OB訪問が就活の成功の鍵。就活生なら絶対にしておくべき質問は?

就活をしていく中で、OB訪問をする機会が出てくるかもしれません。

企業研究や業界研究をする上で、その企業で実際に勤めているOBの話を聞くというのは非常に有益なことです。

しかし、いざOB訪問をしてみると、何を見れば良いのか、何を質問すれば良いのかということが分からなくなってしまう場合があります。

そうならないためにも、OB訪問をした際にするべき質問リストは事前に作っておくべきです。

そこで今回は、企業のOB訪問をしたら絶対に聞いておくべき質問項目をまとめました。

OB訪問の質問を考える前に、OB訪問で何が得たいのかを考えよう

就活をする学生で志望する企業にどうしても入社をしたい場合には、その会社で働いているOBを直接的に訪問を行い、さまざまな話を聞いてみることがポイントになります。

OBには自分の大学の卒業生であることに間違いなく、部やサークルの先輩であることもあり、親しみを感じる存在です。

企業も優秀な人材を集めるために、OB訪問を奨励していることもあり、もし学生が訪問されたら業務に差支えのない範囲内で応対するようにしています。

ただ実際には限られた大手の企業の場合で、一般的な企業の場合はOBの親切心や個人的な判断で受け付けるケースが多いです。

つまりOBも業務に忙しいケースが多く、就活生の訪問を快く思わない場合も存在するので注意が必要になります。

ただ運よくOB訪問を受け付けてくださる場合には、前もって会ったときに質問しておきたいことをいくつかまとめておくことは重要になります。

それを必要とする理由には、業務を割いた限られた時間になるはずでダラダラと質問するのは適切でないからです。

しかも訪問の場合は、仲間と訪問する場合も多いので持ち回りでどういった質問をするかを、あらかじめ検討しておくとよいでしょう。

聞くべき質問に関しては4つで職場環境と人間関係、それとOBの入社を決めた理由、仕事内容に集約されます。

実際に自分がその企業で働いたことを想定してみるとよく、仕事を続けられない原因には職場環境が合わない理由がある場合や人間関係などの面が存在するからです。

一番の避けたいことはせっかく入社したのに、すぐに辞めることになってしまうことで、それは自分の経歴に傷を付けてしまうことにつながります。

OBは企業で実際に働いているため、当然に重要な情報を与えてくれるはずで、それは就活でも大きく利用することができます。

もっとも、OBが社内でも権限を握る役職者や期待のホープ的な存在であれば、ある程度、後輩を優先して採用してくれるように人事担当者に働きかけてくれることを期待することが可能です。

そのため試験や面接などでも多少の至らない点があったとしても、人脈から見事にその企業からの内定を勝ち取る成功への近道であることはいうまでもありません。

企業の採用の側面では実力主義を原則にしていますが、それでも縁故や人脈を大事にする文化が根強く残っています。

OBも母校以外の他大学の新卒者が入社するよりは、自分と同じ大学の後輩が入社したほうが同じ学風を知っていて、話の話題にできてよいとする傾向もあり、親しみが感じられることを大事にしてくれることもあります。

OB訪問でするべき質問:職場編

OB訪問をする上で絶対に外すことができないのは職場に関する質問です。

普段仕事をしている時の空気感や職場の人間関係といった部分について質問をしてみましょう。

もちろん人間関係が悪い職場でも正直に「職場の人間関係はギスギスしています」とは言いません。

しかし、回答者の口調などからある程度の雰囲気や人間関係を推察することはできます。

また一方で、相手も答えを用意している質問でもあるので、ある種形式的な質問とも言えます。

OB訪問でするべき質問:仕事編

その会社に入ってからどのような結果を出して褒められたのか。

或いはどのような失敗をして、その時どんな風に怒られたのか、という質問はしておいた方が良いでしょう。

一緒にされる質問として、職場で新卒や3年目の社員がどれだけの裁量を与えられるのか、というものがあります。

裁量が大きければ当然成功や失敗の幅も増えることになり、一方で仕事に対してやりがいを見出だせることも多いです。

また、裁量に応じて覚えなければいけない仕事や知識の幅も広がってくるので、その職場の難易度も変わってきます。

そしてそれだけの裁量を持って実際に働いている若手社員の成功、失敗の規模というのは職場を知る上では絶対に外せない質問です。

そしてどちらかと言うと大事なのは失敗に関する質問です。

失敗した際の上司の反応や、その失敗を最終的にどのように乗り越えたのかというのも聞くべきポイントで、そこが分かると社風や職場の雰囲気も見えてきます。

OB訪問でするべき質問:人間関係編

実際企業で働くことになると、余程教育に力を入れていない会社でなければ研修期間が存在し、基礎的な仕事の流れを教えてくれる先輩社員という存在がいます。

そしてそれはOBの社員にも当然存在するわけですから、先輩社員についての話は聞いておくべきでしょう。

具体的には、入社後の指導方法や、疑問点にぶつかった際のアドバイス、人間関係といった部分が大事になってきます。

そして社内以外でも交流があるのかどうか、というのも聞いてみましょう。

社内以外では関わりがないビジネスライクな関係なのか、休日は一緒にご飯に行ったり趣味を楽しんだりする仲なのか、というので職場の人間関係が見えてきます。

また、自分が社会人になってから、社内の人と職場以外でも関わりを持ちたいのかどうかがはっきりしている場合にも、この質問は有効です。

休みの日はゆっくりと過ごしたい、という人には「毎週休みの日は先輩と飲みに行っていますよ」という会社は合わないでしょう。

OBがその会社に入社を決めた理由

質問相手の社員が、どうしてその企業を選んだのか、というのは外すことのできない質問です。

就活に苦戦して志望理由もなく入ったという人もいれば、企業理念へ共感した、会社規模、待遇などに惹かれたなど動機は様々です。

可能であれば、志望理由と実際に入社してからのギャップについて聞いてみてください。

数年後の夢や目標といった部分についても聞けると、その会社が人としての成長を見込める企業なのか、楽しく働けるのかという部分も漠然とですが見えてきます。

志望した当初と実際の社会人生活に大きなギャップがある場合には、大きな目標や夢を抱くことは困難ですが、様々なことに挑戦できる会社や、やりたいことのできている会社であれば先輩社員から前向きな話を引き出すことができるでしょう。

終わりに:OB訪問でするべき質問

OB訪問での質問にはこれといった正解はありません。

上記の点は所謂「よくある質問」の例で、実際にはその業界や企業の特色によって、様々な疑問が生まれてくるはずです。

あまり型にはまるのではなく、純粋に知りたいと思ったことを聞いてみてください。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ