらないという人がたくさん出てくるのです。

アメリカと日本の意識の差

またアメリカの学生のほとんどがインターンシップにも積極的に参加します。これは経験を積んでいくことで即戦力になるためでしょう。

ところが日本の大学生はどうでしょうか?授業中に教授の話など聞かずにスマホをいじる生徒、スヤスヤと寝ている生徒が多いのも日常的な風景ですよね。これでは「大学で〇〇を勉強していました!」とは言えないはずです。

もちろんそのような学生だけではありませんので、しっかり勉強している学生は自信を持って面接などで伝えましょう!

まとめ

今回の記事では日本と海外の就活の違いや、海外の意外な就活の特徴をご紹介しました。これから就活を始める方、そしてすでに就活を終えた方にも興味を持っていただけたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ