人間関係の問題はおさらば!入社後、職場の人間関係を良好にするための必勝法!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

会社に採用されて、いざ入社、そして配属先が決まると、これから長い時間自分が過ごすことになる職場に足を踏み入れることになります。

家族や友人とは違い、職場での人間関係というものは特殊で、慣れるまでは対処が難しく感じてしまう人も多いと言います。特に元々人間関係の構築に苦手意識を持つタイプの人には辛い問題かもしれません。

そこで今回は、職場でのコミュニケーションのとり方について、対象別にまとめましたので紹介します。また、入社前に行うべきことも紹介しておりますので、あなたも入社前から人間関係構築の準備をしておきましょう。

先輩には尊敬を

自分よりも先に入社している人については全て先輩です。もちろん敬語で話し、敬意を表す必要があります。自分が後輩である以上、先輩から教わることばかりですので、それは当然のことです。最初の頃は敬語で話せていても、暫くして緊張が解けてくると、つい失礼なものの言い方をしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、例え酒の席で今日は無礼講だとお許しをいただいたとしても、敬意は決して忘れてはいけません。先輩は優しさからそう言っていますが、それに甘えるべきではないのです。これが友人や部活動・アルバイトなどの先輩との人間関係とは異なるところです。

どんなに嫌いな先輩であっても、常に尊敬の念を持ち続けるようにしましょう。

後輩には親切に

%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%a7%e3%81%ae%e4%ba%ba%e9%96%93%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%af%e9%9b%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

後輩に対しても気を付けるべきです。部活動やアルバイトなどでの後輩には、友人と同じように接しておけば良いと考えている人も多いかもしれません。

自分は先輩なのだから、ある程度敬ってもらえて当然という考えもあるでしょう。しかし、職場においてはそれは通用しません。

前述で先輩の例をご紹介しましたが、やはりなかには尊敬しづらいような先輩もいるのではないでしょうか?

人間ですから好き嫌いもあって当然です。これはそのまま、自分が先輩の立場であっても当てはまるのです。先輩風を吹かせているばかりでは良い後輩には巡り会えないでしょう。自分が経験してきたことをふまえて後輩の気持ちに寄り添いつつ、親身になって相談に乗ったり、さりげなく親切に対応すれば、おのずと後輩はついてくるはずです。

同期とはTPOに注意して

同期にまで注意が必要なの?と驚かれるかもしれませんが、もちろん必要です。これは友人同士の馴れ合いの場ではなく、ビジネスの場なのです。

プライベートな部分で言えば友人同様の関係性でも問題はありませんが、場所をわきまえ、ビジネスの場では相応の対応を取るようにすべきです。

例えば同期と職場での愚痴を言い合うことも大いに結構ですが、絶対にそれを他の人に聞かれてはいけません。同僚や同期同士の馴れ合いのような間違った振る舞いは、その後の周りからの評価に大きく影響を及ぼすからです。

愚痴ばかり言っているような人に仕事を任せたい上司などいないでしょう。そんな噂が社内に出回れば、仕事を貰えなくなってしまうかもしれません。

社会人らしくTPOをわきまえた振る舞いを心掛けましょう。

同性同士には特に気遣いを

%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%a7%e3%81%ae%e4%ba%ba%e9%96%93%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%af%e9%9b%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

先輩であれ後輩であれ、そして時に同期であれ、相手が同性同士なのであれば特に注意が必要です。

男性は女性に優しく、何かあれば守ったり力仕事を進んで引き受けたりすることは難しくないでしょう。また、女性は力が弱い分、何かあれば頼ったり高い位置にあるものを代わりに取ってもらったりすることもあるでしょう。

この場合は男性は頼られ、女性は大事にされる分嬉しく感じるはずです。しかし同性が相手であれば、特に気遣いをすることはない、という人は多いのではないでしょうか。

確かに困っている男性がいても他の男性は特に関心がないかもしれないし、困っている女性のために荷物を代わりに持つ女性は少ないかもしれません。しかしこういう時こそ助け合いが必要なのです。この助け合いが、職場のチームワークに繋がります。

何かと無関心になりがちな同性同士にこそ、特に気遣いを忘れぬようにしましょう。

何はともあれ相手を知ることから

様々な職場での人間関係を紹介してきましたが、何にしても重要なのは相手がどのような人物か知ることです。

どうしても敬語を使われたくないんだという先輩や、構ってほしくない後輩もいるかもしれません。相手がどうしてほしいと考えているかを知り、円滑なコミュニケーションを図るよう努力することが重要なのです。

人間関係を良好にするために入社前から行うべきこと

内定を獲得し、入社の準備をしているとき際にも、あなたが行動することで入社後の人間関係をよくする方法はあります。

同期と積極的に連絡を取り合う

まず紹介するのは、同期入社の人たちと積極的に連絡を取り合うことです。内定式後などであれば直接話したことがある人とは連絡を取り合うことはあると思います。ただ、内定式前など顔も見たことがない人に連絡を取っていいのかと思うかもしれませんがやり方を間違えない限り連絡した方がいいです。

ただ、注意点として、基本的な礼儀礼節は重んじておかなければいけません。

同期だとしても友達みたいに親しいわけではなく、これからビジネスの仲間となる人たちなので、しっかりとマナーを守り連絡を取り合うようにしましょう。今は内定者だけが連絡を取り合うことができるツールなどを導入している企業も増えているので、そちらを活用して積極的に同期に話しかけるようにしましょう。

内定者向けのイベントに積極的に参加する

内定者向けのイベントは、企業が内定者が入社後より働きやすくなることや、今働いている先輩たちに入社してくる皆様を紹介する場になります。なので、企業がせっかく準備してくれたものに参加しない手はありません。また、この場で先輩たちに名前を覚えてもらうことにより、入社後すぐに先輩ともコミュニケーションを取りやすくなります。

新卒採用を実施している企業は基本的に内定者向けのイベントを開始しているため、あなたも積極的に参加するようにし、名前と顔を覚えてもらうようにしましょう。

内定者インターンシップに参加する

内定者向けインターンシップに参加することもより入社後の人間関係構築に役に立ちます。ただ、あなたの内定先がインターンシップを実施していない場合もありますので、こちらは人事に確認してみてください。

コミュニケーションが苦手な人が行うべき行動

コミュニケーションが苦手な人は人間関係を良くすることも苦手だと思います。なので、そんなコミュニケーションが苦手な人向けにどんな行動をすればいいのかを紹介します。

すべての人と仲良くしようとしない

関わる全員と関係を作るのはかなり困難です。なので、すべての人と仲良くなろうとするのではなく、話をしてみて合いそうであったり、ビジネスで関わる人などを選んで関係値を作るようにしましょう。

あなたの感情をしっかりと出して会話をする

コミュニケーションが苦手な人は感情を言葉で表現するのも苦手な場合が多いです。そのため、相手には不愛想に見えたり、何を考えているのかわからないと思われてしまう可能性もあります。

いきなり感情を出すのが難しいようであれば、まずは笑顔から初めることがいいです。笑顔の人に対して嫌な気持ちになる人も少ないと思いますので第一歩として笑顔で話しかけるようにしましょう。

相手の良いところを見つけるようにする

ビジネスでは、嫌でしょうがない人とも関わっていかなければいけません。ただ、どんな人にも良いところはあると思います。悪い部分ばかり見るのではなく、良いところも探すことであなたもかかわりが少し楽になるのではないかと思います。

謝罪や感謝の気持ちを早めに伝える

あなたも体験されているかと思いますが、感謝や謝罪の気持ちを伝えない人と関わるのは嫌な気分になりますよね。なので、何かをしてもらった際にはしっかりと「ありがとう」を、何か悪いことをした際は言い訳をせずにまずは「申し訳ございません」と伝えるようにしましょう。

この感謝と謝罪の意持ちを伝えるのが先延ばしになってしまうと、あなたが言うタイミングも逃してしまうのですぐに言葉を発することを心掛けるようにしましょう。

自慢話は避ける

人の自慢話を聞くほど嫌なものはないですよね。「なに自慢してるんだ」と相手に思われないように自慢話は極論しないようにしましょう。

ただ、やはり自慢を言いたくなると思いますので、親友や家族などしっかりと伝える人を選んでから話すようにしましょう。

表面的に仲良くなると割り切る

あなたは心から親友と呼べる人は何人いますか?そんな人いても1人か2人だと思います。なので、誰に対しても真剣に関わるのではなく、表面的に仲良くなるのも1つの手です。

表面的に仲良くなることは悪だと考える人もいると思うのですが、それは間違いです。私生活にまで干渉するなど相手が求めていないような行動までしてしまうと本末転倒なので、ある一定の距離を保ちながら関係を続けることが大事です。

相談相手を見つける

どれだけ気を付けていても人間関係というものは悪化してしまうことがあります。関係が悪化するだけならまだ大丈夫なのですが、そのあとあなたへの攻撃が増えてくると生きるのも嫌になるほどしんどくなってしまいます。

そんな時に相談できる信頼できる相手を探しておくのもおすすめです。もし近くにいないようであれば労働組合などの機関に相談する方法もあります。本当に耐えられなくなる前にしっかりと相談をするようにしておきましょう。

まとめ

人間関係というものは築くのは大変ですが崩れるのは一瞬です。なので、普段から相手に気を使っていく必要があります。ただ、無理に気を使い心身ともに疲弊してしまっては意味がないので、不必要な関係をきっぱりと断ち切るのも1つの手です。

人間関係を有効にするきっかけを与えてくれるのはあなた自身の少しの勇気になるので、あなたも勇気を出すことを忘れないようにしましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「内定後」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ