会社説明会の「軽装」って具体的にどんな服装?

1707_2_37 (1)

就活の会社説明会において、意外と多い悩みが服装に関するものです。特に指定がない場合はスーツで問題ありませんが、「軽装でお越しください」「服装は自由です」というような案内があると、とたんに困ってしまう人が多いです。はたして軽装や自由な服装とは一体何を意味しているのでしょうか。また、具体的にどのような服装であれば、浮くこともなく説明会に出席することができるのでしょうか。そんな就活における服装について解説します。

企業がいう「軽装」って一体なに?

軽装、服装自由といった案内があるということは、スーツ以外の服装、つまり私服で出席しても構わないということです。それでは、どの程度の私服なら大丈夫なのでしょうか。注意しなければならないのは、常識の範囲内でなら大丈夫である、という隠れた条件があることです。会社説明会とはいえビジネスの場なのですから、ビジネスにふさわしいものでなければなりません。そのため、ジャージや短パン、シワが付いたヨレヨレの服装などは避ける必要があります。結局のところ、説明会のようなビジネスにおける場にふさわしい私服としては、ビジネスカジュアルといった服装が挙げられます。

ビジネスカジュアルってどんな服装なの?

1707_2_37 (2)

それでは、ビジネスカジュアルとは一体どのような服装なのでしょうか。実はビジネスカジュアルには明確な定義がありません。一般的には、スーツよりもカジュアルな服装程度の意味合いです。より具体的にいうと、男性の場合はジャケットにチノパンツを合わせるようなスタイルが、女性の場合はパンツとシャツの組み合わせが多い傾向にあります。カジュアルの度合いが難しいところですが、迷った時はスーツを基準に考えてみましょう。スーツからネクタイを外す、ジャケットの色を明るくするなど、徐々にカジュアルにしていき、スーツの5割ほどを目安に崩していくと程良いビジネスカジュアルになります。具体的にイメージができない場合は、社会人の服装が参考になるので通勤時間中に会社の近くを歩いている人たちを観察してみてください。

不安な時はスーツで出席しよう

ビジネスカジュアルがよくわからない、どうしても失敗したくないという場合には、スーツで説明会に出席するのが無難です。企業が軽装や服装自由などの案内を出していたとしても、スーツで出席する人は珍しくありません。そのため、スーツでも極端に浮くということにはあまりならないでしょう。不潔な服装や、あからさまに場違いな服装であった場合は評価が下がってしまうこともありますが、素晴らしいコーディネートだからといって評価が上がることはあまりありません。無理にビジネスカジュアルを追求してもそれほどメリットがあるわけではないので、服装に悩むくらいなら、失敗のないスーツにしておくのが良いでしょう。

夏は例外としてクールビズを指す場合がある

軽装というのは一般的には私服を指すことが多いですが、夏の場合は私服ではなく、クールビズを指している場合があります。必ずしも「夏の軽装=クールビズ」というわけではありませんが、間違えて私服で説明会に出席しないように注意が必要です。しかし、夏に軽装という案内が出された場合は、クールビズで参加するのが無難です。なぜなら、私服で出席してしまうミスを防げることに加え、クールビズは基本的にはジャケットとネクタイを外すだけだからです。ビジネスカジュアルのようにコーディネートで悩む必要もないため、負担がないことも大きなメリットです。

常識の範囲内で考えよう!

1707_2_37 (3)

企業がいう軽装とは常識の範囲内での私服であり、早い話がビジネスカジュアルです。ビジネスカジュアルがイメージできない場合は、通勤時間を狙って街を歩く人たちの服装を観察すると参考になります。どうしても感覚が掴めないときは、私服ではなくスーツで説明会に出席するのが無難です。困った時は迷惑にならない服装を意識しましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る