面接ではここを見られている!就活で気をつけること 個人面接編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活する上で、面接というのは避けて通ることができません。 アルバイトなどで既に何度か経験している人もいると思いますが、就活の個人面接は最大の自己アピールの場所となります。 同時にここで自分の力を出し切ることができないと、就活で良い結果を出すことが難しくなってしまいます。 面接の中には個人面接や集団面接など複数の形式がありますが、この記事の中では主に個人面接という部分にスポットを当ててご紹介していきます。 企業によって回数は違いますが、一次面接だけではなく、2次、3次、中には5次面接まで設けている企業もあるので、ここでしっかりと面接のやり方をマスターしておくと、いざ同じ企業で複数回面接をすることになっても上手く対応することができます。

個人面接の意味

個人面接によって、学生のどのような部分を見るかというのは企業によって違いますが、大まかには以下の項目に注目しています。
  • 人間性
  • 人生
  • マナー、常識
  • 性格
学生がどのような人間性を持っていて、集団生活の中ではどういった特性を持っているのか。 そして、それまでその人はどういった困難や出来事に遭遇して、どのように成長してきたのか。 その他にも、社会人として働く上で最低限のマナーや常識を備えているのかといった項目にも注目しています。 この部分は面接における質問だけではなく、スーツの着こなしやエントリーシートの書き方といった部分からも見られるので、面接以外の部分でも注意するようにしましょう。 それと同時に、面接では学生の性格も判断されます。 怒りっぽい性格、緊張しやすい性格、優しい性格。 学生それぞれの特徴を、面接のプロである面接官は様々な質問を通して観察しています。 企業によって質問の項目は様々ですが、圧迫面接などの方法を取り、ストレスチェックを行うところもあります。 そういった特殊なケースの面接でも、上手く対応するためにはとにかく練習することと事前の準備が大切になってきます。 面接に対して事前にしっかりと備えておけば、本番で多少イレギュラーなタイプの面接に遭遇しても、そこまで大きな失敗をすることはないでしょう。 方法に違いがあったとしても、根本的な面接の趣旨は同じなので、一度コツを掴んでしまえばそれほど難しくはありません。

質問の傾向を抑える

面接で重要になってくるのは、質問の傾向を理解しておく、ということです。 今の時代では、インターネットなど様々な媒体で、企業の質問の傾向を事前に調べることができます。 実際に面接の場で質問をされてから考えるのではなく、事前に聞かれると思われる質問に対しては答えを準備しておき、本番では用意した回答をスムーズに口にできるようにしておきましょう。 また、インターネット以外では、既に面接を経験したことのある、先輩や家族などに聞くのも有効です。 質問項目の中には、「弊社が第一希望ですか」 といったようなものもあります。 その質問に対して、仮にその企業が第一志望ではなかったとしても「はい」と答えるようにしましょう。 面接の中では、上手に嘘をつく技術も求められてきます。

マナーを意識する

面接で見られるのは、会話の部分だけではありません。 質問内容の他にも、質問に答える際の表情や目線、入退室時のお辞儀の角度や、笑顔といった部分も見られます。 社会人になってからは、会社の外の人間と付き合う機会も頻繁にあり、その際に最低限のマナーを備えていなければ通用しません。 礼儀作法の他にも、必要書類の送付といった部分にも気を使わなければいけません。 企業はこういった細かい部分についても厳しいチェックをしているため、それらも重要な選考要素の一つに含まれているのだと意識しておいてください。 単純に投げかけられた問いに答えるだけではなく、企業との関わりそのものが面接の一部と捉えるようにしましょう。

最後に

どれだけ規模の小さい企業でも、基本的に面接は最低2回以上あります。 それらを乗り切る上では、小手先の技術や回答だけではなく、多くの練習が必要になります。 また個人面接の他にも面接にはいくつかの種類があるので、幅広く対策を立てておきましょう。
内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ