業界別就活面接対策。IT業界の面接特徴は?

就職活動で大事な面接。採用担当者は書類選考以上に、面接選考を重視しています。人柄を見て、「この人と一緒に働きたいか」を確認するための大切なステップだからです。業界によって面接時に聞かれることは様々で、それによって準備・対策が必要となります。

近年では、「わからないこと」「知りたいこと」をパソコンやスマートフォンで検索して調べることが当たり前となり、インターネット通販での買い物をする人も多くなりました。私たちの生活に必要不可欠となったこのような情報技術をIT(information technology)といいます。様々な分野の企業でIT技術を盛り込んだ業務改善などを実践しており、IT業界のニーズは増える一方で、需要のある業界であることは間違いありません。

今回は、IT業界を志望している新卒の学生が押さえておくべき、面接で見られる傾向・ポイントをご紹介します。

IT業界とは

IT業界の面接でのポイントをご紹介する前に、IT業界とはどういった業界かをご紹介します。

 IT業界(information technologyの略)には、主に業務効率化などを役立てる、ソフトウェアやハードウェアの開発、情報処理を行う企業があります。

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは、コンピュータ上で処理を行うプログラムのことをいいます。セキュリティソフトや経営管理ソフト、顧客情報管理ソフトなど、顧客企業や時代のニーズにあった機能をもつ、ソフトウェアの開発を行います。

ハードウェアとは

ハードウェアとは、コンピュータや周辺機器(マウス・キーボード等)のことをいい、機器の開発・製造を行います。

情報処理とは

情報処理とは、企業に特化したシステムの開発・運用を行います。顧客企業が抱える課題をヒアリングし、必要なシステムの提案・構築を行い、システム完成後はシステム運用・保守業務を請け負う会社もあります。

IT業界の社員の方々の知識は、非常に多岐にわたり、高い技術が求められます。IT業界を志望する人は、IT分野の中でもどのような事業、仕事に携わりたいのかを明確にしておくことをおすすめします。

しかし、IT業界未経験でもOJT研修などといった研修がしっかりとしている企業が多くあるので、未経験でも興味があり、一生懸命取り組める熱意のある学生は、安心してIT業界に飛び込めると思います。IT技術は次々と新しい技術が増えていくので、覚えていくこともどんどん増えますし、将来性のある大変面白い業界であると思います。

IT業界の面接では業務内容の理解に対する質問が多い

前述したように、IT企業といっても、業務内容は多くの分野があり、それぞれに全く異なった知識や能力が求められます。そのような業界であることは面接担当者も理解しているので、面接時の回答から、IT業界を志望する新卒の学生が「IT業界」「志望企業」について、研究し、理解出来ているかを見ています。

ここで面接時の質問内容に対する回答についてポイントを説明します。

IT業界に興味をもったきっかけを教えてください。

多くの業界がある中、なぜIT業界を選んだのかは面接で質問される会社は多いのでないでしょうか。今、自分たちが生活している中で、身の回りにIT技術がたくさん使われています。自身がIT業界に魅力を感じた点を、エピソードを交えて話が出来ると良いでしょう。おおまかな回答をしても、面接官の耳には入ってきません。より具体的な状況「この時こう感じ、こう思ったのです」のような回答が好ましいです。相手にもその時の状況がイメージ出来るように伝えるように心がけましょう。伝える力というのは社会人には、とても重要な力です。

当社を志望する理由を教えてください。

この質問には企業研究が欠かせません。なぜ数あるIT企業の中で、その会社を選んだのか。企業情報、経営理念、会社概要、沿革、企業の強みにして取り組んでいる事など必ず、調べ質問に答えましょう。この質問に付随して「当社の印象を教えてください」「当社の〇〇について、どう考えていますか」などと一歩踏み込んだ質問をされる可能性もあります。企業のHPやOG訪問などから、実際の会社の実態などをヒアリングすると、よりイメージしやすくなります。

また、なぜ他の会社ではなく、この会社なのか?ということは、その会社の強みや売り、他の会社にはない特徴を挙げて説明することが重要です。

そして、自分自身の強みを、この会社で(この分野)でどう活かしていくか伝えましょう。またと会社しては、即戦力とはいかないまでも、教育に時間をかけなくても済む学生を探しています。 そのため、IT業界や、業務内容に対して最低限の知識を有していることが採用の前提条件となってくるでしょう。

どのような人間かを判断する質問も

また質問の中には、とっさの事態に対してどのように対応するかといった、柔軟さを試す質問も出題されます。

これはIT業界に限ったことではありませんが、特にIT業界では、不足のトラブルや突然の事態に対して柔軟に判断し、対応する能力が求められます。 その為、面接の中では、このような質問が多く聞かれる傾向にあります。 IT業界の面接を予定している学生は、面接官の質問にはどのような意図があるのか、ということを理解することが大事です。

例文

「学生時代に最も打ち込んだこと」
→それによって何か得たものがあるか

「挫折・失敗経験について」
→その経験を経て何を学び、自分に足りなかったもの・弱みは何かを考えることが出来たか

などと、ただエピソードを話すだけではなく、次へ繋げる展開へ回答を持っていくことが重要です。自己分析出来ているか、ポジティブな思考の持ち主か、冷静な判断が出来る人間かなどと面接官は質問の回答から人間性を判断しています。IT業界は意外にもコミュニケーション能力を必要とされる仕事ですので、面接官の質問に対して、的を得た回答が出来ているか話す素振りなどもチェックしているでしょう。

 IT業界の事業内容、業務内容自体は相当に幅広く、それらの一部には大学生のうちから学ぶことができるものもあります。

 また、SE・エンジニアを目指す人は、プログラミング技術を身につけアピールしましょう。プログラミングは、パソコンが1台あれば大学生でも高校生でも体験することができます。 今では書店などでプログラミングに関連する書籍も多数販売されており、それらを参考にしながら自宅でプログラミングを学ぶことが可能です。

「授業スケジュールのアプリケーションを自作したことがあります」なんて素晴らしい受け答え・アピールが出来たら面接官は必ずその取り組みを評価してくれます。IT業界に関連する知識を学んだという経験があると、この業界では歓迎されます。 そのような人間は好奇心旺盛なタイプや自分自身で取り組む力があると、面接官に評価され、好印象を与え、採用へ一歩リードです!

これまでIT業界や、その業務内容に対して全く親しみがないという人は、面接の前に、ITに関連する書籍を読み、企業研究を十分に行い、少しでも知識を身に着けておくことをお勧めします。

IT業界の初歩知識として「ITパスポート」という試験があります。IT初心者の方には、一番内容が易しく説明されているので、試験対策本を読み学ぶことも良いでしょう。面接の際、「IT企業への就職の為に、ITパスポートの資格を取得しました」という自己アピールが出来れば、意欲を示す意味でも大きなアピールポイントになります。まだ資格を取得していなくても「取得のために勉強中です」と回答するのも、アピールに繋がります。

IT業界の面接でよく聞かれる質問とその対策

IT業界の採用面接での質問では技術的な素養に関する内容、仕事に対する姿勢や取り組み、意欲に関する内容、これまでの経験や学習してきた内容について問われることが大半です。

漠然としたイメージを語るのではなく、面接担当者が思い浮かべられるような具体的な内容を用意しましょう。

ただし、マニアックな内容を滔々としゃべるのではなく、面接担当者の反応をうかがいながら端的に答えることが大切です。

志望動機

想定質問 

弊社を志望した理由は何ですか?

NG回答例

御社を希望した理由はこれからの成長性に期待ができると思ったからです。

自分の知識や経験を活かすのに御社の環境が自分に合っていると感じました。

採用側の視点

成長性が期待できるという根拠についてまったく説得力がありません。

また、会社の環境が自分に合っていると言っていますが、入社前にどれだけ会社の環境について知っているのか疑問に思えます。

OK解答例

御社を希望した理由は、〇〇という製品のヒットに続き、△△という製品も市場のニーズに応えていることで、会社の企画力と製品開発力に成長性を感じたからです。

この△△は私も使っており、このような製品を作る仕事をしたいと思いました。

〇月〇日付の□□新聞に掲載されていた御社の記事から御社がエンジニアの開発環境を整えるのに力を入れているということを知り、自分の分散環境におけるセッション管理の脆弱性対策の知識が御社の開発部門に貢献できると感じました。

回答のポイント

希望する会社について下調べをして具体的な製品名や会社を知った経緯を挙げるなど理由に説得力を持たせましょう。

根拠のある自己PRを行います。

なぜIT業界なのか

想定質問

なぜIT業界で働きたいと思うのですか?

NG回答例

これからの時代はITだと思います。

開発チームでまとまって何か人の役に立つものを作っていけたらと考えています。

採用側の視点

この回答では自分がIT業界で働きたいと思うことに関してなぜそのように思うのかの説得力が欠けています。

論理的に物事の説明ができない人と思われるでしょう。

OK回答例

IT業界が高齢化時代特有のニーズに応えることができると感じているからです。

たとえば、情報弱者の高齢者にとって現在のパソコンやスマートフォンユーザーインターフェースでは災害時などのいざという場合には不親切だと思います。

音声認識の精度を上げたり、収集したデータによる機械学習の結果をフィードバックしたりすることにより、お年寄りに使いやすいユーザーインターフェースでのニーズに叶った情報提供ができるシステム開発に携わりたいと考えています。

回答のポイント

IT業界に期待されるニーズを的確にとらえているかどうか。

具体的な問題意識があり、その解決に向けてどのような仕事をしたいというイメージがはっきりしているかどうかです。

抽象的な回答を最初に一言短く答え、さらに具体例を挙げて説得力を増しましょう。

今後どんな仕事をしていきたいのか

想定質問

今後弊社でどのような仕事をしていきたいのでしょうか?

NG回答例

やれと言われたらどんな仕事でもやります。

採用側の視点

便利に使えるアルバイトならば採用されるかもしれませんが、正社員でこの回答では採用は難しいでしょう。

自分のスキルや経験に基づいて希望する仕事を回答してください。

OK回答例

御社が力を入れている人工知能による災害時のニーズ分析のシステム開発に携わりたいと考えています。

SNSへの被災者の書き込みを自動的に解析し、どの地域にどれだけの支援が必要かをマップ上に表示するシステムを見て素晴らしいと感じました。

大規模データ処理を行うセキュアな分散環境の構築に携わったことがありますので、この経験を御社に活かせると思います。

回答のポイント

会社が力を入れている製品やシステムを調べておき、そこに自分がどのように貢献できるかをアピールすることが大切です。

あくまでもその会社の事業に関連した内容の回答を心がけましょう。

自己PR

想定質問

自己PRをお願いします。

NG回答例

体力やコミュニケーション力には自信があるのでうまくやっていけると思います。

採用側の視点

IT業界志望ですので技術的素養について触れる必要があります。

体力、コミュニケーション力はたしかに大切ですが、簡単に理由を付け加えておけば良いでしょう。

OK回答例

大学ではシステム開発におけるセキュリティ対策について研究していました。

具体的にはWebアプリケーションの脆弱性をついたDDOS攻撃に対応するリスク分析対策です。

Java仮想マシンを用いてサンドボックスモデルの構築にも自信があります。

なお、学生時代、部活でラグビーをしていましたので、体力やコミュニケーション力については自信があります。

回答のポイント

滔々と技術分野についてアピールする必要はありませんが、何をやっていたかにはきちんと説明できるようにしましょう。

入社後どう活躍できるのか

想定質問

入社後、どのように活躍、貢献できるかイメージできますか?

NG回答例

最初の一年は様子見で、先輩の仕事ぶりを見ながら少しずつ役に立てるようにしていきたいと考えています。

採用側の視点

謙虚なのは伝わりますが、仕事で活躍するイメージがまったくないと思われます。

これまでの経験や知識を活かして活躍する自分について意欲的に語ってほしいものです。

OK回答例

SNSでの書き込みに関して大規模データ収集に伴うフェイク分析について行っていきたいと思います。

災害時に必要なニーズ分析と合わせて、災害時には流言飛語によるデマの拡散も懸念されるところです。

デマなのか根拠があることなのかの信頼度を数値化して、ユーザーの判断に役立つシステム作りに携われたらいいと考えています。

回答のポイント

数問前の回答と現在の質問の回答がぶれないことが大切です。

臨機応変で答えていると、前問と矛盾したことを言ってしまいがちなので注意しましょう。

過去の経験やチャレンジしたい事柄など前向きな姿勢をアピールすることを心がけます。

意欲的に取り組む姿勢が大事

IT業界では、業務内容により、日勤・夜勤と不規則な就業時間があります。またシステム開発やシステム運用を行う上で困難にぶつかることがあります。この業界に関わらず、仕事には季節や納期、トラブルなどにより業務の忙しい時期もあります。そんな時、ポジティブな思考や熱意が大切になってきます。

実際、IT業界の業務経験をしていない新卒学生が「どのような状況でも仕事を投げ出しません」という根拠を述べることは難しいですが、その代わりに学生時代に熱中して取り組んできた事、過去の経験から学んだ事などのエピソードから、自身の熱意を採用担当者に伝えましょう。

例文

学生時代のアルバイト経験から、人数の少ない中でシフトを回した時期がありました。

日々みんな忙しく仕事をしている中、どうしたら影響が出ない範囲で、少しでも手間が掛からず、業務をこなすことが出来るのか意見を交わし実践しました。

また周りのアルバイト仲間へ気遣いの声がけを積極的に行い、忙しい時期を越えた経験があります。

このようなエピソードからは

  • 「忙しいからといって投げ出したりしない」
  • 「業務の効率化を積極的に考えて行動できる」
  • 「周りへの声がけをしていてリーダーシップが出来る」

等の採用担当者へのアピールが出来ます。

実際の業務とは関係のない出来事でも、それに対する取り組む姿勢や考え方が、社会にでても仕事に活かされるのです。学生時代のアルバイト経験は、とても就職活動に役立つと私は思います。「アルバイト」でも社会に出て仕事をしているのは「社会人」と一緒です。その仕事に責任をもち、取り組むことが出来るか。採用担当者へ存分にアピールし「採用」に近づきましょう!

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ