【就活前の学生向け!】就活ははじめに何から手をつければ良いの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の動き出しまで時間がかかる?

「就活やらないと!」と思っても、なかなか動き出せない...そんな学生は多いはずです。「ずっと遊んでいたい」「働きたくない」「何をすればいいかわからない」などなど色々な理由はあると思いますが、就活は動き出しが勝敗の分かれ目です。早い人ほど成功しやすいのです。今回は就活のスタートダッシュをうまく切る方法を紹介します。

就活しないとやばい2つの理由

まずは方法に入る前に、危機感を持っていただくためになぜ就活しないと“やばい”のかを2つのポイントに絞って説明していきます。

世間は厳しい

もし就活せずに卒業した場合を想定してみましょう。ほとんどの場合、いわゆるフリーターになってアルバイトをするか、親に養ってもらえるかの2択になります。色んな人生があっても良いとは思いますが、世間の目は冷たいものです。「あの人はまだ親の脛をかじっている」とか「大卒なのにフリーターか」なんて思われてしまいます。別に悪いとは思いませんが、世間からの風当たりが強くなる覚悟はしておいた方が良いです。

キラキラの新卒カードを失う

日本はいまだに終身雇用や年功序列が残っている場合も多く、基本的に新卒入社文化が根付いています。職務能力が未知の状態でも、人柄や学生時代に頑張ったことを話すだけで伸び代を期待され、内定が得られる可能性があるので、新卒入社は中途入社に比べ比較的ハードルが低いです。学歴フィルターに引っかからなければ、基本的にどんな企業にも入社可能性がある新卒カードを無駄にしてしまうのは非常にもったいないのです。

まずは簡単なことからはじめよう

これまで新卒で就活しないと“やばい”理由を説明してきました。少しは危機感を持っていただけましたか?これからは本題の具体的に何から手をつけるべきかを説明していきます。

就活を終えた先輩に話をきいてみる

まずは一番ハードルが低いと考えられます。就活を終えた先輩に話を聞いてみましょう。就活を終えてすぐの先輩なら、間違いなくリアルな話を聞けます。成功談も失敗談も聞いて今何をすべきかを明確にしましょう。さらに、内定者経由でインターンに参加できたりする企業もあるので、良いことずくしですね。

選考体験記を大量に読み込む

「ONECAREER」や「みん就」に登録し、選考体験記を読み漁りましょう。失敗談も成功談も豊富に揃っているので、就活を疑似体験できます。「就活ではどんな壁が待ち受けていて、それに対して今自分は何をすべきか?」が明確になるので、自然に焦りも湧いてきます。

就活本で自己分析してみる

就活は自己分析から全てが始まると言っても過言ではないでしょう。自分が何をしたいか明確に答えられないと内定はそもそも難しい話です。なので、まずは自分を深く知るために、体系的にまとまっている就活本でがっつり自己分析をしてみましょう。おすすめは「絶対内定シリーズ」です。

筆者はインターンや合説、その他就活イベントも参加していませんでしたが、コツコツと自己分析だけはやっていました。それだけでも面接で落ちることなく内定を獲得できたので、まずは本を買うだけで始められる自己分析をやってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は就活をやらないとまずい理由とまず何から始めるべきかについて書かせていただきました。簡単にできることから始めてみて、できるだけ早く動き始めましょう。早い動き出しが就活攻略の鍵となります。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ