秋冬のこの時期を見逃すな!1dayインターンシップに参加するべき3つの理由

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

1dayインターンシップは秋冬に開催が多い

就活に向けて早めに動き出した就活生の中には、夏休みに長期インターンシップへ参加した人も多いのでは?秋冬と就活本番へ近づくにつれてどの企業も1dayインターンシップの開催が多くなります。 大学生にとって冬休みは夏休みと比べて短期間になりますし、1、2月は授業やテストで忙しいため就活に手が回らないという就活生もいるはずです。そんな就活生のために、今回は1dayインターンシップについて紹介します。

選考なしで即日参加出来る

夏期の長期インターンシップには選考が必須なものが多い傾向にあります。もちろん企業側も1、2週間ほどの長い期間、労力をかけて面倒をみることになりますのである程度ふるいにかけて就活生に受けてもらいたいと思うでしょう。 その反面、1dayインターンシップの目的として「多くの学生に会社のことについて知ってほしい」というコンセプトで行う企業が多いです。その場合は選考にかける時間よりも「大勢の学生に気軽に参加してほしい」と思っているため、選考なく参加出来るのです。 就職サイトで検索すると多くの企業の1dayインターンシップがあることに気がつくはずです。大勢の募集を受け付けているため、前日の申し込みでも受け付けている企業もあるくらいです。受けたい業界・企業が定まっているのであれば、業種や職種の条件を絞って探すのもいいかもしれません。

正しい企業理解

みなさんは企業研究、取り組めていますか?またどんな方法を使って企業研究を進めていますか?企業やインターンシップの種類によって所要時間や内容は様々ですが、1日中もしくは数時間1つの企業に触れていれば十分な企業研究が出来ます。 ニュースや資料などの媒体を使って情報を取得することももちろん大切ですが、実際に自らの見聞で得たものは記憶にも残りますし、独自で調べるよりも理解の誤差を生みにくいのです。 また、本番の選考では面接を行う相手は企業です。インターンシップでは「就活生に知っておいて欲しい情報」を提供してくるでしょう。筆者もどのくらい調べれば良いのかわからず、深く調べすぎて大切な就活中の時間を無駄にしたことがありました。「直接」足を運び、「有効」な情報を取得し使っていきましょう。

本番での待遇あり?!

ここでは就活における待遇を「早期選考の案内」「一次面接の免除」など別の優遇ルートを設けられることと定義します。長期インターンシップに比べて選考で良い待遇を受けられる1dayインターンシップは少なめですが、なかには良い待遇を受けられる機会もあります。 筆者の周りにも、1dayインターンシップを受けた人のみに案内される早期選考に受かり、早くから内々定を持つことでその後の就活もスムーズに行えた友人がいました。 人気企業のなかには、1dayインターンシップでさえも選考や抽選が行われるところがあります。先輩や周りに受けた友人などから情報を取得し、良い待遇が受けられるインターンシップを探して受けるのも賢いやり方です。

最後に

1dayインターンシップは、とりあえずはじめて参加しようと思っている人や幅広い業界・企業を受けようと思っている人にかなりオススメしたいです。気軽に受けられますし、興味がなかったとしても1日で終わります。ぜひ1dayインターンシップに参加して様々な業界・企業・職種を知り本番の選考に役立てて下さい。
就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント