説明会に私服で挑む場合のコーディネートは?【男性版】

1707_2_60 (1)

就活生にとってリクルートスーツはマストアイテムですが、企業によっては説明会に「私服でお越しください」と指定するケースもあります。この場合に、「普段着でいいなら楽だ」と簡単に考えてはいけません。あくまでも応募企業の説明会に参加するということを忘れずに、相手に失礼のない服装で臨む必要があります。ここでは、男性が説明会に私服で参加する際に適切なコーディネートと、避けるべき服装などの注意点について説明します。

私服指定と私服OKの違い

企業説明会の案内状に服装について記述がある場合があります。「服装自由」「私服可(OK)」という場合と、「私服でお越しください」という場合の2通りが考えられます。特に合同説明会など大規模な会場で行われる説明会では、「服装自由」である場合が多いでしょう。普段リクルートスーツを着慣れている就活生にとっては、スーツで行くべきか、私服で行くべきか悩むところではないでしょうか。実際に、私服OKの説明会でも9割の学生がリクルートスーツで出席するということも珍しくありません。これには、私服で目立ちたくない、スーツのほうが無難という理由が考えられます。

目次へ

私服を指定する企業の意図とは?

1707_2_60 (2)

それでは、企業側が服装について指定する意図とはなんでしょうか。「私服OK」の場合は、学生が大学の講義の後に気軽に参加できるようにという配慮や、学生がリラックスして参加できるようにという理由が考えられます。そのため、文字通り私服でもスーツでもどちらでも構わないというケースが多いでしょう。しかし、企業によっては「それでもスーツで来るのが常識的」と考える担当者である可能性はあるので、スーツで参加するかOB訪問などで事前に情報収集すると安心でしょう。次に私服指定の場合は、学生の素顔が見たい、TPOがわかるかどうか確認したいという思惑があります。一部アパレル企業などでは、学生のセンスやブランドへの関心度を見たいという意図がある場合も考えられます。この場合にはリクルートスーツではなく私服で参加するべきでしょう。

目次へ

男性の私服コーディネートはこれ!

私服OK(または指定)といっても、どんな私服でも構わないというわけではありません。学生が応募企業の担当者に初めて会う機会であると考えれば、ビジネスカジュアルで行くことが最も適切といえます。男性のビジネスカジュアルは、全体的に紺、グレー、黒、白、茶、ベージュなど落ち着いた色を使います。襟付きのシャツにコットンかポリエステル素材のジャケット、チノパンかスラックスという格好が一般的です。シャツは派手な柄や目立つストライプは避け、淡い色で清潔感があるものを選びましょう。トップスとボトムスの色を変えることでスーツ感をなくすことができます。靴と鞄は革製が基本です。鞄はリュックでも問題ありませんが、派手な色やスポーティーすぎるものは避け、オフィスカジュアルに合う素材やデザインを選ぶといいでしょう。汚れや傷がないかどうかも確認しておくことをおすすめします。

目次へ

NGな私服とは?

逆に説明会に相応しくない男性の服装とは、カジュアルすぎる格好、だらしない格好などです。例えば、ダメージジーンズ、Tシャツ、短パン、サンダル、スニーカー、派手な柄物、ブランド物のバッグやベルト、先のとがった靴などです。アパレルの説明会などで個性を出したいという場合においても、あくまでもビジネスの場であることを念頭に置きましょう。汚れやシワ、着崩しすぎるコーディネートなども避け、清潔感のある服装を心がけます。私服の選び方でその人のセンスがわかることがありますから、社会人として常識の範囲内であるかどうかに気を配りましょう。

目次へ

ビジネスの場であることを忘れずに

 男性ポートレート
説明会に私服で参加する場合には、TPOをわきまえてビジネスの場に相応しいオフィスカジュアルで臨みましょう。男性であってもおしゃれに無頓着すぎては逆効果です。清潔感があり全体のバランスを考えたコーディネートを心がけましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る