説明会は早期参加が決め手。気になるその内容と注意点は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動を行う上で必ずと言ってもいいほど参加することになるのが、企業の説明会です。 選考や面接の場では「弊社の説明会には参加されましたか?」なんて聞かれることもあります。 志望する企業が開催している説明会には絶対に参加しておきたいところですが、最近はかなり早い段階で開いている企業もあるそうです。 当然早期の説明会に参加していた方が、企業からの印象も良いのですが、気になるのはその内容です。 今回は早期に開催される企業の説明会で話されている内容をご紹介します。 これから企業説明会に参加する学生は、是非ご覧ください。

説明会の種類

そもそも企業説明会と言っても、その種類は大きく分けると2つに分類することができます。 それぞれ「ステージ制」と「イベント制」という風に名前があるのですが、実際に説明会に参加した時、自分がどちらの説明会に参加したのかをしっかりと分析してみてください。
  • ステージ制 ステージ制は、複数回行われる説明会の内容が、それぞれ異なる説明会です。 つまり最低でも2回は参加しないと、その企業の説明会がステージ制の説明会であったということには気付けない、ということになります。 そして全ての説明会、あるいはうちいくつかの説明会に参加した学生のみ、他の学生とは違う、特別な説明会、しょせん「裏説明会」と呼ばれるものに招待されるのです。
  • イベント制 次にイベント制の説明会ですが、こちらはステージ制とは違って、特定の一回のみ行われる説明会です。 この一回に参加した学生のみが、前述したような「裏選考」に進む招待を受けられます。
  • 裏選考に進む流れ

    裏選考に招待される、進むことができるという風に書きましたが、具体的にはステージ制説明会の節目、あるいはイベント制説明会の終わりに企業からオファーを受けるケースが一般的です。 会場で直接言われることもありますが、後日メールや電話など、別の手段で告げられることもあります。 このような方式を採用している企業は往々にして規模が大きいという傾向にあるので、自分が志望する企業の規模感などから事前に予測してみても良いでしょう。 逆に言えば、大手企業では説明会への参加はある程度の前提、必須条件ということにもなります。

    アンケート記入を通しての選考

    次に説明会の内容ですが、多くの企業ではその企業の特色、主力商品、業務内容などを人事担当者や前年度の入社した社員が説明します。 その後質問の時間を設けて、最後にアンケート記入などをして終了となります。 何気なく書いてしまうこのアンケートなのですが、実はこれも非常に大きな判断材料なのです。 早期に開催される説明会などでは「弊社が何社目の説明会ですか?」なんていうものや、「志望理由はどのようなものですか?」というかなり直球なものもあります。 名前の記入を求められるものも多いので、適当に書くのではなく、早い段階でアピールできるチャンスと考えて、できるだけ丁寧に記入するようにしましょう。

    ネームプレートを付けての選考

    説明会の中にはネームプレートを付けて参加するものもあります。ステージ制、イベント制、どちらの説明会でもあるパターンですが、この場合は説明会と選考を兼ねている場合が多いです。 顔や名前は当然のこと、説明会での積極性や態度などもきっちりと見られています。 ここもアンケート同様、チャンスに変えられる振る舞いができるようにしましょう。 監視されている、値踏みされていると怖気付くのではなく「私は企業にとって有益な人材である」ということを知らせるステージだと考えてください。 同じ企業の説明会に複数回参加するのであれば、何度も強く印象を残すこともできます。

    質問を通しての選考

    企業説明会の中では大抵の場合、質問をする時間を設けています。 当然これも企業への興味や学生の着眼点、興味を観察する立派な選考です。 ただ積極的に質問をぶつけるのではなく、意味のある、倫理的な質問をするように心がけましょう。 既に誰かが聞いたこと、担当者が話したことを改めて聞いてしまうのはかえってマイナスの印象を与えてしまいます。 質問はある程度その場で考えなければいけないのですが、事前に企業HPを見たり、企業研究をしたりすることで良い質問をパターン的に考えることができます。 その場その場で慌てるのではなく、事前に準備して参加し、聞いた話のメモをしっかりと取る癖を付けましょう。

    まとめ

  • 説明会にはステージ制とイベント制がある
  • 裏選考に招待されると有利に就活を進めることができる
  • 説明会には極力参加する
  • アンケートで気を抜かない
  • ネームプレートなどを渡された場合、見られている意識を持つ
  • 見られている時はピンチではなく、アピールチャンス
  • 的確な質問は企業側に好印象
  • 事前の準備を怠らない
  • 企業説明会で就活を有利に!
    あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

    就活市場エージェント限定!
    特別選考ルート、選考パス多数​

    RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    広告掲載をご検討の企業さまへ