学生起業と、一度就職してから起業。どっちがいい?

photo37-1

誰もが一度は憧れる起業について

就活のタイミングで、起業という選択肢を選ぶ学生も一部存在します。
企業に属して、ある程度決められたルールの中で生活を保障されながら働くのではなく、自分の創った企業において、自由なルールの中で成功した分だけ対価を受け取ることのできる起業は、魅力的に映る部分も多いと思います。

起業に際してよく議論にあがるのが、学生起業と、一度就職してから起業のどちらが成功の確率が高いか?という話です。
Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏やソフトバンクの孫正義氏のように、学生時代に起業し大成功をおさめた人がいる一方で、サイバーエージェントの藤田晋氏のように、一度就職してから起業し、大成功をおさめた人もいます。

今回は、学生起業と、一度就職してから起業する両パターンのメリットとデメリットについてまとめていきます。

学生起業のメリット・デメリット

photo37-2
学生起業の一番のメリットは、なによりも「若さ」です。学生時代に起業し、仮に失敗したとしても、就職という道を選べば良いので、リスクが少ないのは大きなポイントです。
学生起業は、金銭的にも追い詰められることなく、比較的自由な気持ちで突き進むことができるでしょう。
また、当然ながら学生の周囲には学生が多くいるため、学生向けのサービス等を立ち上げる際には有利に働くこともあります。
一方で、学生起業のデメリットは、企業で働いた経験がないことです。
営業・企画・経理・法務・人事など、会社組織がどのように動いていて、どのように進めれば事業が拡大するのかということについての経験がないため、結果として事業の継続が難しくなるケースは多々あります。
また、一度就職してから起業する人と比較すると、人脈の点で劣るため、ビジネスをスケールさせる際に不利に働くこともあるようです。

一度就職してから起業のメリット・デメリット

photo37-3
一度就職してから起業する際のメリットは、ビジネス経験がある点につきます。
基本的なビジネススキルを持っている点に加えて、会社組織の運営がどのようになっているかについて概ね理解しているため、学生起業よりもビジネスを拡大していくイメージはつきやすいと思います。
加えて、前職で得た人脈もフルに活用できるため、学生起業と比較して有利に進めることができるでしょう。
その一方で、一度就職して安定的な生活を送ってしまうと、起業した際の金銭的なギャップにさいなまれ、精神的に追い詰められるケースが多々あります。
また、ビジネス経験があるが故に自由な発想を妨げる場合もあるので、革新的なサービスをつくるためには、一度経験で得たものをフラットにする姿勢も重要でしょう。

是非、参考にしてみてください!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る