マインドマップの作り方

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
マインドマップは効率の良い自己分析方法です。しかし、どのように行えばよいのでしょう?それを説明します。

マインドマップとは?

Guru_Mindmap 自己分析をしていると、自分の考えが複雑化して整理できなくなってしまうこと、ありませんか?自己分析は、方法を誤ってしまうと本当の自分が見えにくくなってしまいます。では、正しい自己分析の方法とは何なのでしょうか。その1つが、「マインドマップ」です。「マインドマップ」とは、思考を整理するためのツールと呼ばれています。就活のみならず、コミュニケーション術を身につける、記憶力を高める、企画発想力をつけるなど多様な目的で利用されています。コンサルタント企業や外資系企業などでも実際に使われており、アイディアを整理するため非常に有用な手段であることが分かります。

なぜ就活でマインドマップなの?

「マインドマップ」は、思考が整理される、自分の意見をスムーズに相手に伝えられるようになる、発想力が高まる、物事を深く考えることができるなど、挙げればきりがないほどにメリットがあります。これらは就活のES、面接どちらにも役立つため、マインドマップは、効率の良い自己分析方法なのです。

マインドマップのやり方

では、どのように行えばよいのでしょうか。やり方を説明する前に、まずは「マインドマップ」をつくるうえでのルールを3点説明します。 1つめは、真っ白な紙を使うこと。 2つめは、紙は横長で使うこと。 3つめは、真ん中から書き始めることです。 では、やり方を紹介します。
  1. 用紙の中心に主題を書く 主題は何でも構いません。まずは「私」としても良いでしょう。好きなこと、嫌いなこと、得意なことなど何でも良いので、ひたすら書き出してみましょう。その後、テーマを絞って、より細かくマインドマップを作ってみましょう。細かいマインドマップこそ、就活には役立ちます。細かいテーマとして、例えば「大学生活」、あるいはもう少し枠を狭めて「留学」、「部活」、「インターン」など何でも構いません。
  2. 主題から枝をのばしていく 主題を決めて書いたら、次に枝を増やしていきます。例えば「大学生活」という主題にしたとします。そこから、大学生活で自分が一生懸命取り組んだこと、はまったことなど、幅広く書いていきましょう。
  3. さらに枝を伸ばす&繋ぐ 2で伸ばした枝からさらに伸ばしていきましょう。例えば、「サークル」からは、どのようなことが次に書けるでしょう。なぜそのサークルに入ろうと思ったのか?そのサークルでは何を得たのか?どのような役割を担ったのか?など、「なぜ・どうして」を追求していくと、書きやすいです。だんだん紙が埋まってくると、繋がるも項目も出てくるとおもいます。例えばサークルを始めた理由が「友達を作りたかったから」、バイトを始めた理由が「学校外のコミュニティを知りたかったから」だったとします。この二つは「コミュニケーション能力を高めることにつながった」と捉えることができます。このように、繋いだり、囲ったり、してみましょう。

最後に

これらの作業をしていくうちに、自分がどのような人生を歩んできたのか、どのようなことに関心を持っているのか、何を大切にいきているのかが視覚的に分かります。このマップを言語化して、自己PRや志望理由に活かすことで、説得力のある文章を書くことができます。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!