就活中に面接日程がかぶることも!メールで連絡するときの注意点!

就活を始めると、限られた期間内で複数の会社に応募することが考えられます。選考が進むにつれて会社から面接の連絡が入りますが、学校や仕事で自分の都合がつかなかったり、他の会社の面接の日程とかぶってしまったりします。そのため、ときには面接の日時の変更を会社にお願いしなければならないことがあります。できれば会社に対して失礼のないように連絡したいものです。ここでは、メールで連絡するときに注意しておきたいポイントについて紹介します。

面接日を変更するとき、理由はどう書けばいい?

面接の日程を変更するときに、理由はどのように伝えればよいか迷うこともあるでしょう。理由はいろいろありますが、在学中や在職中のときにはどうしても面接に行けないことがあります。その際には「以前から予定していた出張や商談の予定がある」「大学の試験がある」などの理由であれば、その旨を正直に伝えても問題ないでしょう。一方で、他社の面接とかぶるときには「あいにくその日は都合がつかない」と伝えるようにするとよいです。曖昧な理由で面接の日程変更をお願いして、会社から理由を聞かれたらどうしようと不安になるかもしれません。しかし、採用する会社側も就活で複数の会社に応募していることは理解している可能性が高いので、それほど心配する必要はないでしょう。

日程変更をお願いするなら、早めに!が鉄則

1910_1_96 (2) 就活は限られた時間の中で効率的、かつ応募した会社になるべく迷惑をかけないようにする配慮が必要です。会社側もある程度面接日程の変更依頼があるのを見込んでいますので、やむを得ない事情で日程の変更を依頼することは失礼にはあたりません。しかし、注意しておきたいポイントとしては、連絡するタイミングです。変更をお願いするなら、できるだけ早く連絡しましょう。普段メールで応募先の会社とやりとりをすることが多かったとしても、面接の日の数日前に急遽変更をお願いしなければならないときは電話で連絡することをおすすめします。メールの連絡だけでは、担当者が見落としてしまう可能性があります。担当者に電話をしてから、メールで連絡するとよいでしょう。

相手の立場になって考えてみる!

面接の日程を変更する理由はさまざまですが、メールで連絡するときには理由を伝えることと、自分の都合について事前に会社に伝えておくと会社側も面接日程を再調整しやすいのでおすすめです。自分からスケジュールを伝えるのは失礼にあたるのではないかと、少し気が引ける人もいるでしょう。しかし、会社側としては複数の候補者の面接日程を社内で調整している可能性があるので、とても忙しいのです。そのため、できる限り自分の都合を事前に伝えておいたほうが相手も助かります。また、お互いに何度も面接の日程調整のやりとりをする手間も省けます。できるだけ多く面接に参加できる日程や時間帯を会社に提示しておくとよいでしょう。たくさんの候補日があると、応募先の会社も調整しやすくなります。

約束は必ず守る!信用がなにより大切

1910_1_96 (3) 就活中で気をつけておきたいのは、面接のスケジュールをしっかり把握しておくことです。面接日程がかぶることもよくあることなので、日程変更をお願いしたら忘れないようにしましょう。避けたいことは、一度面接の日程を変更してもらったのに、再度変更をお願いすることです。また、無理にスケジュールを詰め込みすぎて当日連絡しないで面接に行かなかったり、面接に遅刻してしまったりすることです。このようなことは、会社に対してとても失礼にあたることなので注意しましょう。社会人としての信用がなくなる行為につながるので採用は難しくなる可能性が高いです。スケジュール管理ができない人と判断されてしまうので、どれだけ面接が多くても約束は必ず守ることが大切です。

面接はかぶることはあるもの!

就活中は、自分の都合だけで物事が進むわけではありません。面接日程がかぶることも想定されます。会社に日程の変更をお願いするときにはメールや電話を効率的に利用し、応募先の会社にできるだけ手間をかけないように配慮する気持ちを常にもって対応するようにしましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ