就活生必見。エントリーシートの書き方 学歴・経歴編

エントリーシートの中には、履歴書と記入項目が重複してしまう箇所がいくつか存在します。 学歴・経歴というのも、その中の一つです。こういったことは必ず書かなければいけない項目であり、個性を目立たせるというよりは、正しく記入することが求められます。 なんとなく「こんな感じだろう」と書いてしまうと、ミスを産みやすい項目でもあるので注意が必要です。 今回はエントリーシートの中にある学歴・経歴の書き方についてご紹介します。 正しい記入方法が分からない、まだ書き始めていないという方は、この記事に書かれていることを意識して実際に書いてみてください。

どの時期から書き始めるのか

まずこの項目で問題になってくるのは、いつ頃から経歴を書き始めるのか、ということです。 幼稚園、小学校から書くのか。 或いは大学から書き始めるのかなど、色々な候補と疑問が出てくると思います。 正しくは、中学校の卒業から記入することです。 中学校の入学から記入したとしても大きな減点を受けるようなことはありませんが、なるべくならば一般的なルールに従うのが好ましいでしょう。 また記入の際には西暦と和暦、どちらで記入しても問題ありません。 ですが、中学校の卒業年度に関しては西暦、高校の入学年度に関しては和暦といったように、暦の形式がバラバラになってしまうことは避けてください。 全てを書き終わって見直した際に、そういった統一がなされていない場合には書き直すことになるので注意しましょう。 また、中学校名、高校名、大学名などは、必ず正式名称で記入するようにしてください。 自身が今まで通っていた学校、または現在通っている学校の正式名称を知らない、という学生は意外に多いです。 正式名称については、インターネット上からその学校のホームページに問い合わせれば簡単に調べることができるので、もしも知っている場合でも確認の意味を込めて、ホームページを訪れるようにしましょう。 面接などでは大学について聞かれることも多々ありますので、自身の通っている学校のことを知るのも、就活の一環だと考えましょう。

書くのは「見込みまで」

次にどこまで書くのかについて説明していきます。 よく混乱してしまうのは、大学の卒業をどのように書けばいいのかという点です。 卒業については卒業年度を記入して、その横に「卒業見込み」と記入してください。 また大学院に進学している場合は、「終了見込み」と記載するようにしましょう。 この他にも、大学や専門学校を中退している場合などには、「中途退学」とはっきり記載するようにしてください。 卒業まで終わっている学校名しか書かない人がまれにいますが、それは誤りです。 中退などを記入した場合には、ほぼ確実にその理由を聞かれることになります。 その際に、面接官に対して印象が悪くならないようにするにはどのような回答をするべきか、というのもこの項目を書きつつイメージしておきましょう。

アルバイトの経験は書くべき?

ここまでは経歴の書き方でしたが、エントリーシートの中には職歴という欄も存在します。 しかし、この欄に関しては、基本的に記入しないようにしてください。 よくありがちなミスとしては、経歴の欄にアルバイト経験などを記入してしまうことがあります。 しかしこれは採用担当者に思わぬ誤解を待たせてしまう原因にもなり、誤った職歴と思われてしまう場合もあるので、そういった混乱を避けるためにも白紙にしておきましょう。 ただし志望企業などの関係上、どうしても自身のアルバイト経験を伝えておきたい、アピールしたい、という場合には、自己PRの欄に記入しておくと良いでしょう。

誤字があったら書き直し、終わったら必ず読み返そう

これはエントリーシートの経歴・学歴欄に限った話ではないのですが、本書きでミスをしてしまった場合には必ず書き直すようにしてください。 まれに修正液などを使って修正する人もいますが、これは採用担当者にあまり良い印象を持たれません。 一箇所でも失敗してしまった場合には、潔く書き直すようにするべきですし、そう言った無駄な時間を省略するためにもなるべくならば、本書きをする前に鉛筆で下書きをするようにしましょう。 一通り書き終わったあとに読み返すことで、書いている際には気付かなかった誤りに気付くことができますし、より完成度の高いエントリーシートを作成することができます。 自分だけで見直すのではなく、先生や友人、家族など第三者に見直してもらうのも良いでしょう。

まだエントリーシートで躓いてるの?
1人の就活はもう終わり!これからはプロがあなたのパートナーに​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ