研究職志望の就活生必見!説明会で質問をするときのポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

説明会では企業の基本的な情報はもちろん、ホームページや会社案内ではわからない、1歩踏み込んだ情報を得られる貴重な機会です。

説明会は目的を持たずに参加するのではなく、積極的に手を挙げて質問をすることでより充実した時間になります。

ここでは、説明会で質問をすることのメリットや、良い質問をするためのポイントを紹介します。避けるべき質問の内容や気をつけたいマナーについても触れるので、万全の態勢を整えて説明会に参加しましょう。

説明会で積極的に質問することのメリットとは?

説明会は企業が自社の情報や特徴について解説し、就活生により深く理解や関心を深めてもらうために設けられる場です。そのため、就活生が情報を発信する時間よりも、企業が就活生に向けて情報を発信する時間が長く取られているケースが一般的です。

就活生ひとりひとりとじっくり話す時間が設けられた面接と異なり、説明会は直接コミュニケーションを取る時間が少ないことが特徴といえます。

就活生が直接企業とコミュニケーションを取る貴重な機会は、「質疑応答」の時間がメインです。説明会はただ解説を聞くだけではなく、積極性や熱意を見せて企業にアピールすることが大切です。

質疑応答の時間に、積極的に手を挙げることで企業に自分の顔を覚えてもらいやすくなります。また、熟考した良い質問をすることで、企業の採用担当者に「この学生は周りとひと味違う」という好印象を与えられるかもしれません。

このように、質問をすることのメリットは多く、他の就活生との差別化を図るために効果的な方法の一つです。

研究職を目指す人が質問しておくと良いこととは?

60_179_2_36030320

研究職は一般職に比べて専門性が高く、現在までに研究してきたことや専攻を活かせる業界への就職を目指す人が多く見られます。

学習した内容や専攻を活かせる企業に就きたい場合は、研究職として入社した後の具体的な仕事内容について質問しておくことがおすすめです。

就職後は長い期間その企業で働くことになる人も多いはず。自分の経験や知識を活かせる仕事内容であるかは、きちんと確認しておくべき重要な項目といえるでしょう。

具体的には「新卒として入社後はどのような仕事を担当しますか?」というように、詳しい仕事内容や1日のスケジュールについて聞くと、入社後のイメージがわきやすくなります。それから、「企業が求めている素質」について質問してみるのも良い方法です。

志望先企業に研究職として求められている能力や素質を質問することで、自己PRや志望動機を組み立てる際に役立つヒントを得られます。

この質問は避けるべき!タブーな質問リスト

気になっていることがある場合は、入社前に質問をしてきちんと疑問を解消しておくことが大切です。しかし、いくら気になっていることがあっても、説明会の場にふさわしくない質問をしてしまうと悪目立ちする原因になるので注意が必要です。

避けるべき質問としては「調べてすぐわかる内容」が挙げられます。

すでに公開されている情報について質問をすると、企業研究が足りないという印象につながります。事前に情報を調べたうえで、わからないことのみ質問するようにしましょう。

次に、「企業にとってマイナスになる質問」も避けたほうが無難です。

例えば、入社3年以内の離職率や残業については、企業が答えにくいと感じることも多い質問です。質問は企業が積極的に説明したくなるような、ポジティブな内容を選びましょう。

周りの就活生と差を付ける!覚えておきたい質問マナー

一挙一動が選考に関与する面接ではなく、説明会といえど企業と直接顔を合わせる場であることに変わりはありません。

企業の採用担当者は、説明会の段階で就活生の一般常識やマナーについて厳しく目を光らせている可能性があります。

特に、質問をする際には企業からの注目が集中するので、マナーを守った振る舞いを心がけることが大切です。質問をする際に気をつけたいのが、「あいさつとお礼」についてです。質問は必ず大学名や氏名を名乗ってから、本題に入ることがマナーです。

また、企業からの回答を聞き終えたら忘れずに感謝の言葉を伝えましょう。あいさつとお礼はビジネスマナーの基本です。就活生のうちから、きちんとビジネスマナーを意識して行動しましょう。

それから、「質問にかける時間」も注意すべきポイントです。内容がまとまっておらずダラダラと長い質問は、貴重な説明会の時間を削ってしまう原因になります。不要な前置きは入れずに、要点をまとめた質問を心がけましょう。

説明会は選考の第一ステップ!積極的な姿勢とマナーを意識しよう

60_180_3_36053553

説明会は就活生と志望先企業とのファーストコンタクトになる場合も多く、個人の印象を左右する重要なイベントです。

説明会はただ企業の説明を聞くだけだと安易に捉えずに、選考における重要なステップだという意識を持って行動することが大切です。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「説明会情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場