最終面接までいけばホントに安心?最終面接を突破するための重要ポイント3点を徹底解説!

志望動機とキャリアビジョンを明確にしよう!

最終面接までいったとしても、その面接で選考に落ちてしまうことは実は多くあります。せっかく長い選考を渡り歩いてきたのに最後の最後で落ちてしまうのは残酷......そんな声も聞こえてきそうですが、今回はそんな最終面接で落ちてしまわないように最終面接前にできる3つの準備についてご紹介します。

最終面接の合格率を上げる方法

~自己分析と企業研究の深掘り~

最終面接の通過率を上げる方法として、志望動機の練り直しが挙げられます。志望動機に説得力を持たせるには、「自分自身」と「企業」の共通点を論理的に明らかにすることが必要です。 つまり、自己分析と企業研究をもう一段階深掘りすることが不可欠なのです。「一つの職種で専門性を磨きたい」と考えている人にとって、「ジョブローテーションにより三年に一度職種が変わる企業」で働くことはミスマッチングを招きかねません。自己分析で「一つの職種で専門性を磨く」という軸を理解し、企業研究により「その企業がどのような人材を求めているのか」を理解しておくことでこのようなミスマッチングを回避することが出来ます。 自己分析と企業研究を深掘りすることで「自身の企業選びの軸」や「就職後にやりたいこと」「自身の活かすことのできるスキル」と「企業」の共通点をあぶりだすことが可能になるのです。 このようにして共通点を軸に志望動機を作成し直すことで、説得力のある志望動機を作成することが出来るのです。

~キャリアビジョンの明確化~

最終面接前の準備として、自身のキャリアビジョンを明確にしておくことも重要なポイントです。最終面接では役員や経営陣など、その会社の舵取りを行っている方々が面接官となることが多いです。 そのため、最終面接はそれまでの面接とは違い「会社の方向性と就活生のビジョンが一致しているか」という点が重要視されやすい傾向にあります。最終面接まで残っていると言うことは、候補者のスキルや人間性などに関しては企業が期待する一定のレベルに達しているということです。 その中で役員や経営陣自らが面接を行うのは「その人が会社と同じ方向を向いて、会社のために活躍してくれるのか」を見極めるためなのです。最終面接に臨むにあたって、自身のキャリアビジョンが不明瞭なままだと、「本当に会社と同じ方向を向いて尽力することが出来るのか」と志望動機と熱意を疑われてしまう可能性があります。面接官の顔ぶれがそれまでとは変わる以上、それに対する対策を抜かりなく行っておくことが必要なのです。

~逆質問の準備~

最終面接の準備として行っておきたいことに、逆質問への準備も挙げられます。逆質問は最終面接に限らず、面接の終盤に10分程度の時間を割いて、与えられる場合があります。逆質問は実際にその企業で働いている人に社内の実情を聞くことの出来る貴重な機会です。そのような機会で、調べればすぐに分かるような質問をしてしまうと印象を悪くしてしまう可能性があります。 まして最終面接の面接官は役員や経営陣など、会社の経営にかかわる方が担うことが多いです。最終面接での逆質問はそれまでの逆質問とは違い、経営に携わる人に直接話を伺える機会なのです。その場に相応しい質問を行わなければ入社への熱意を疑われてしまう恐れがあります。 最終面接の逆質問には、それにふさわしい質問事項があります。「企業の経営方針に関して、最も大事にしていることは何ですか」「今後どのような方向に企業を進めていこうと考えていますか」など、その企業の舵取りを行う人に対する質問として相応しい質問を行うことで、自身の熱意を伝えることが出来ます。事前準備なく逆質問に臨むのは危険です。最終面接の場に相応しい質問を行えるよう、事前に準備をしっかりと行っておきましょう。

最後に

これまで見てきたように、最終面接はあくまで選考の場です。選考である以上、事前準備を怠ると、すぐに足元をすくわれてしまいます。最終面接まで進めたからこそ、そこで落とされてしまうと心理的な影響は大きく、その後の他社の選考にも悪影響が及ぶ危険があります。 合否を分けるのは最終面接に向けた事前準備です。最終面接ではそれまでの面接以上に、「納得感のある志望動機」と「入社への意欲、熱意」が必要とされます。これらをしっかりとアピールするために、上述の3点「最終面接で合格率を上げる方法①、②、③」を押さえ、事前準備を進めましょう!

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ