【Fラン大学生必見】今すぐ実践できる!Fランでも就活で成功する方法を徹底解説!

はじめに

大学の就活生が考えることとして、就職先はあるのかどうかということがあります。

特に大手企業の選考の場合は、学歴フィルターで落とされてしまうなど様々な面で不安を覚える学生も多いと思います。

しかし、近年では大学名を選考に考慮しない企業が増えてきていることは事実です。

Fランでも就活で成功する方法を詳しく解説していきます!

大手企業を志望しても大丈夫?

Fラン就活生が大手企業を志望してはいけないと考える人もいるとは思います。

学歴フィルターによって面接すらできないなどといった情報も世の中に飛び交っているので、

Fラン就活生は大手企業を志望してはいけないと考えてしまう風潮があります。

しかし、今日では学歴をあまり重視しない選考方法を採用している企業が数多く存在してきています。

そのため、「志望してはいけない」と考えるのではなく、本当に行きたい企業であればエントリーしてみることが大事です。

もし、学歴フィルターで落とされてしまった場合は、

その企業は「人」ではなく「肩書き」だけで見ている企業であり、縁がなかったと諦めましょう。

Fラン大学は就活で不利になる?

結論から言うと、就活では基本的に学歴で不利になることはありません。

しかしながら、現在の日本では「学歴フィルター」という選考基準が存在しているのも事実です。

企業によっては、学生の最終学歴を選考の判断基準に入れている場合もあるため、注意が必要です。

学歴フィルターとは

そもそも学歴フィルターとは一体何なのでしょうか?

学歴フィルターとは、企業が新卒採用の際に学生を大学名でふるいにかける傾向のことを指します。

主な基準としては、「早慶上智」「GMARCH」「日東駒専」「関関同立」などが多く、

企業によってはこれらの大学より下のレベルの学生を書類選考の段階で不採用としているケースもあるようです。

実際に学歴フィルターを選考材料にしているかどうかは企業側は公表していないため不透明ではありますが、

毎年膨大な数の学生の選考をしなければならない大手企業や外資系企業は、

採用コストを下げるためにエントリーシートの段階で大学名を見て識別していると言われています。

Fラン大学でも就活で成功する法則

では、知名度の低いFラン大学から優良企業に就職することは不可能なのでしょうか?

結論、Fラン大学からでも優良企業に内定をもらうことはできます!

ここからは、Fラン大学でも就活で不利にならずに成功するための4つの方法を伝授していきます!

何かに積極的に打ち込む

1つ目は、何かに積極的に打ち込むことです。

大学時代は、とにかく自由な時間が多いですよね。

拘束がない分、自分自身の生活を充実させるためには、主体的に行動していかなければなりません。

だからこそ、大学時代に何をしてきたかは就活で自分をアピールできる大きなポイントになります。

アルバイトやサークル、ゼミ活動、留学、ボランティア活動など、

どんなことでもいいのでがむしゃらに打ち込めるものを作っておくと就活での強みになります。

資格を取っておく

2つ目は、資格を取得しておくことです。

エントリーシートには、保有資格を記入する項目があります。

資格がないことで特に就活で不利になるわけではありませんが、

資格を持っていることで即戦力として見られやすく、

企業側に好印象を与えることができ、他の学生と差をつけることができます。

TOEICや簿記、公認会計士、ITパスポートなど、

自分の志望業界と合わせて有利になりそうな資格を時間があるうちに取得しておくといいでしょう。

早めに就活の情報を集めておく

3つ目は、就活の情報収集を早めにしておくことです。

大学時代は楽しさのあまりあっという間に時間が過ぎていきます。

就活をまだまだ先のことだと思いつい後回しにしてしまうと、後から後悔することになってしまいます。

最低でも3年生になるタイミングで就活を見据えた行動を意識していきましょう。

長期休みを利用したインターンに参加し、就活へのモチベーションを上げてみるのもいいでしょう。

IT業界を志望する

IT業界はエンジニアやプログラマーとして顧客先に常駐して働く場合が多いため、

学歴よりもコミュニケーション能力を重視している傾向があります。

IT業界は将来性があり、

もちろんパソコンに強いかどうか、プログラミングスキルがあるかどうかは重要ですが、

今日では未経験でも歓迎しているIT企業が数多く存在するため、Fラン大学からでも就職できる見込みは高いです。

就活エージェントを使う

Fラン大学で就活に不安を感じている人は、

就活エージェントを活用してみるのも1つの手段です。

エージェントを活用することで、

自己分析と志望業界にピンポイントでマッチした企業先を紹介してもらえるだけでなく、

ES添削や面接対策など、全面的にサポートしてもらえるため就活が効率的に進められます。

また、Fラン大学の学生でも積極的に採用活動をしているけど、

あまり見つけられないような優良企業と効率よくマッチングできることで、早期内定が実現しやすくなります。

自分の力で就活を進めることに自信がない方は、エージェントの活用も検討してみましょう。

おすすめの就活サービス

ではここで、おすすめの就活エージェントをいくつかご紹介していきます。

就活エージェントとは、

新卒の学生が企業に内定をもらえるようにサポートをしてくれるサービスです。

通常の就活ナビサイトとは異なり、

自己分析や志望業界に基づいた企業紹介、ES添削、面接のアドバイスまで、全面的にサポートしてくれるので、

内定への近道になります。

就活市場エージェント

即日内定が可能な就活イベントの開催や、

専任のエージェントによるマンツーマンでの面接対策やES対策などをしてもらえ、

就活生一人一人に対するサポートがとにかく手厚いのが特徴です。

学生一人一人の志望業界や条件などを親身にヒアリングした上で、

それぞれにあった企業だけを厳選して紹介しています。

 

DiG UP CAREER

「書類選考なしで人柄を見ている企業と出会いたい!」「自分がどんな企業から求められるのか知りたい!」

そんな方にはDiG UP CAREERがおすすめです。

自己分析から面談後のフィードバックまで、幅広くサポートしてくれます。

Offer Box

今話題の逆求人サイト。

スカウト型サービスとも言われており、企業がサイトに登録された学生のプロフィールを見て、

興味を持った学生に対してオファーを送ることができます。

自分の知らなかった企業や業界を知ることができ、視野を広げることができます。

CHEER CAREER

就活指導のプロがキャリアカウンセリングをしてくれます。

非公開求人や限定新卒求人を多数保有しています。

中でもベンチャーや成長中企業に強みを持っているので、ベンチャー企業を志望している方にはおすすめです。

学歴を重視しない優良企業

では、実際に選考に学歴フィルターがない企業はあるのでしょうか?

ここでは学歴フィルターを採していない大手有名企業をいくつか紹介します。

富士ソフト

組み込み系ソフトに強いソフトウェア開発会社。

1970年創業以来、国内有数の独立系SI企業としてソフトウェアの受託開発を中心に事業を展開しています。

2010年5月に創立40周年を迎え、今後さらなる拡大が期待されています。

フジテック

エレベーターやエスカレーターなどを扱ってる昇降機メーカー。

独自のサービスと高い技術力を、適正価格で提供していることが強です。

また近年では温室効果ガス排出削減につながる省エネエアコンの提供など、持続可能な社会のための活動にも力を入れています。

積水ハウス

戸建住宅に強い大手ハウスメーカー。

戸建て受託事業をはじめとした、「住」に特化した事業活動をしています。

賃貸住宅やマンションをはじめ、街づくりや都市開発、国際事業など、幅広い分野から住環境に貢献しています。

伊藤園

最大手飲料メーカー。

日本の伝統飲料「緑茶」を主軸商品として扱い、国内緑茶飲料市場でNo.1を占めています。

商品開発コンセプトとして、

「自然、健康、安全、良いデザイン、おいしい」を掲げ、

伊藤園の代表的飲料お~いお茶は今日では30カ国以上の国で販売されています。

企業選びは学歴関係なくあなたがどうなりたいかによって決めるほうが良いです!

見るべきポイントを抑えることでFラン大学も就活を成功させることができます。

それどころか、学歴が高い人よりも成長することができます。

そのためにも、まずはあなた自身どうなりたいかと向き合いながら、

ポイントを抑えた企業を選びをしていただければと思います。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ