就活で髭を生やすのはマナー違反?綺麗に髭を剃る方法と社会人の髭事情

大学生にとって髭を生やしたり髪の毛を染めたりするというのは、ある程度一般的なことです。 アルバイト先などで注意をされることがあったとしても、見た目に対してできることの自由度は非常に高いと言えます。 しかし就活を行う上では、そういった自由にも必然的に制限がかかってしまいます。 例えば、就活で面接を受ける際に髭を生やしているのはどうなのでしょうか。 社会人の中には髭を生やしているビジネスマンも多いですが、必ずしもそれが学生にも当てはまるとは限りません。 今回は就活をする上で役立つ髭に対する知識をご紹介します。

就活生の髭は厳禁

まず結論から言うと、就活において髭を生やすということは厳禁です。 実際に就活を始めていくとわかると思うのですが、周りに髭を生やしている学生というのはおそらく一人もいません。 そういった学生が稀にいたとしても、その学生は就活で良い結果を収めることはできないので、決して真似をしないようにしましょう。 髭と同様に髪の毛を染めたり、過度に襟足が長かったり、耳が隠れたりするような長さの髪型も同様に悪印象を与えてしまいます。 就活では何よりも清潔感というものを意識して、前面に押し出していくことが大切なのです。 髭はしっかりと剃り、髪の毛は短く整え、色も黒くするようにしてください。 次に、どのように髭を剃るのがいいのかということを説明していきます。

髭は朝起きてから剃る

髭を剃るタイミングですが、基本的には朝剃るのが好ましいです。 前日の夜に剃ってしまうと朝方にはまた少し伸びてしまい、昼過ぎ、夕方には青くなっている場合が多いです。 もちろんこれは自分の髭の濃さや体質、伸びる速さにもよって違うのですが、よほど伸びるのが早くなければ朝起きてから剃った髭は、夜になってもそこまで濃くなっているということはないでしょう。 毎日髭を剃るということを大学生活の中を通してやっていたという人は少ないと思います。 しかし、就活が始まったら可能な限り、面接や説明会の予定がなくても毎日朝に髭を剃るという習慣をつけましょう。 始めのうちは肌が敏感に反応するかもしれませんが、ドラッグストアなどでクリームや肌ケア用品などを買って使用すれば、ある程度肌へのダメージを抑えることもできます。

順番に気をつけながらカミソリで剃る

髭を剃る際にはカミソリを使用するのが好ましいです。 理由としては、電気シェーバーよりも綺麗に剃れるというのが一番に挙げられます。 ただ、電気シェーバーに比べて肌へのダメージも大きいので、前後のケアを怠らないようにしましょう。 髭を剃る順番も大切です。口の周りのヒゲというのは比較的硬く、頬の周りの髭は柔らかい、という傾向にあります。 髭剃りクリームを塗ったら、最初に頬の髭から剃るように心がけてください。 その後口の周りのヒゲを剃って、最後に喉元の髭を剃りましょう。 首や喉周りの髭は剃りにくく、忘れてしまう場合もあるので、剃り終わった後は家族などに綺麗に剃れているかを見てもらうと良いでしょう。 また、毛穴を開くために事前にお湯で顔を洗っておくと、剃刀負けを軽減できます。

電気シェーバーを持つ

面接や説明会などの予定がある時には、鞄の中に電気シェーバーを携帯しておくのも良いです。 体質によっては、朝起きてから髭を剃っても夕方になってから伸びてしまっているという場合もありますし、いざ外に出てから剃り残しに気づいたなんていうこともあります。 そんな時でも小型の電気シェーバーを持ち歩いていると、整えることができるので大変便利です。 最近は電気屋だけでなくコンビニでも小さな電気シェーバーを安価で買うことができるので、携帯しておく習慣をつけましょう。

終わりに

電車などに乗っていても、昨今は髭を生やしているサラリーマンの姿が目立ちます。 会社単位でも髭を認めている企業が増えてきており、それを一つの個性やファッションとして容認しているのです。 一昔前であれば営業職に就いている人が髭を生やしているなんてことは言語道断でしたが、今後はまた新たな流れが来るのかもしれません。 それによって就活における髭の扱いも変わってくるかもしれません。 現状では就活を行う際には、髭はしっかりと剃るようにしましょう。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ