就活に有利なTOEIC点数って?

現在の就活において、決して無視して通ることができない英語。 とくに、英語力を評価する基準として用いられることが多いTOEICは、就活中にスコアを聞かれることも多々あります。

この記事では、一般的な企業やトップ企業で求められる英語力を、TOEICを中心にチェックします。 就活をする上で、どれくらいのスコアをとれば有利になるのか確認していきましょう!

TOEICスコアがあると就活に有利?

TOEICスコアがあると就職に有利?

「外国の企業とかかわる部署や職種を希望しているわけではないから、英語力は高くなくてもよい」と思っている人もいるかもしれません。 しかし、グローバル化が進む現代では、外国の企業とチームを組んで仕事をするといったことは、どんな部署でもどんな職種でも大いにあり得ることです。 したがって、一般社員にもある程度の英語力が求められるのです。

また日本の市場規模は、少子高齢化の影響を受けて、これから大きな成長を期待することは難しくなっています。 そのため、日本の企業は海外の市場へと進出していかなければなりません。 したがって、今後の日本企業のグローバル化は加速していくことが考えられます。

つまり、就活生は英語のスキルを身につけることから逃れることはできないのです。

また、身につけるべきなのは英語力だけではありません。 英語の習得を通じて、グローバルな考え方もできるようにならなければ、真のグローバル人材にはなれません。 現在の日本には、このような真のグローバル人材が少ないのです。

英語力とグローバルな考え方の両方をもった人材は、どの企業ものどから手が出るほど欲しい人材なのです。 TOEICではかることができるのは、英語力だけではありません。 グローバル社会への心構えができているかどうか、グローバル社会への対応力があるか、といったグローバル社会への意識の高さも見ることができます。

さらに目標を立てて努力を継続し、実行できるという仕事をする上で重要な能力もチェックすることができます。 このように、TOEICのスコアは、就活生にとって必ずプラスになるものなのです。

一般企業で求められるTOEICスコア

一般企業で求められるTOEICスコア

TOEICのスコアをもっていれば、「私はこのくらいの英語力があります」というアピールになります。 とくに、企業が新入社員に求めるレベル以上のスコアをもっていれば、それは大きなアドバンテージになります。

反対に、企業から求められるレベルのTOEICスコアをもっていなかったり、そもそもTOEICを受けていなかったりした場合、書類選考の段階で英語力を確認することができないため、落とされてしまうこともあります。

また、TOEICのスコアは足切りにも利用されることがあるので、TOEICを受けていない・スコアが低いという人は注意が必要です。

トップ企業で求められるTOEICスコア

トップ企業で求められるTOEICスコア

しかしTOEICのスコアが高いのみでは、トップ企業の内定は得られません。

先ほどの楽天株式会社の例でいうと、社内公用語が英語のため英語を話すことができなければならないのです。 TOEICはリーディングとリスニングのテストですので、TOEICのスコアだけでは、トップ企業が求める英語力があるとは判断できないですね。 そのため、トップ企業では、志望者の英語力をチェックするため、TOEIC以外にも英語力を見る試験を課すことがあります。

独自の英語のテストをおこなうところもありますし、事前連絡なく面接が英語になるということもあります。 したがって、トップ企業を受ける人はTOEICのスコアを伸ばすというよりも、総合的な英語力を伸ばすことが重要です。

もちろん、TOEICのスコアは英語力を客観的に表す指標になるので、受けておいて損はありません。

まとめ

TOEICのスコアは、すべての就活生にとって必ずプラスになるものです。 TOEICはほぼ毎月実施されています。

選考までに志望企業が求めるTOEICスコアをとることができるよう、計画的に勉強して試験に臨みましょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ