大手に受かる人の違いとは?受かるための3つのポイント

1706_1_93(1)

大手企業への入社を目指して就活しても、受かる人もいれば受からない人もいます。受かる人と受からない人にはどんな違いがあるのでしょう?就活の結果を左右する要素としては履歴書などの書類審査もありますが、その中でも面接の結果が重要になります。そこで、大手に受かるような人は面接などにおいて何が違うのかについてお伝えします。この記事を読めば、なかなか内定をもらえないと悩んでいる人でも役立つノウハウを見つけるきっかけになるでしょう。

大手に受かる人は自信がある

大手企業も含めて内定を得るための面接のポイントの1つ目は自信です。大手に受かる人の違いは、自信を持って面接に臨んでいることです。自信といってもさまざまで、「自分はこの面接を突破できる」という自信もあれば、「自分はこの会社に入ることができる」という自信もあるでしょう。「自分はこの会社に入社後に必ず活躍できる」という自信かもしれません。大切なポイントはどんな内容でも構わないので、自信を持って面接に臨むことです。自信を持っていると堂々とした印象を面接官に与えることができ、「この人を採用すると活躍してくれるのではないか」と期待を抱かせる効果があるといわれています。根拠のない自信でも構わないので、自信を持って面接に臨むとよいでしょう。

大手に受かる人は初対面の印象がよい

1706_1_93(2)

大手企業から内定を得るための面接のポイントの2つ目は第一印象です。大手に受かる人は初対面の印象がよいという特徴があります。面接に限らず人との出会いに共通していえることですが、初対面の人と会ったときにどんな人かを判断する要素となるのは、第一印象が大きな割合を占めることが知られています。大手から内定をもらう人は、誠実さを感じられる笑みをたたえ、清潔であり奇をてらわない服装にするなどの方法で面接官に好印象を残しています。なかなか内定が出ないと悩んでいる人は、第一印象を改善することで光明を見いだせる可能性があります。明るい印象の表情や、緊張しても良い第一印象を持ってもらうための見せ方を研究するとよいでしょう。

大手に受かる人は面接で会話する

大手企業も含めて内定を得るための面接のポイントの3つ目はコミュニケーションです。大手から内定を得られる人は、面接において面接官と会話します。つまり、面接官と双方向のコミュニケーションをとっているのです。コミュニケーションがとれた結果、面接官はその就活生のことをより多く理解できるようになります。大手から内定がもらえない就活生は双方向のコミュニケーションをとるという意識が欠け、必死に自己アピールすることに集中してしまう傾向があるといわれています。仮に経験やスキルがまったく同じ就活生が2人いたとして、1人は双方向のコミュニケーションをとり、もう1人は一方的にアピールするだけであれば、どちらに内定が出やすいかは簡単に想像できるでしょう。

受かる人と落ちる人の差は紙一重

大手からの内定が得られる人のポイントを3つ紹介しましたが、受かる人と落ちる人の差は、実は紙一重です。まず、面接でどんなに話をしても実際に応募した会社で正社員として仕事をした経験がないという点では誰でも同じです。また、人生経験についても多少差はあるかもしれませんが、就活生の年齢はほぼ同じなのですから、それほど大きな差はついていません。そう考えると、ちょっとした違いが面接の成否を分けていると考えられます。その違いの主な3つが、自信を持って臨むか否か、第一印象がよいかどうか、そして面接官と双方向のコミュニケーションができたかどうかといったことなのです。

今からでも間に合う就活対策 1706_1_93(3)

大手だけでなくその他の企業も選択肢に入れることも大切ですし、就活のやり方の見直しをしてみることも試してみるとよいでしょう。ジョブコミットの就活対策セミナーなどに参加して就活のプロの指導を仰ぐことをおすすめします。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る