大企業と中小企業の違いとは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

大企業の比率はなんと0.3%!?大企業と中小企業の定義とは?

就活の企業選びの際によく出てくるのが、大企業を受けるか?中小企業を受けるか?という話題です。 そもそも、大企業と中小企業の違いとはどのようなものなのでしょうか?

大企業の定義は、

  1. 資本金の額又は出資の総額が3億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が300人を越える会社及び個人であって、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの
  2. 資本金の額又は出資の総額が1億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの
  3. 資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの
  4. 資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が50人を越える会社及び個人であって、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

となっており、実は日本企業の約0.3%となっています。 これを東証一部上場企業に換算すると約0.04%となっており、日本企業のほとんどは中小企業であることがわかります。

大企業の特徴とは?

201703-10-3

大企業では、企業体も大きいため、充実した福利厚生や各種手当がつくのに加えて、労働環境が良いケースが多いです。労働環境が良い理由としては、社員数が多いことできちんと「分業」できる体制が整っている点が大きいと思います。

また、事業規模が大きいため、関わった仕事が社会に対して与えるインパクトが大きい点も魅力の一つと言えます。

一方で、社員数が多いために昇進がどうしても年功序列になりがちであったり、仕事における裁量が少なかったり、「分業」がゆえにビジネスマンとしての経験値が狭まるといったデメリットもあります。

中小企業の特徴とは?

201703-10-2

中小企業では、人数が少ないがゆえにビジネスマンとして様々な経験ができる傾向にあります。 また、大企業と比較すると昇進が早く、若手から裁量権を持って仕事に取り組める可能性が高いです。 業態においても、大企業と比較するとスモールビジネスを扱っているケースが多く、起業等を志す人にとっては、勉強になることが多いです。

その一方で、福利厚生や労働環境においては大企業よりも安定していないケースが多いです。

営業職など、インセンティブで大きく稼げるケースもありますが、平均年収としてみると大企業のほうが高くなっています。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!