受ける前に知っておくべき業界別事情 鉄道業界編

スクリーンショット 2017-10-11 17.37.08

今回は鉄道業界の特徴や傾向を紹介します!みなさんが日常的に使っている電車ですが、鉄道業界は電車を運営しているだけではありません。

また「鉄道業界って鉄道オタクがたくさんいるんじゃないの?」と思っている方も少なからずいらっしゃると思います。実はそうでもありません。それではぜひ最後まで読んでみてください。

電車だけじゃない!多角化の代表業界!

みなさんが日常的に使っている電車ですが、鉄道業界は主に何をしているのか知っていますか?

鉄道業界は交通事業はもちろんですが、それと付随して「都市開発」にも力を入れています。沿線を中心とした街づくりとも言えるでしょう。企業によっても異なりますが、ほとんどの大手鉄道会社は不動産、流通(百貨店やテナントなど)、レジャー(ホテルやアミューズメント)など、幅広い事業を展開しています。

この幅広い事業展開を「非鉄道会社化」とも言います。このことからも「鉄道が好き!」という気持ちだけで突っ走るのは少し危険かもしれません。職種によってはずっと同じ業務に携わる固定職に就くこともありますが、定期的に出向や異動を繰り返すジョブローテーションが多めの業界でもあります。どちらかというと好奇心旺盛な人の方が向いているかもしれません。

目次へ 人事から直接フィードバックをもらおう!

同業他社との比較が難しい

中でも特に大手の鉄道会社は、どこも同じように事業を広げているため、自己PRの差別化が難しいのが現状です。
例えば「沿線に住んでいて〜」というエピソードを面接やエントリーシートなどで出すのは得策ではありません。最後の採用に至るまで使えるほど強いものではないからです。
某鉄道会社でのお話で「実際の内定者は沿線に住んでいる人は少ない」とお聞きしました。筆者のおすすめは、人事の方に話を聞きに行くことや、OBOG訪問をすることです。
セミナーに行けば会社の方と直接話をする機会があるでしょう。そこで、実際に話を聞き、その方が会社で働く上でのビジョンを聞いてみましょう。このやり方に関してはどの業界にも通じるところはありますが、差別化が難しい業界だからこそ参考にして欲しいところです。
採用人数が少ないので、もしかしたらOBOGの方が見つからないかもしれません。その際は、駄目元でもセミナーに行った際に、社員の方を紹介してもらえないか聞いてみましょう。
結果がダメでも少なくとも熱意が伝わりますし、損なことはありません。生でしか聞けない話を聞いてみましょう。

目次へ

本気なら行って見て自分なりに考えよう!

鉄道業界は基本的に「技術系職種」「総合職」「アソシエイト職(一般職)」に分けて募集しています。

技術系に比べて総合職の競争率はかなり高いです。文系・理系問わず受けられることからも、毎年膨大な数の応募者数が来ます。それに対しての採用人数はどこも10人前後と狭き門となっています。では、受かった人たちはどんな人たちなのでしょうか?

筆者は、学内説明会や実際のセミナーに参加して、社員の方と話す機会が多数ありました。そこでアドバイスいただいたのが「自分の足で駅や電車付近を回り、実際に見て感じたことをまとめる」ということでした。

どうしても「学生のうちに力を入れたこと」は、テーマ自体が似てきてしまったりします。面接官も評価しにくい、なんてことを聞いたことがあります。

しかし、実際に行って感じたことは人それぞれ違いますし、何よりも「熱意」が伝わるでしょう。「こんなものをつくりたい!」という強い意志・ビジョンを抱き、思いっきり伝えてみましょう。

目次へ

最後に伝えたいこと

鉄道業界は、競争率がかなり高く、厳しい就活になると予想されます。大事なことは「熱意を行動に移すこと」「その熱意をいかに表現して伝えられるか」です。ぜひ自分なりに工夫を凝らしてライバルに勝っていきましょう!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


友だち追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. pexels-photo-296282
    最近、ベンチャー企業へ就職を考えている就活生は多くなってきております。 しかし、ベンチャー企業へど…
  2. 01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_m
    大学生活も3年生になると、周りは皆就活を始めて、焦り始める方も多いのではないでしょうか。 いざ、就…
  3. 9_26_2_16545022
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る