どうすればいい?私服でお越しくださいと言われた場合のインターンシップの服装

Image Photo

就職活動の際はリクルートスーツを身につけるのが常識であるため、服装に関して悩むといったシーンはほとんどありません。しかし、インターンシップでは「私服でお越しください」と言われる場合があります。こうなると、多くの人が服装の選択に悩むことになります。スーツとは異なり、私服に関する社会人マナーがよくわからないからです。そこで、自信を持ってインターシップに参加できるように、私服の正しいマナーについて解説をしていきます。

これはNG!インターシップにふさわしくない服装

いくら服装が自由ですと言われてもTシャツ、パーカー、サンダルといったラフ過ぎる服装はNGです。いくらなんでも、リゾートに遊びに行くような恰好でインターシップに参加した場合は常識を疑われてしまいます。また、真夏であっても露出度の高い服装は控えたほうがよいでしょう。ミニスカートやノースリーブといった服装はビジネスシーンではマナー違反です。もし、ノースリーブに近いカットソーを身につける場合は、必ず上からカーディガンを羽織ってください。さらに、高価なブランド品もビジネスシーンにはふさわしくありません。私服といえどもインターンシップの際には派手さを押さえて、ビジネスカジュアルを意識した服装でまとめることが大切です。

目次へ 人事から直接フィードバックをもらおう!

男性の場合のインターシップにふさわしい服装

1709_1_43 (2)

夏のインターシップの場合、男性が選ぶべき服装は非常にシンプルです。ポロシャツとチノパンを組み合わせれば、大きな間違いはないでしょう。ただ、派手な色や柄ものはビジネスシーンにふさわしくないのでNGです。黒、紺、白といった落ちついた単色のものから選ぶようにしてください。サイズは大き過ぎず、ある程度体にフィットしたもののほうが見栄えはよくなります。ただ、体に張り付くほどぴったりしたものは相手に不快感を与える可能性があるため、注意が必要です。チノパンは黒、茶、カーキ色、紺色あたりが基本です。靴は黒か茶色のビジネス用の紐靴がよいでしょう、一方、冬の場合は襟付きのシャツのうえに、スーツのカジュアル版とも言えるテーラードジャケットがおすすめです。色は紺、黒、あるいはグレーがよいでしょう。また、カーディガンを選択する場合も派手な色はNGです。やはり、黒、茶、紺、グレーといった落ち着いた色が無難です。ボトムスと靴に関しては夏と同じチノパンとビジネス用の紐靴の組み合わせで問題ありません。

目次へ

女性の場合のインターシップにふさわしい服装

女性の場合、夏はサマージャケットか薄手のカーディガンがおすすめです。色は黒、白、紺、茶のなかから選んでください。インナーは白のブラウスか白のシャツのどちらかになります。一方、ボトムスはパンツなら9分丈か10分丈のものを、スカートならタイスカートは避け、膝丈の台形型のものを選びましょう。色は白、黒、グレー、茶、紺のなかから選べばよいでしょう。冬の場合、トップスはジャケットかカーディガンの二択になります。ジャケットなら色は黒、茶、紺、グレーのいずれかから選ぶべきですが、カーディガンの場合は派手な色でなければ好きな色を選んでも問題ありません。それよりも重要なポイントはサイズです。体の線が出ず、なおかつ大きすぎないものを選びましょう。インナーは白の襟付きシャツか白のブラウスのいずれかを選ぶようにします。ボトムスは夏と同じタイプのスカートとパンツの二択です。ストックングに関しては黒という選択肢もありますが、やはりベージュが無難でしょう。

目次へ

服装自由と言われた場合はどうすればいい?

「私服でお越しください」と言われた場合はまだよいとしても、困ってしまうのは「服装自由」と記載されているケースです。ラフな格好は論外としても、私服で行くべきかスーツで行くべきか悩んでしまうところです。この場合、企業側にはさまざまな意図があります。たとえば「リラックスして参加してもらうため」、「私服のほうが学生の金銭的負担が軽くなるから」「そもそも、その会社では普段からスーツを着用していないから」などです。いずれにしても、服装自由と書かれている以上は、私服で訪れたからマイナスということはありません。したがって、ビジネスマナーを守ったうえで、私服で足を運べば何の問題もないでしょう。逆に、私服に自信がない、私服を用意する時間がなかったという場合はスーツで参加しても差支えありません。ただし、アパレル業界だけは話が別です。その場合は、参加者の服装センスをチェックするという意図がある可能性があります。したがって、アパレル業界のインターンシップで「服装自由」「私服でお越しください」などと言われた場合は、ほか他の業界とは異なりセンスも加味した服装選びが重要になってきます。

目次へ

私服の場合でもビジネスマナーから!逸脱しない服装が第一!

1709_1_43 (3)
インターンシップの場合、アパレル業界を除けば、センスの良い服装をしていったからといってプラスの評価をされることはまずありません。その代り、だらしのない格好をしていた場合は間違いなくマイナスの印象を抱かれてしまいます。したがって、インターンシップに私服で参加する際は、ビジネスマナーに沿ったファッションとはどのようなものかをしっかり把握し、そこから逸脱しない服装を心がけるようにしましょう。

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


友だち追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. pexels-photo-296282
    最近、ベンチャー企業へ就職を考えている就活生は多くなってきております。 しかし、ベンチャー企業へど…
  2. 01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_m
    大学生活も3年生になると、周りは皆就活を始めて、焦り始める方も多いのではないでしょうか。 いざ、就…
  3. 9_26_2_16545022
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る