就活のテストではどんな問題が出るの?傾向と対策

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活では面接やグループディスカッションの他に、テストを行う場合があります。 テストと言っても、大学や高校で行ってきたようなテストとは形式が異なります。 このテストの形式や、対策方法を事前に知っているか知らないかで就活の結果に大きな違いが出てしまうことは言うまでもありません。 テストの種類は一つではなく、企業によって微妙に違ってきます。 そのため、それら様々な種類に応じた対策が必要となります。 また企業で受ける場合や、自宅で受ける場合など受験環境も様々です。 就活の際に受けることになる、テストについて今回はご紹介します。

就活のテストとは?

就活の中で行うテストは、面接などと同様に企業の評価に大きな影響を与えることになります。 全ての企業がこのテストを行うわけではありませんが、自分の志望する企業がテストを行うのかどうかがわからない場合には、事前に対策を立てておきましょう。 備えあれば憂いなしです。 ここで油断してしまい、就活に失敗してしまうという人も毎年数多くいます。 本記事内でも全てのテストについて紹介することはできませんが、次の章では代表的なものをいくつか紹介していきます。

テストを取り入れている企業の目的

就活の際にテストを取り入れている企業の目的ですが、これは単純に受験者の学力を知りたいという思惑の他に、その人の性格や適正能力などを見極める目的もあります。 そして、これは企業の採用担当者が言うことはありませんが、膨大な人数の受験者をある程度足切りするための目的も含まれています。 そのためテストを設ける企業は、比較的規模が大きいという傾向にあります。

テストの種類

SPI(Synthetic Personality Inventoryの略称)

リクルートマネジメントソリューションズの提供する適性検査。 対策本なども数多く出回っており、名前を聞いたことのある人も多いかもしれません。 「性格」「能力」の2つを判断します。

ENG

SPIの提供企業、リクルートマネジメントソリューションズが提供している英語特化型問題。 SPIの英語版といった認識で問題ありません。

Web受験形式のテスト

テスト、そして問題に制限時間があるのが特徴です。 マークシートのように直感での回答が求められることも多く、自宅で受けることができるのが特徴です。 受験の際には電卓の使用が許可されている場合が多く、選択問題ではなく、記述問題が多い傾向にあります。

筆記問題

企業で実際にペーパーテストを行います。 科目は企業によって様々ですが、最近では英語に力を入れている企業が目立ちます。 それ以外にも、その企業が力を入れている分野がある場合には、そこに関連した科目が出題される場合も。 制限時間は30分程度。

玉手箱

玉手箱は有名企業で多く採用されているWebテストです。 日本でもトップクラスの人気を誇り、導入している企業自体の数も相当に上ります。 内容は主に能力テストや性格テスト、複数科目を取り入れたテスト内容となっています。 Webテストを代理で受けてもらう学生が多いという実態 これは数年前から問題視されていることですが、自宅で受けるタイプのテストを、自分以外の学生や知人に代理で受けてもらうといった行為が日常的に行われています。 実際そうしたことによってテストで高得点を出したとしても、企業にその不正が発覚することはほとんどありません。 ですが最終的に、人が代理で行ったテストで合格した企業に入っても、その企業で長く活躍できるかどうかという部分に対しては疑問符が浮かびます。 多くの学生が不正を行っているからというのではなく、自分自身の力でテストの合格を勝ち取り、またその先にある内定を目指して努力しましょう。

終わりに

Webテスト、筆記テスト、その両方に対して昨今では多くの対策方法が講じられています。 インターネット上では過去問を見ることができ、書店でも多くの参考書を入手することができます。 方法は問いませんが、事前の準備を行い、しっかりとテストに対策を立てることで、必ず良い結果が得られるでしょう。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場