説明会にニットの着用はOK?私服選びのポイントを紹介!

1707_2_45 (1)

説明会に参加するときにスーツではなく、私服でお越しくださいと指定されるケースは意外に多いものです。就職活動はもちろん中身が重要視されますが、服装は人となりを見るうえで重要なポイントになります。そのため、私服で説明会に参加するときは、どのようなものを選べば良いのか頭を悩ませてしまう人もいるでしょう。特に寒い季節はニットを着ても良いのかなど、周りから浮かないように細かい部分まで気になるものです。ここでは、好印象につながる私服選びのコツや、気をつけておきたいポイントを紹介します。

説明会に私服で行く場合は何を着たら良い?

基本事項として忘れてはならないのが、説明会は「ビジネスシーンの場」であるということです。そのため、奇抜すぎる服装や派手な服装は避けたほうが無難です。私服でお越しくださいという表記があったとしても、スーツに準ずる服装を選ぶことがベターでしょう。もしも服装選びに悩んだ場合は、オフィスカジュアルをベースに考えるとコーディネートがうまくまとまります。オフィスカジュアルは男女ともに、襟付きシャツにジャケットを合わせたスタイルが基本です。男性の場合はボトムスにチノパンを、女性の場合はチノパンか膝丈スカートを選ぶと良いでしょう。ジャケットの色は黒色、または紺色を選ぶと無難です。それから、ジャケットとボトムスの色を合わせることもポイントです。上下の色を合わせることで統一感が生まれ、スマートなイメージになります。

ここに注目!印象アップを狙う服装選び

1707_2_45 (2)

説明会では悪目立ちしない、清潔感のある装いを心がけることが肝心です。あくまでも説明会はビジネスの場ですから、遊び心を取り入れすぎた服装は避けるようにしましょう。特に色選びは重要なポイントになります。シャツは黒色や紺色よりも、白色を選ぶと良いでしょう。白色は清潔感を演出してくれるだけでなく、顔周りの印象を明るいイメージに導いてくれます。明るくフレッシュな印象を与えることで、担当者に好感を持たれやすくなるでしょう。それから、無地のアイテムでコーディネートをすることもポイントになります。柄物はおしゃれなイメージが強く、個性を主張しすぎてしまう場合があります。説明会では個性を抑えた、落ち着いた服装選びをすることが重要です。

寒さを防ぐ!ニットをオフィスカジュアル風に着こなすポイント

寒い時期の就職活動は、インナーに暖かいニットを着込みたいという人も多いのではないでしょうか。しかし、説明会にニットを着ていくとカジュアルすぎて悪目立ちしないか、心配する就活生もいるかもしれません。ただ、ニットは組み合わせ次第で、うまくオフィスカジュアルに取り入れることが可能です。例えば、襟付きの白色シャツに紺色のニットを合わせれば、ベーシックな装いになりニットの持つラフなイメージを払拭できます。さらにその上からジャケットを羽織ることで、まとまりのあるコーディネートに仕上がるでしょう。ニットの色は、ジャケットとボトムスの色に合わせたものを選ぶことが肝心です。基本的に原色や目立つ色は避け、黒や紺といった落ち着いた色合いを選ぶと、コーディネートになじみやすいでしょう。

意外な落とし穴!ニットや私服を着るときの注意点

説明会にニットを着ていくときに、注意しなければならないのが毛玉です。ニットは素材によっては毛玉がつきやすく、気がつくと袖口や襟元に毛玉がたくさんできていたというケースは多いものです。説明会に毛玉だらけのニットで参加してしまうと、担当者にだらしないというイメージを持たれてしまいかねません。ニットを着用するときは、毛玉をしっかりと処理するように注意しましょう。また、シャツやジャケットはシワや汚れがないか確認しておくことが肝心です。どんなに良い服であっても、清潔感がないと人から敬遠される原因になってしまいます。説明会ではきちんとした印象を与えるために、洋服のメンテナンスをしっかりと行っておくことが重要です。

TPOをわきまえた服装で個性をアピールしよう!

1707_2_45 (3)

私服は担当者にセンスだけではなく、常識まで見られている可能性があります。TPOをわきまえた服装をすることで、担当者に個性をさりげなくアピールできるでしょう。もしも服装選びに自信がない場合は、ジョブコミットなどの就職支援サービスを活用することも良い選択です。専門のコンサルタントがしっかりと相談に乗ってくれるので、二人三脚で就活をスムーズに進められます。それから、私服選びに気を取られすぎないことも重要です。支度に時間がかかりすぎて説明会に遅刻してしまったという事態を招かないためにも、前もって服装を決めておくようにしましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る