エンジニアを目指す人必見!自己PRのポイントと注意点

1707_2_62 (1)

就職活動をするうえで避けて通れないのが「自己PR」。自己PRは応募先企業に自分の強みをアピールできる絶好のチャンスでもあります。転職してエンジニアを目指す人、エンジニアとしてさらにキャリアアップを目指したい人にとって、どのような自己PRがもっとも効果的といえるでしょうか。採用担当者の目を引く自己PRを作るには自己分析が欠かせません。ここでは、エンジニア転職を志望する人が気を付けるべき自己PR作成のポイントについて説明します。

自己PRに盛り込むべき内容

エンジニア職に応募する場合の自己PRで重要なポイントは、スキルや経験です。「今まで何をしてきたか(業務経験)」、「何ができるか(スキル)」、さらには「今後どうしていきたいか(キャリアプラン)」が盛り込まれていると、説得力のある自己PRになります。また、もし業務経験が応募先企業の仕事に直結する内容ではない場合でも、活かせる経験を探しましょう。顧客との信頼関係、コミュニケーション、問題解決能力、調整力などは、業界問わずエンジニアにとっても重要なスキルです。また、今後のキャリアプランを明確にすることで、納得感のある転職理由・志望動機につなげることができるでしょう。

目次へ

キャリアの棚卸しをする

1707_2_62 (2)

業務経験は、携わってきた業界、クライアント企業、プロジェクトについて整理して説明しましょう。規模や役割分担について質問される可能性もあるので、プロジェクトの人数や期間なども覚えておくことが重要です。「プログラマーとしてソフトウエア開発分野で5年間経験を積んできました」のように、大まかな経歴を示したうえで、「Java、XML、C++、HTML、PL/SQL、Pealなどの開発言語に対応できます」と詳細スキルを説明します。さらに、特に得意な分野やリーダー経験、顧客との折衝経験などがあれば紹介するといいでしょう。また、業務以外でも自分なりに習得したスキルを説明できるといいですね。

目次へ

未経験者の場合は?

未経験者の場合でも、社会人経験があれば今までの経験を説明し、なぜエンジニアを目指そうと思ったかという経緯をわかってもらうことが大切です。例えば、技術営業でエンジニアと仕事をするうちに興味を持った、総務で自社ホームページの保守を行う中でプログラミングに興味を持ったなどが挙げられます。その場合には、ただ興味を持っただけではなく、自分なりに言語スキルなどを少しでも習得しているということが重要です。プログラマー志望であれば「基本情報技術者」の資格などを取得するのもいいでしょう。また、未経験者の前職で培った経験が全く活かせないということはありません。仕事で役立っている自分の長所、前職で頑張ったこと、大変だった経験から学んだこと、仕事をするうえで心がけていることなどを整理し、効果的に自己PRにつなげましょう。

目次へ

新卒でエンジニアを目指す

新卒でエンジニアを目指す場合にはどのような点に注意して自己PRを作ればいいでしょうか。まずは、業界研究と企業研究をしっかり行うことが大切です。企業によっては、新卒に即戦力は求めないので素直に知識を吸収してくれるタイプの学生が欲しい、ということもあれば、Webサービスの開発会社などでは新卒でも技術スキルのテストを実施するケースもあります。そのため、その企業が求める人物像を調査したうえで、より効果的にアピールすることが求められます。もちろん、ITスキル不要という企業においても、自分なりに技術を習得している学生のほうが意欲的な印象を与えることは間違いありません。興味がある分野の知識は多く持っていたほうが入社後も役に立つでしょう。

目次へ

効果的にアピールする力も必要!

 1707_2_62 (3)
このように、エンジニアにとってスキルと経験が重要であるといえますが、一方で業務スキルさえあればいいというわけではありません。エンジニアであっても、社会人としてのコミュニケーション能力を持っていることが大前提です。面接では効果的に自分の強みをアピールしましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る