就活で大切な自己PR!協調性を押し出して好印象を与えよう

1707_2_77 (1)

就活において、多くの企業が就活生に求めている資質が「協調性」です。会社の仕事はチームワークであり、協調性の伴わない人材は組織の足を引っ張りかねません。また、協調性のある人材は素直に指導を受け入れる傾向があるので、戦力になるまでの期間も短いと考えられます。就活では履歴書や面接で協調性を自己PRし、採用担当者から好印象を抱かれましょう。ここでは、就活で協調性をアピールする際のポイントについて説明していきます。

なぜ協調性のある人材が求められるのか

どうして企業は協調性のある人材を求めるのかというと、組織の一部であることを自覚して働いてほしいからです。企業には長年守り続けている「経営理念」や「経営方針」が存在します。会社が揺るぎない信念を維持し、従業員が一丸になって未来へと進むためには、これらの概念を共有する必要があります。しかし、もしも協調性のない人間が入社してしまうと、経営理念から外れた行動を自分のためだけに取る場面も出てくるでしょう。そうした態度がほかの従業員にも悪影響を与え、モチベーションを下げてしまう恐れもあります。企業が存在意義を保つためには、協調性を持って経営理念を尊重し、進んで社風に染まれる人材を獲得することが重要だといえるのです。

履歴書で協調性をアピールする例文

1707_2_77 (2)

履歴書には「自己PR」や「自分の長所」を書き込む欄があるので、これらの文章を利用して協調性をアピールしましょう。単に協調性があると主張するだけでなく、具体的なエピソードによって根拠を持たせます。以下、例文です。

「私の長所は協調性がある点です。私は大学で文化祭の実行委員を務めていたのですが、方針をめぐって委員内で対立が起こった時期がありました。副委員長だった私は、それぞれの主張を聞きながら妥協点を探り、話し合いの場をセッティングすることに成功しました。結果、文化祭では成功を収められたと自負しています。私は組織で争いが起こっても安易に誰かを攻撃するのではなく、全ての主張に耳を傾けて生産的な思考ができる人間です。」

協調性を別の言い方に置き換える方法

採用担当者からすれば、「協調性」という自己PRは耳にタコができるほど聞かされている可能性もあります。多くの就活生が協調性の大切さを理解しているだけに、履歴書や面接で繰り返し主張しがちだからです。採用担当者にインパクトを与えるためには、協調性を別の言葉に置き換えてみるのもいいでしょう。たとえば、「人に好かれる性格」「かわいがられるのが上手い」などの言葉がおすすめです。いずれも新しい環境になじみやすく、先輩や上司とも仲良くやっていける人材だと連想できます。また、「理解力が高い」「聞き上手」などのキーワードもポジティブに響くでしょう。コミュニケーション能力が高いことを意味するうえ、仕事にも直結する長所だからです。

面接のNG!協調性のない態度は避けよう

面接では協調性のない態度をとると、面接官からの評価を悪くしがちです。相手の心象を損ねないような礼節を保った応答をするように心がけましょう。たとえば、我が強すぎる就活生は「協調性がない」と思われやすいものです。面接とは企業に判断される場所であり、自分の意見を押し通す場所とはいえません。場に合った態度を示しましょう。また、「空気が読めない」ことも協調性がない人間に見えてしまいます。面接官が冗談を言ったのに笑わない、逆に厳しい態度を取られているのにヘラヘラしているなどの対応は避けましょう。面接では面接官とのコミュニケーションを円滑にし、できるだけ自然な会話を続けるように意識すると印象も良くなります。

協調性は言葉と態度で示す 1707_2_77 (3)

協調性を自己PRする際には、言葉はもちろん態度でも矛盾がないように心がけましょう。自己PRの内容が不安な就活生はジョブコミットなどの就活応援サイトで成功事例を調べておくと、採用率を高めることが可能です。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る