説明会で私服OKのときはどうする?周りから浮かない服装選びのコツ

1707_2_44 (1)

企業によっては、説明会への参加事項に私服OKという表記がされている場合があります。私服OKとある以上、「スーツではなく私服で行くべき?」と頭を悩ませてしまう就活生も多いのではないでしょうか。特に、今まで私服で説明会に行った経験がないと、本当に私服で周りから浮いてしまわないか、不安になってしまうものです。ここでは、説明会に私服で行く場合に注意すべきポイントや、担当者に好感を持たれやすい服装を紹介します。

私服OKはどのような意味?企業の意図をくみ取ろう

そもそも、なぜ説明会に私服OKという表記があるのか考えてみましょう。会社により意図はさまざまですが、「学生の負担を減らせるように」という理由から、私服OKにしている企業が多いようです。学校帰りに説明会に立ち寄る場合、学生は一日中スーツで過ごすか、スーツを持ち歩きわざわざ着替える手間がかかってしまいます。このような負担を減らし気軽に説明会に立ち寄れるようにと、企業側が配慮しているケースがあります。しかし、ここで意味をはき違えないようにしたいのが、言葉のニュアンスです。私服でお越しくださいと指定がある場合を除き、「私服OK」はあくまでも私服でも構いません、という意味合いである可能性が高いのです。服装により合否が決まることは少ないですが、あまりにもラフすぎる服装は、担当者の好感を下げてしまう原因になるので注意しましょう。

周りと差がつく!私服選びのポイント

1707_2_44 (2)

それでは、実際にどのような服装が適しているのか、説明会に着ていく私服選びのポイントを紹介します。まずは男性の服装についてです。男性は襟付きの白シャツを選んでおくと無難です。シャツにジャケットやブレザーなど、かっちりめのアウターを羽織ると良いでしょう。また、ボトムスには無地のパンツを選ぶことがおすすめです。光沢のないコットン素材や、ウール素材を選ぶとスマートなイメージになるでしょう。女性の場合は男性と同様に、白の襟付きシャツにジャケット、またはカーディガンを羽織ったスタイルがおすすめです。そこに膝丈のスカートや、シンプルなパンツを合わせると良いでしょう。スーツを着用しない場合は、それに準ずるシンプルな服装を心がけることが基本です。スーツだと周りと同一化してしまいがちですが、適度に個性を演出できる服装を意識することで、周りとの差別化を図ることができるでしょう。

これはNG!説明会で避けるべき服装とは

まず念頭に入れておくべきことは、説明会は「服装で個性を演出する」場ではないということです。度を超えて華美な服装をしてしまうと、常識を疑われてしまう場合があるので注意しましょう。ここでは、説明会で避けるべきNGな服装を紹介します。まず男性の場合です。基本として半ズボンや短パンといった、カジュアルファッションは避けるようにしましょう。また、サンダルなどのラフすぎるシューズはNGです。女性はノースリーブやミニスカートなど、露出の多い服装は避けましょう。男女ともに共通しているのは、ラフすぎる服装は避けて、華美にならないように注意するということです。そのためTシャツやデニム、スウェットといったカジュアルすぎるファッションは、避けたほうが無難です。また、ピアスやネックレスといった、アクセサリー類も身につけないほうが良いでしょう。それから、色選びも重要なポイントです。赤色や黄色といった原色は避けることはもちろん、シャツは暗い色を避けると良いでしょう。白などの明るい色を選ぶことで、顔色がよく見えて相手に爽やかな印象を与えられます。

服装選びに悩んだら周囲に相談しよう!

説明会は、就活生と企業がお互いをよく理解し合うために重要になる場です。自分の趣味を重視せず、担当者に好印象を持たれるような服装選びをすることが肝心です。それから、あらかじめホームページで企業の雰囲気を確認しておくこともポイントです。雰囲気を確認しておくことで、説明会で望まれている服装のイメージがつかみやすくなるでしょう。服装選びに悩んでしまった場合は就職活動を行った先輩や、家族に相談してみることもひとつの方法です。周りの意見を聞くことで、不安を解消できるでしょう。また、ジョブコミットなどの就職支援サービスを利用して、説明会に関するアドバイスを受けることも良いでしょう。専門のコンサルタントに相談することで、自信を持って説明会に臨めるはずです。

説明会に私服参加する場合はTPOを意識しよう! 1707_2_44 (3)

私服OKとの記載があった場合でも、普段着で参加しても良いと安易な考えを持つことは避けましょう。説明会はビジネスの場であるという認識を持つことが肝心です。服装はその人の印象を左右する、重要なポイントになります。きちんとTPOを意識した服装を選ぶことで、あなたの魅力や人柄をスムーズに伝えやすくなるかもしれません。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る