アフターフォローも万全に!就活の面接後のお礼メールの送り方

説明会への参加、エントリーシートの提出、筆記試験と活動を進めていく中で就活の山場となるのが面接です。

面接が、内定を獲得するための最後のステップとなる場合も多くあります。

そんな大切な面接を受ける際には、受けた時にだけ気合いを入れるのではなく、アフターフォローを行うことも重要です。

面接後のアフターフォローの具体的な手段にはメールでお礼をするという方法があります。

今回は、面接後に送るお礼のメールの必要性と、送り方のポイントについて詳しく解説します。

送らなければダメ?面接後にお礼のメールを送るメリットとは

面接を受けた後にお礼のメールを送ることは必須ではありません。

実際にお礼のメールを送っていないという人もいます。
そのため、メールをわざわざ送る必要はあるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

ただし、結論としては送っておいた方が安心です。
他の全ての人が行っていることではないからこそ、なおさら送っておくほうが良いのです。

企業の人は忙しい中、時間を作って面接を行ってくれています。
そのことに感謝しているということを形にして伝えることは、企業側に良い印象を与えるチャンスとはなっても選考で損する原因にはなりません。

また、メールを送るという一手間をかけることで、企業に対する自分の志望の熱意をアピールすることもできるのです。

何を書けばよい?面接のお礼メールの書き方

1910_1_87 (2)

メールでは採用担当者に時間を割いてくれたことへの感謝の言葉を綴るほか、面接を通してさらに志望する気持ちが高まったことをアピールする文章を入れるとよいでしょう。

実際に面接中に話した内容を具体的に記すと効果的となります。

採用担当者は忙しい中でメールに目を通すため、あまり長々とした文章にすることはNGです。
本文は端的でわかりやすい文章を作るように心がけましょう。

メール文の構成としては、書き出しに企業の会社名や部署名を書きます。

本文の後、結びの言葉で締めくくったら最後に署名を書き入れます。
署名に入れる項目はメールアドレスや電話番号などの連絡先、氏名や住所といった内容です。

学生の場合には大学名や学部名を入れることも忘れないようにしましょう。

ここに気をつけて!お礼メールを書く時の注意点

就活でお礼のメールを書く際には、内容のすべてにおいて正式名称で書くように注意することが必要です。

たとえば、送り先の企業名につける「株式会社」や「有限会社」などの言葉を省略した形で書かないように気を付けます。

丁寧なスタイルにすることは必要ですが、手紙のように「拝啓」や「敬具」といった頭語や結語はメール文には不要です。

本文では内容を端的に記すことが大切となりますが、件名も一目で内容がわかるように記すことが必要です。

就活シーズンの採用担当者は通常たくさんのメールのやり取りをしています。
忙しい採用担当者の手間を煩わせないために、面接のお礼とわかるように簡潔な件名をつけましょう。

また、他のメールに埋もれて見落とされないためにも、自分の名前や学生であれば学校名も件名の最後に記しておくことをおすすめします。

いつ送ればよい?お礼メールを送るタイミング

1910_1_87 (3)

面接のお礼メールは、面接が行われた当日中に送ることがベストです。

当日中に送ることが難しい場合には、遅くても面接があった日の翌日までには送るようにしましょう。

企業によっては面接の後、それほど日数を置かずに合否の結果を出すところもあります。
せっかく送ったメールを選考に活かすためにも、採用担当者が面接の結果を出すときまでに間に合うように早めに送っておいた方が安心なのです。

また、合否の結果をすぐに出さない企業の場合でも、面接後すぐにお礼のメールを出した方が採用担当者に印象を残しやすくなります。

採用担当者は日々たくさんの人の面接を行っているため、数日後のメールでは誰からのメールであるのかわかりづらくなってしまうからです。

お礼メールは面接での記憶が鮮明なうちにできる限り早く送ることが大切なポイントとなります。

早く、端的に!気持ちを形にして送っておきたい面接後のお礼メール

就活の面接の後に送るメールは、絶対に送らなければいけないものではありません。

しかし、少しでも採用担当者に自分の印象を強めておきたいなら、送っておいたほうが無難です。

送る際には面接後できるかぎり時間をあけずに送り、内容は簡潔にすることがポイントとなります。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ