【就活で疲れ切っているあなたへ】就活生に見て欲しい元気が出る映画5選

やる気になれる映画を見て就活を乗り切れ!

就活を頑張っている学生のみなさん、またはこれから就活を始めるという学生のみなさん。不安や緊張、そしてプレッシャーに押しつぶされそうになっていませんか?
映画はたくさんの勇気、笑顔、感動を私たちに与えてくれます。今回は就活生の皆さんに是非お勧めしたい映画を厳選してご紹介していきたいと思います。

ホーム・アローン【1991年】

—あらすじ

クリスマス休暇で旅行に行く前日に、意地悪な兄弟や親戚が集まる家の中で末っ子の男の子ケビンは思います。「こんな家族いなくなってしまえ!」と。そして次の日、ケビンが目を覚ますと家からは誰一人いなくなっていました。

—おすすめポイント

少しでもストレスが溜まってしまうと、家族に当たってしまったり「もうこんな家族嫌だ!」って思ってしまうときもありますよね。もし突然家族がいなくなったら、日常はどう変わるでしょうか?家族の大切さを教えてくれる暖かい映画です。就活を支えてくれているのも家族です、大切にしてあげたいですね。

トゥルーマン・ショー【1998年】

—あらすじ

保険会社のセールスマン、トゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)はシーヘブンという島で暮らしています。ある日彼は自分の周りの人たちや街全体が全て作り物であり、自分の生活が番組として全世界に放送されていることに気づき始め…。

—おすすめポイント

主人公のトゥルーマンは水恐怖症ですが、クライマックスでは彼が水に立ち向かうシーンが描かれています。平凡な男が自立し、成長していくところに自分を重ねてみるとモチベーションが上がりますよ。

シャーロック・ホームズ【2010年】

—あらすじ

19世紀のロンドンで、探偵のシャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と相棒のジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)は、黒魔術で若い女性を何人も殺害したブラックウッド卿(マーク・ストロング)を逮捕しました。しかし、処刑されたはずのブラックウッド卿が蘇ったと報告が入り彼の棺を調べると、入っていたのは彼とは全く別人の死体でした。

—おすすめポイント

この映画ではダウニーJr.演じるホームズがとても魅力的です。普段は適当な人に見える彼の、推理で相手を追い詰めるときとのギャップがまたかっこいいです。どんな相手にも毅然とした態度で理路整然と話す彼に影響を受ける事間違いなしです!

ジャッジ 裁かれる判事【2015年】

—あらすじ

優秀な弁護士のハンク(ロバート・ダウニー・Jr.)は無罪を勝ち取るためには事実をもねじ伏せてしまいます。絶縁状態の父であるジョセフ(ロバート・デュバル)が、ある時殺人事件の容疑者にされてしまい、ハンクが弁護人を担当することになりました。調査が進むにつれて証拠が浮かび上がってきてしまうジョセフですが…。

—おすすめポイント

就活のこと、進路のことで親と口論になったりしていませんか?もし親との距離が離れている人がいたらこの映画をみて欲しいです。親子愛がテーマの温まる話に癒されてください。

シャーロック 忌まわしき花嫁【2016年】

—あらすじ

ヴィクトリア王朝時代のベーカー街では、ある殺人事件にロンドン市民が震えていました。何と数時間前に自殺したはずの夫人が夫を殺したと言うのです。レストレード警部(ルパート・グレイブス)から事件の詳細を聞き、シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、相棒のワトソン(マーティ・フリーマン)とともに事件の調査を開始します。

—おすすめポイント

「こんな相棒が欲しい!」この映画をみ終わった人は口を揃えてこういうはずです。ホームズの推理力はもちろん、この映画では二人の掛け合いがいちばんの魅力だと思います。自分も仕事が始まったらこういう相棒が欲しいなぁ、と思いながらみてみてはいかがでしょうか?

最後に

就活生の皆さんにオススメの映画はいかがでしたでしょうか?登場人物たちに自分を重ねてみるもよし、活躍している主人公を見て自分を奮い立たせるもよし、大事なことはその状況を楽しむイメージではないでしょうか。就活中はうまくいかないことも多くあると思いますが、その後の成功や夢などをイメージしてみると思いのほか頑張れることもあるでしょう。ぜひモチベーションを高めるためにも“映画”をみてみることをオススメします。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ