必ず必須の業界研究!実際にどうすればいいの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活を始めると、必ず一度は耳にする「業界研究」。就活のときの業界研究はどのようにおこなえばよいのでしょうか。 就活という限られた時間のなかで、正しく業界研究できるやり方をお伝えします。

適切な業界研究をおこなって、あなたにマッチした業界を見つけてくださいね!

就活の業界研究とは

就活の業界研究とは

もちろん、すべての業界について詳しく知っておく必要はありませんが、あなたが志望している業界については、詳しく知っておきたいものです。

業界研究を通して、あなたが志望している業界のイメージを再確認したり、思っていたところと違う点があれば、その業界への認識を改めることができたりします。 もし、この段階で別の業界にしたいと思えば、別の業界について調べてみればよいだけです。

業界研究をせずにそのまま突っ走ってしまうと、採用フローにのってしまって後「やっぱりこの業界はあなたに合っていないな…」となってしまうおそれがあります。 あなたに合った業界選びをして、時間をムダに使わないためにも、事前に業界研究をする必要があるというわけです。

また、志望する業界が決まっていないという就活生には、ぜひ最初に業界研究に取り組んでもらいたいものです。 「働きたい」と思える業界を見つけるためにも、それぞれの業界の特色を知ることができる業界研究は有効な手段です。

業界研究をしていくなかで、あなたに合った業界を絞り込んでいきましょう。 このように、業界研究には大きく2つの目的があります。

  1. 志望業界について詳しく知り、イメージを具体化する
  2. 志望する業界を絞る

さて、業界研究の目的についておわかりいただけたと思いますが、実際に業界研究はどのように進めていけばよいのでしょうか。

どんな業界があるのかを調べること

業界研究の最初の一歩は、「どんな業界があるのかを調べること」です。 私たちの暮らしは、さまざまな業界の企業によって支えられていますが、世の中のすべての企業や業界を認識することは難しいです。 業界研究を行うことで、あなたが知らなかった・認識していなかった業界の存在に気がつくことができたり、すでに知っている業界でも新しいイメージをもつことができたりと、世の中の業界全体についての知識を増やすことができます。

どんな業界があるのか、幅広く情報を集めましょう。 たとえば、目に見える製品ができるという魅力のあるモノづくりの「メーカー」を志望していたとします。 しかし、ひとことで「メーカー」といっても、素材をつくるメーカー、機械メーカー、自動車メーカー、食品メーカー、化粧品メーカー、…というように、さまざまな業界の会社があります。 業界研究ができていれば、どの業界のメーカーがあなたに合っているかがわかっているため、ムダに時間と労力を使わずにすみます。

一方、業界研究をしていないと、「メーカー」ということばだけで判断してしまうこともあり、「志望動機が思いつかない」「選考中だけどあなたに合っていない気がする」などといった悩みが出てしまい、時間も労力もかかってしまいがち。

また、無事に内定が出ても、あなたに合っていなければ長く働くことはできません。 つまり、あなたがやりがいを感じながら楽しく働くことができる会社・業界選びをするためにも、業界研究が必要というわけですね。

したがって、「あなたのやりがいとは何か」という点についても自己分析をしておくと業界研究がスムーズに進むでしょう。

業界研究でチェックすべきポイント

では、業界研究でチェックすべきポイントには何があるのでしょうか? 業界研究で重要なのは、「仕事内容を研究すること」と「業界構造を分析すること」の2つです。

仕事内容の研究は、入社してから「イメージと違っていた」「やりたいことができない」と後悔しないためにも大切なポイントです。 それぞれの業界ではどのような仕事があるのか、業界研究のときにしっかりおさえることができていれば、ミスマッチを防ぐことができます。

仕事内容の研究を進めていくと、あなたのやりたい仕事やあなたにマッチした仕事がどういうものか、だんだんとはっきりしてくると思います。 そこで、あなたにマッチした仕事ができる業界の構造を調べてみましょう。

業界がどのような構造になっていて、どのようにして利益を得ているのか、その業界のリスクは何なのかなど、分析してみましょう。 業界構造を分析することで、その業界の成長性や安定性を知ることもできます。

業界研究のやり方とポイント

Untitled design (9)

業界研究の情報源・1:業界地図や就職四季報

さまざまな出版社から発行されている「業界地図」は、多種多様な業界が網羅されています。 それぞれの企業の業界内での立ち位置や成長性を確認するときや、シェア率を知りたいときにオススメの本です。

「就職四季報」は、東洋経済新報社が発行している企業情報誌です。 5,000社以上の企業の客観的な情報が業界別に掲載されているため、同じ業界内での企業比較にも適しています。 数多くの企業情報を網羅している「総合版」のほかに、働く女性向けの「女性版」、隠れた優良企業を探したい人向けの「優良・中堅企業版」といった特化型の就職四季報も発行されています。

業界研究の情報源・2:日経新聞

日経新聞(日本経済新聞)は、経済関係の情報に特化した新聞です。 各業界の最新情報や業績の推移、株価などから、世界の経済の動き・日本の経済の動き・企業の動向などが毎日細かく掲載されているので、日経新聞を読むだけで、企業の動きをリアルタイムで把握することができ、自然と最先端の業界研究ができるのです。

「業界地図」や「就職四季報」、「日経新聞」などといったツールを使い、各業界のざっくりとした概略をつかみます。 それぞれの業界についての概要を把握できたら、業界どうしを比べてみて、興味がある業界ややりがいを感じることができそうな業界を洗い出してみましょう。

志望業界を絞ることができたら、その業界にどのような職種があるのか具体的に見ていきます。 たとえば、メーカーの場合には「研究開発」「営業」「マーケティング」「製造管理」「顧客サポート」などといった職種があります。 このように、どのような職種があるかを調べることで、あなたが興味をもった職種を絞っていきます。

このとき、業界研究の際に考えたこと(その業界や職種に興味をもった理由など)をはっきりと言語化しておくと、志望理由を考える際に楽になります。 考えたことをノートなどにメモしておくなど、記録に残しておきましょう。

また、最初から志望する業界がだいたい決まっている場合でも、ほかの業界も参考程度でよいので見ておきましょう。 会社はその業界だけでなく、ほかの業界ともつながりがあることが多々あります。

入社後にほかの業界の知識が必要になることもあるので、志望業界以外も簡単にチェックしておくとよいですね。

業界研究の次は企業研究

業界研究の次は企業研究

あなたに合った企業を探すためにも、次のポイントに注目して、企業どうしを比較してみましょう。 【企業を比較する際のポイント】

  • 企業規模
  • 企業理念
  • 社風
  • 企業の現状
  • 企業が抱えている課題
  • 各企業の展望

企業規模や企業理念は、各企業のwebページや採用情報を見ればわかりますが、社風や企業の現状・課題・展望などはより積極的な情報収集が必要になります。 たとえば、社風はその企業に在籍している人でないと、なかなか感じることができません。

社風を知るためにもっとも有効なのはOB訪問。 実際にその企業で働いている人の話を聞いてみることで、会社の雰囲気をつかむことができます。 また、会社説明会など、その会社の人と実際に話すことができる場を利用してもよいでしょう。

その会社の現状や抱えている問題、今後の展望なども実際に話を聞くことで理解しやすくなりますし、わからないところはその場で質問することもできます。 お伝えしてきたように業界研究や企業研究を進めると、志望する業界や企業を絞ることができるのと同時に、就活をする上での軸ができます。 この軸がしっかりしている人ほど、就活は成功しやすくなります。

つまり、業界研究や企業研究をしっかりおこない、あなたに合った業界や企業を見つけることができれば、ブレない就活ができるのです。

まとめ

就活における業界研究がいかに重要か、おわかりいただけたでしょうか。 業界研究は、あなたの軸に基づいた就活をするための最初の一歩です。 後悔しない就活をして、やりがいのある仕事に就けるようにするために、しっかり業界研究してから就活に臨んでくださいね!

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ