就活で香水を使うのはマナー違反?始める前に知りたい香りのエチケット

最近では男女を問わず香水をつける人が増えました。 公共の場に出る上で、「ニオイ」というのは大きな問題であり、エチケットに対して気を遣う男女が増えてきたというのは非常に良いことです。 しかし就活の場において、香水を使うというのはどうなのでしょうか。 例外なくニオイというのは気になる問題ですが、就活には就活のマナーというものがあり、香水をつけていいのかどうかを悩んでいる学生も多いでしょう。 今回は就活を行う上で役立つニオイのエチケットについて紹介していきます。

一般的には香水を付けないのがマナー

結論から言うと、就活の場では香水をつけないのが一般的です。 仮に香水をつけるという場合でも、香り選びは慎重に行なわれ、ニオイの薄いものが選ばれる傾向にあります。 もしも面接や説明会に香水を付けていきたいという場合には、事前によく香水の香りを確かめて、
  • 過度に香りが強くないか
  • 好みが分かれそうな香りではないか
といったことを考えながら選んでください。

内定式や懇親会でも香水は付けない方がいい

面接や説明会だけではなく、内定式や懇親会でも香水をつけないという人が多く、そもそもつけないことがマナーだとする傾向にあるようです。 前述した通り、香りというものは好みが分かれ、あなたの香水を好ましく思う人と不快に感じる人の両方が存在します。 例えば内定者懇親会で、同期からは香水の香りを不快に思われなかったとしても、目上の人から不快に思われてしまうと、極端な話それだけでもイメージが下がってしまいます。 かといって、事前にそういった人たちの好みの香りを調べて研究するということは現実的に不可能なので、香水をつけるということ自体を避けるのが好ましいという流れになったのでしょう。

では何故香水を使うのか。気になるニオイの分類

ではそもそもなぜ香水をつけよう、香水をつけなければならない、という状態に陥っているのかを考えてみた時、いくつか悩みの元になるニオイが存在するということが分かります。 あなたが気にしているニオイが、これから紹介する「ニオイの原因」の中にもある場合は、まず香水選びではなく、そのニオイの根本を断ち切るということを意識してみると良いかもしれません。

タバコ

タバコのニオイに悩んでいる学生は非常に多いです。 最近では「喫煙者だけど煙は苦手」という人も多く見かけるようになり、電子タバコへの切り替えや、ニオイや煙が少ない銘柄に乗り換えている人も増えています。 もちろん禁煙することができればそれが一番なのですが、それが無理な場合には面接や説明会、懇親会の前は喫煙を我慢して、終わった後に吸うようにするなど意識してみましょう。

防虫剤

買ってからしばらく着ていなかったスーツやワイシャツの場合、防虫剤のニオイが染み付いていることがあります。 防虫剤の臭いに対して不快感を感じる人は意外に多いので、注意が必要です。 ですがそこで香水を使ってニオイを消すのではなく、一度クリーニングに出すなどしてニオイを飛ばすなど、別の方法に挑戦しましょう。

体臭

体臭にコンプレックスを抱いて香水を使用するというケースもあります。 しかし、体臭には生活習慣や食生活といった原因が存在することが殆どです。 例えばあなたが野菜をあまり食べず、肉中心の食生活になっているという場合にはそれが原因という可能性もあります。 体臭が気になるという人は、一度そういった部分に関しても見直してみると良いのではないでしょうか。

化粧

意外に化粧というもののニオイは強く、対策に困っているという人も多いです。 ある程度は仕方のないことかもしれませんが、就活の場合はメイクそのものもナチュラルで薄めのものを心がけた方が良いですし、使用する化粧品も可能な限り香りがないものを選びましょう。

周りの人にあなたのニオイをチェックしてもらう

ニオイに対して一番客観的なデータを取れる方法が、第三者に嗅いでもらうという方法です。 化粧や体臭、汗、タバコなどあなたが気にしているニオイの元を、他人がどれほど気にしているのかということを一度調べてみてください。 それに応じて対策を練ってみるのも良いでしょう。 そのニオイの元を断ち切れずに香水などで上から別のニオイをかぶせてしまうと、かえって刺激臭が強くなってしまうこともあり、得策とは言えません。 就活に臨む際には可能な限り、ニオイには注意を払っていきたいですね。日々の生活の中から香りに対して注意するよう心がけると良いでしょう。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ